RanQ


現役の東大生が教える!勉強の集中力を保つには、科目をちょこちょこ変えよう!

  • Thumb img 7535
  • 2
  • 965View

みなさんこんにちは!現役東大生のヒデキです!

学校のない土日、

「今日は心を入れ替えて、がっつり勉強するぞー!」と意気込むも、

意外とあっさり集中力が切れてきた・・・そんな経験、あなたにもありませんか?

 

自分も、「今日は世界史デー!ひたすら世界史を極めるぜ!」なんて張り切っても、夕方あたりから頭がぼんやりしてきて、単語帳を見ても内容が頭に入ってこない・・・なんて感じになること、ちょくちょくありました。

 

 

ですが!集中力というのは実は、複数の科目を上手く交代にやることで持続させられます!

 

今回はそのことを詳しく解説します!

1 同じ科目をずっとやっていると、集中が落ちてくる。

実は、同じ科目をぶっ通しでやっていると、すぐ脳が疲弊してきます。

昔、イギリスの高校でこんな話がありました。

「うちの学校の時間割も、一時間くらいやったらすこし休憩をはさんで、休憩が終わったら別の科目の授業、っていう普通の時間割にしていたけど、

これでは勉強の内容が50分でブツ切りになってしまい、効率が悪いのではないか?

月曜日は数学と物理という計算科目の日、火曜日はひたすら歴史をやる日・・・としたほうがよいのではないか。」

というふうに学校の人間が考え、保護者に多数決をとってみたところ、

進学校で保護者の教育への意識が高いこともあり、科目ごとにまとまりのある時間割に変更することとなりました。

 

一見よさそうに思えますが、半年後、生徒たちの成績はどうなったかというと・・・

なんと、明らかに全体の成績が落ちてしまい、学校は慌てて元の時間割に戻したのでした。

 

この話からも分かるように、同じ科目をずーっと勉強するというのは、実は効率が悪いのです。

 

もちろん、一つの科目を50分やったけど、もうちょっとやりたいし、100分やるかーって、そのくらいならば全く問題ないのですが、

これが5時間とかになると話が変わってきます。

 

科目は、適度に変えるようにしましょう!

2 お手本は学校の時間割

「時間割」の画像検索結果

先ほども登場した、学校の時間割。

なんだか、『国語やって体育やってそのあとは数学』みたいに、一見めちゃくちゃに授業をやっているように見えますが、

 

実はあれ、とてもよくできているんです。

 

勉強の集中力を持続させるには、科目を変えるのに加えて、適度に休憩をはさむことも大事になってきます。

(詳しい話はこちらをどうぞ↓)

 

 

学校の時間割は50分に一回、短い休憩をはさんでいるし、毎回科目も変えているし、勉強するにあたって理想的なものになっているんですね。

 

 

ということで、今回は勉強する科目を変えることの大切さについて書きました!

同じ量の勉強をするとして、せっかくなら短い時間で終わらせられたほうがいいに決まってますよね!

手軽にできて、しかも効果抜群なので、あなたも早速やってみてください!

 

それでは!

Thumb img 7535

東京大学の二年生。文科二類 現役のときから東大模試でA判定をとるも、 本番で0.2点足りず、もう一年、受験生をやることに。(悔しかった!) そこからさらに力をつけ、秋の東大オープンで、文科二類を志願する1000人強の中で9位をとり 2016年に無事合格、晴れて東大生に。 今でもテスト期間に使っている私の勉強法を凝縮した本は ↓こちらからチェック!↓