RanQ

48d51aa774eb02330d5e83e0bcb75f80

VALUでのYouTuber空売り騒動で見るべきは構造上の欠陥

  • Thumb new kigyoka
  • 2
  • 167View

VALUで懸念されていた問題が起こる。

果たして問題はどこにあるのだろうか。そもそも悪いのは悪意を持った人間ではなく、それを止めることのできない脆弱な構造なのではないだろうか。

1 VALUで大問題発生

https://readyfor.jp/s3/readyfor-img/project_photos/12472/medium/a17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd.?1494930436

今話題のVALUって法律的にアウトじゃないの?専門家の見解は?

 

以前も紹介したこのサービスであるが、予想されていた事態が起こった。

 

YouTuberのヒカル氏が『明日優待に関する発表をします』と宣言

→自身の保有VALUを売る

→優待はなしと発表

→VALUが一気に無価値に

 

ということが起こっている。このことを受けて、ネット場では『詐欺だ』とか『やってはいけないラインを超えている』との批判が相次いでいるが、そもそもおかしいのはVALUそのものの仕組みではないだろうか。他にも、インサイダーなどの疑惑が出ているが、株式市場でもないVALUにインサイダー取引は違法ではない。

仮想通貨というものはもともと価値を持たない前提で作られている。もともと価値がないものに『保有していたら上がるかもしれない』という欲が乗っかっていてそこに価格がついていく。この場合のYouTuberのVALUも『なんか面白いことをするだろうから上がるに違いない』という期待で、投機性を目的として価格が上がっていった。

そこで大口株主のヒカル氏本人が大量に保有分を売る。本人なのだからインサイダーというレベルを超えている。『これから自分は優待とか出さないしどうせ価格は上がることないから売ってしまおう』という風に考えるのは至極当たり前の話だ。

 

2 自社株買いで損失補填

 

 

結果としては、このようにヒカル氏自身がVALUを買い戻すことで損失補填を行なっている。こういう行動に至った理由としては、『VALUサイドがビットコインの引き出しを禁止した』という背景があるだろう。規約違反としてビットコインの引き出しを禁じれば、確かに本人は穏便に済ませる方法を選ぶしかない。

 

 

それでも当然、このような疑問が出てきているように、損失を被っている人ももちろんいる。

問題が起こったらその度に、VALU運営側がビットコインの引き出しをできなくするなどして補填に向かわせるのは無理があるし、そうなればなるほどにVALU運営側の権力が強くなってしまう。平等性を欠くような形になるだろう。

バレないようにちょっとずつインサイダーをやることもできる。
今回のように、大げさにやらなかったとしても、優待を大量につけて、大量にVALUを売り出して、その後1年経たないくらいの時期に急にパタリとやめることもできるわけである。YouTuberは分かりやすく仕掛けたが、分かりにくく用意周到にやったらどうなるのだろうか?

 

3 悪意を否定するだけでは問題は解決しない

世の中にはなぜ法律があるのだろうか?

それは、みなが善意を持って行動することを前提とするのではなく、悪意を持った人がいた上で、そういう人がもしいたとしても、みなが安全に生きることができるようにするためではないだろうか。

性善説で考えたとしても、法律の範囲内で、悪意を持った行為を行うケースはままある。

 

今回の件で、『礼儀がない』とかどうこう言ってるのは、そういうことが起こらない構造にできなかった方の責任だ。
VALUが話題になっても手を出さなかった人がたくさんいるのは、そういう悪意で大損被る人間がいるを見越して傍観してたからだろう。それに対して『やる前から否定するのはバカ』とVALUへの参入を煽ったり、買い煽りをしたり、それに流されて投機目的で買っていて損したのも含めて頭がお花畑すぎる。