RanQ


なぜ今の世の中は不倫が多いのか〜心理学で紐解く〜

  • Thumb %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 12 21 14.37.08
  • 4
  • 4104View

不倫。

 

それは、人が踏み行うべき道からはずれること。特に、配偶者でない者との男女関係のことを指します。

 

もうテレビをつければ、芸能人、著名人の不倫のニュースばかりで、みなさんもう去年からさぞかしウンザリしていることでしょう。

 

なぜ人はこんなにも不倫をするのか。統計によれば、世の中の夫婦のおよそ28.3%が不倫をしているというデータもあります。

 

もはや社会現象にまでなっているこの問題を、心理学ならぬ不倫学によって紐解いていきたいと思います。

 

1 なぜ人は不倫をするのか

恋愛は3年が期限なんてことをよく巷では言われています。

 

真意のほどは定かではありませんが、付き合い初めのうちは、相手をもっと知りたいと思い、興味津々に会話をしたり身体をすり寄せたりと、刺激もあって胸が高鳴ります。そしていつしか、次第にお互いが空気のような安心感のある愛情へと変化していく...

 

実際こんな経験したことをある人は多いのではないでしょうか?

 

ほとんどのカップルはこの時期にマンネリを感じて、何らかのきっかけやタイミングで浮気をしたり不倫に走ることが多いと言われています。

男性には、元々子孫を残さなくてはならないという感情が本能的に組み込まれていますが、それと同時に相手を出し抜きたいという願望が存在するといいます。

妻の社会的地位が高い男性の場合、妻が出し抜きたい相手になってしまうことがあるのです。

 

女性の場合、育児をしている期間は性的感情をあまり抱かないようですが、育児も終わり時間的余裕が生まれ、マンネリ化の時期入ると、自分が手に入れられないものを持っている人、自分が見られない世界に連れて行ってくれる人、そんな人との出会いや願望抱く女性が多いといいます。

 

結婚によって、他の異性と触れ合う機会はより制限されるので、結婚した瞬間から窮屈な気持ちになることもまた事実であって、その制限された生活からは不満が当然生まれます。

この不満が拡大すると、人は自分の人生を生きられなかったと不全感を抱くようになります。

 

それを解消するために、不倫に陥ってしまうというわけです。

 

2 既婚者の性事情とは

統計によると、日本の既婚者で性生活のない夫婦は全体の約4割に上ると言われています。

 

その中でも、30代後半からその割合は急激に増加するそうです。

つまり、結婚して10年もすれば夫婦間の性交渉の機会がない人が大半ということになります。

 

今後は、そんな世代をターゲットにしたアプリ、SNSを使って不倫にハマるケースや、熟年不倫が増えていくとみられます。

 

このことからも、お気付きの方もいるかもしれませんが、元々不倫というのは昔から盛んであったということです。

 

しかし良くも悪くも近年のIT化に伴い、SNSやカメラ機能付き携帯の普及、位置情報サービスによって、不倫だけに限らず、悪いことが明るみに出やすくなったこともあり、不倫に関してもバレやすくなったこと、その反面、異性との出会いの場がリアルだけでなく、ネット上でも気軽にできるようになったことで拍車がかかったと考えるのが自然です。

 

人は、人生を見つめ直す時期に差し掛かった時、生きてこられなかった自分を求めて、生きる喜びを不倫を通して求めるということなのでしょうか?

 

3 不倫をする人しない人

ここまでくると、もう誰も信用できない!なんて人が出てきそうですが(笑)安心してください。

 

不倫をしない人もたくさんんいますし、不倫なんてしなくても満たされている人はたくさんいます。

 

不倫をする人というのは、不倫をしたくなるような異性と出会う機会が度々あります。

不倫をしない人は、最初からそのような出会いの場に行かなかったり、自らチャンスを作らなかったりと、良い意味で忙しかったりと不倫を無意識的に除外しています。

 

人生への不全感を解消する方法は、不倫以外にもたくさんあります。

 

趣味やお酒、違う業界の人と交流したりするだけでなく、休みに旅行に行き、いつもと違う景色を見たり感じたりすることで、いつもと違う自分になれたり、違う空気を感じたりすることができるのです。

 

冷静に考えれば、不倫には金銭的代償や社会的信用などの損失が伴います。メリットよりデメリットの方がはるかに大きいです。

 

そのリスクを背負ってでも、不倫をするかどうかを考えられれば、自ずと不倫は避けらることでしょう。

 

4 パートナーの行動が怪しいと思ったら

しかし、それでも不倫はなくならないというのが世の常です。

 

もし、あなたのパートナーが浮気・不倫をしてるかもとお悩みであれば以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

▼浮気・不倫を見抜くためのテクニックを無料で公開しています▼

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2683/YUUSEI75_koisuruhutari15214924_TP_V4.jpg

「彼氏が浮気してるかも」確実に浮気を見抜くための【完全無料マニュアル】


かなりの確率で浮気を見抜けるようになるでしょう。また、その際は日頃の証拠集めというのが重要になってきます。

 

最も効果的なのは

・携帯の履歴の証拠

・尾行による証拠写真

です。

 

しかし注意していただきたいのは、それらの行為は犯罪に当たる可能性があるということです。

 

他人の携帯を見るという行為に関して。彼氏や彼女の携帯を勝手に見た、さらに勝手にメールの消去などをした場合は、プライバシー権を侵害に当たるとして、民法709条の他人の権利を侵害したとして不法行為が成立し、慰謝料などの損害賠償請求をされる可能性があります。

 

彼氏や彼女を尾行するという行為に関して。相手が不安や迷惑を覚えさせるような方法でのつきまといや尾行の場合は、犯罪が成立します。軽犯罪法違反にあたり、1ヶ月以下の拘留または1万円未満の科料の制裁がなされます。

 

不倫をされているのはこちらなのに、悪者にされてしまってはたまったものではありませんよね。バレなければ大丈夫だろうと個人で安易に動くのはかなりリスキーです。素人が証拠を集めるのは想像以上に難しく、後に不利になってしまいかねません。

かといって証拠がなければ、相手にうまい言い訳をされてしまい真実は闇の中です。

 

そういった場合、第三者機関に相談してみるというのが非常に有効です。24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】なら、電話相談は無料なので、まずは一度問い合わせてみると良いでしょう。

 

世の中の夫婦のおよそ28.3%が不倫をしています。あなたも他人事ではないかもしれません。その場の感情に任せず、冷静な対処と判断力が必要です。

 

 

 

 

Thumb %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 12 21 14.37.08

xxjun7junxx

恋活・婚活アナリストで元歌舞伎町No.1ホスト取締役。心理学 読心術 ゲーム理論 マーケティング関連の書籍1000冊読破の本の虫。「モテる男の条件」や「バカとブスこそ稼ぐ技術」など、価値のある情報や出会いを届けていきます。