RanQ


受験勉強のやる気を出すには、バラ色大学生活をイメージ!~ぶっちゃけ遊べるぞ!~

  • Thumb img 7535
  • 2
  • 215View

みなさんこんにちは!現役東大生のヒデキです!

 

今回は、大学受験の勉強のやる気を出す、かなり強力な方法を紹介したいと思います!

1 バラ色大学生活をイメージしよう!

心の底からやる気を出すには、やっぱりこれが一番です。

頑張った受験勉強の先に待っているのが「灰色の世界」だったら、頑張るモチベもわかないと思いますが、

楽しい大学生活となれば、それはもうやる気になりますよね。

 

とはいえ、大学に行った先輩から話を聞く機会とかもそんなになかったりして、いまいちイメージできない人も多いと思います。

ということで、皆さんがイメージしやすいように、大学生活がどんな感じか紹介します!

 

2 大学生は勉強しない?

(最初に言っておくと、大学によって差はありますが・・・)

基本的に日本の大学生はあまり勉強しません。

小、中、高とだんだん授業の時間が増えていって、

てことは大学に入ったら高校よりさらに授業が増える!?

・・・と思うかもしれませんが、むしろ減ります。

 

実際、私の話をすると、今年は2月に春休みに入り、

4月に授業が始まりましたが一学期は5回しか授業に行かず、

7月だけはテスト勉強をちょろっとやって、八月からまた夏休みです。

7月だけは忙しかったですが、あとの7か月は本当に自由に時間を使って楽しんでいます(^-^)v

 

日本は大学に入るのが難しく、卒業するのは簡単ですからね。

この状況が良いか悪いかは置いといて・・・

とりあえず今の日本では大学生はあまり勉強せずともなんとかなるようになっています。

日本のシステムに感謝しつつ、楽しい大学生活を思い浮かべながら勉強しましょう!

 

3 渋谷や新宿を庭にできる。

有名な大学だと都内のいいところにキャンパスがある大学も多いです。

そういう大学に行けば、渋谷や新宿、原宿、池袋などの”若者の街”に毎日遊びにいけるようになり

そういった場所を庭にできます!!楽しいですよ!

 

4 大学以降は頭がいいほうが”モテる”

男なら、これ、やっぱり大事ですよね!

小学生・中学生のころなんかは、頭がいいっていうのはむしろダサいイメージになるのですが(日本の悪いところです。)

大学生になると、頭がいい・高学歴というのはチョー強力な、かなり魅力的な”ステータス”になります。

 

都内の有名な大学なんかだとイメージもいいですしね。マーチ(青山学院とか明治とか)や早慶なんかは代表的ですね。

ぶっちゃけ、勉強すればモテに近づくんだ!というのが一番やる気が出るのではないでしょうか笑

 

 

 

以上、受験の勉強のやる気を出せるよう、大学生活について紹介してみました!

それでは、第一志望の大学に合格できるよう、楽しい大学生活を思い浮かべながら、勉強してください!

 

 

 

楽しい大学生活を思い描くことは、受験期の不安を和らげるのにも効果があります。

詳しくはこちらの記事で書いてあるので、あわせて読んでみてください!↓

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTT_HJyzpn3N7C13pamERlblEKiI_c5NRtZUB476mtCUJnM7RbXXA

受験の不安と付き合う方法~不安を逆手にとって、周りに差をつけろ!~

 

Thumb img 7535

ヒデキ

東京大学の二年生。文科二類 現役のときから東大模試でA判定をとるも、 本番で0.2点足りず東大に落ちる。 浪人して力をつけ、秋の東大オープンで、文科二類を志願する1000人強の中で9位をとり 2016年に無事合格、晴れて東大生に。