RanQ


映画が大ヒット!銀魂の名言をエピソード別に紹介!

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 157View

劇場版が公開されて今人気絶頂の銀魂ですが、

先日あと5週間で連載が終了することが発表されました。

最終章が始まった時点からいつかはこんな日がくると思っていましたが、

ついに来てしましましたね…

 

15年の連載の中で銀魂は数々の長編が掲載されました!

実写映画化された紅桜篇・真選組動乱篇をはじめ

吉原炎上篇・将軍暗殺篇・さらば真選組篇など数々の名長編があり、どれも人気が高いです!

ストーリーが面白いのは人気漫画のには欠かせませんが、

何と言っても銀魂の魅力はその名言の多さです!

これまでにも数々の名言が生まれてきました!

この記事ではこれまでの連載の中でも

・紅桜篇

・真選組動乱篇

・吉原炎上篇

・その他長編

にわけて名言を紹介していきます!

1 銀魂の名言特集1:紅桜編

”宇宙一バカな侍だコノヤロー!"
新八&神楽

一度紅桜に敗れるものの、鉄子の依頼のために再び紅桜のに挑む銀時の名シーンでのセリフですね!

実写映画化された時には、このセリフが予告編でよく流れていたので、覚えている人もおいのではないのでしょうか?

 

 

”俺達のつくるもんは武器だ。

だからこそ 打って打って打ちまくらなきゃならねェ

鉄じゃねーよ てめーの魂だ。

鉄を叩きながら てめーの魂を叩きあげろ

優しく清廉な 人になれ 美しく生きろ

お前らがちったァマシになりゃ

それに応えて剣(コイツ)を少しはマシに使ってくれる奴が集まってくるだろうよ”

村田仁鉄

物語の発端となる紅桜の原型を作った村田仁鉄の名言です。

職人魂を感じるセリフですね笑

”俺はお前が嫌いだ。昔も今もな・・・
だが仲間だと思っている。昔も今もだ。
いつから違(たが)った・・・俺たちの道は”

”始まりはみんな同じだった。なのに随分と遠くへ離れてしまったものだな”

桂 小太郎 

似蔵に倒されたと思われた桂でしたが、実は高杉の船に潜入していました。

かつては共に戦った戦友でありながら、ただ壊すことにこだわる高杉に対して行った

桂のセリフです。ここでの決別がストーリーの上でも大きな役割を果たします。

”次会った時は仲間もクソも関係ねぇ!全力でてめーを・貴様をぶった斬る!!”

坂田銀時&桂小太郎

天人と手を組み、銀時たちを追い詰める高杉、

しかし圧倒的な力で天人たちを倒していく銀時と桂

紅桜編でのクライマックスシーンでの名台詞です!

 

 

 

2 銀魂の名言特集2:真選組動乱篇

”嫌いなんてそんな甘っちょろいもんじゃねえさ、いずれ殺してやるよ”
”俺はお前が嫌いだ、いずれ殺してやる・・だからこんなところで死ぬな”
土方&伊東

真選組動乱篇の始まりと終わりを締めくくる名台詞ですね。

土方と伊東は対立しながらも、似た者同士。

伊東は土方のことを「敵であり最大の理解者である」と言っています。

そんな二人だからでたセリフですね笑

 

”今も昔も俺の守るもんは何一つ変わっちゃいねえ”

坂田銀時

万斉の弦に捕らえられたた銀時が逆に万斉がのっているヘリごと

叩きおとすシーンでのセリフです。

サムライの国を守ろうとして戦ったのではなく、

銀時にとって戦う理由は自分の護りたいものを護るために戦っている。

という銀時の士道が垣間見える名台詞ですね。

 

"バカのくせに難しい事考えてんじゃねーよ

てめーはてめーらしく生きてりゃいいんだ

俺達は何者からもそいつを護るだけだ

近藤さんあんたは真選組の魂だ

俺達はそれを護る剣なんだよ"

土方十四郎

ヘタレたオタクの人格であるトッシーをねじ伏せて完全復活した土方の最初のセリフです。

近藤のことを心から慕っていることがわかる、真選組の3人の深い絆が見えますね。

また真選組の隊士が皆、近藤の背中を見て入って来たことが伝わる名シーンです。

 

何故
共に戦いたいのに―

立ちあがれない

何故
剣を握りたいのに、腕がない

何故

ようやく気づいたのに、僕は死んでいく

伊東鴨太郎

伊東鴨太郎が最後に近藤や神楽を庇って撃たれた後にいうシーンですね。

自分が暗殺しようとした近藤に助けられることで、

自分が本当に欲しかったものがもう手に入っていたことにやっと気づくことができたシーンです。

真選組動乱篇の一番の感動シーンですね。

 

3 銀魂名言特集3:吉原炎上篇

”言ったはずだ 弱いやつに興味はないって”

神威

月詠が銀さんたちを逃がそうとする時に現れた神威が

妹の神楽に言い放ったセリフですね。神威の初登場のシーンでもあり、

昔神威が家を離れた時に神楽に一度言ったセリフでもあります。

 

”あなたの渇きは酒や女では癒えやしない。
あなたの居場所はこんな所じゃない、あなたの居場所は…そう、俺達の居場所はここ(戦場)ですよ”

神威

神威が元師匠である夜王鳳仙に対して言ったセリフですね。

銀魂によく出てきはいましたが、宇宙最強の戦闘民族である夜兎族同士の戦いを描いたシーンになります。

明らかに普通の人間を上回る力でぶつかり合うシーンは吉原炎上篇の序盤の名シーンでもあります。

 

 

 

 

4 銀魂名言特集4:長編以外での名言!