RanQ


気になる彼とつきあうための5つの方法

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 447View

女性の皆さん、気になる男性はいるけども、沢山のカワイイ子からも人気があるし、どうせ私なんか相手にされないよなと思って諦めてしまっているなどという事はないでしょうか?

男性がつきあう相手を決めるのに、女性よりも見た目を重視して決めるのは、動かしようのない事実です。生物学的にも、求愛行動をとる側が一番発達した感覚で異性を判断するのが一般的であると考えられていますが、それが人間の場合は視覚という事になる訳です(イケメン好きの女性の皆さんから、それは男性だけじゃないぞという声が聞こえてきそうですね)。

ただ、それだけで全てが決まる訳ではありません。考えてみてください。仮にある男性がカワイイ子とつきあったとして、その二人がその後うまくつきあっていけるかどうかは分かりません。なぜなら、見た目重視でつきあっている訳なので、一緒にいて心地いいかどうかというのは分からないからです。

1 メイクやヘアスタイルを変えてみる

もちろん男性が見た目重視だというのであれば、ダイエットを頑張って、メイクやヘアスタイルをばっちりきめて、という直球勝負はそれなりに効果があると思います。

よくドラマとかであるのが、まじめそうな眼鏡をかけた目立たない女性が、コンタクトレンズに変えてメイクもばっちりにしたら、男性にちやほやされ始め(今皆さんがイメージしている画面がキラキラしているあの場面です)、それまで自分をばかにしていた男たちを見返して、意中の男性とつきあっちゃうという展開ですね。

これ現実の世界でもそうで、メイクやヘアスタイルを変えるだけでものすごくかわいくなる女性は結構いるように思います。学校や職場でそのような友達や同僚がいたという経験がある人も多いのではないでしょうか?

行きつけの美容院に行って、気心の知れたスタイリストさんにいつもと違う感じにして欲しいとだけ言って、100%ヘアスタイルを任せてしまうのも一つの手かもしれませんね。あなたの事をよく知っているスタイリストさんであれば、あなたの魅力がどうすれば引き立つかをよく知っているはずだからです。いつもと違う感じにしてと言うのは、言わないとあなたのいつもの注文に合わせようとするからです。

2 価値観の一致をアピールする

冒頭に書いた事を読んで、勘のよい方であれば既にお気づきだと思いますが、男性は見た目重視だけども、それだけじゃ長続きしないのであれば、自分は長続きする、つまり一緒にいて心地よい女だという事をアピールすればよい訳です。

もちろん、価値観が合う事が前提です。つきあい始めのころは、お互いに自分のいいところを見せようと頑張り、それがある意味楽しかったりもするのですが、素の自分を見せ合ったときに価値観のコアとなる部分が一致しないと、その相手と恋愛の対象としてつきあっていくのは無理だと思うのです。

仲良くなるきっかけは表面的な趣味の一致とかでいいように思います。好きなバンドが同じとか、好きな映画が同じとか、二人ともサッカーが好きで二人ともワールドカップのときは学校や会社を休んじゃうとか、共通点を見つけて盛り上がりましょう。

もちろん、価値観が一致する事と趣味が一致する事は別です。ただ、普通は価値観が一致しているとか、これはただの趣味の一致だとかまで意識して考えないので、趣味が一致していれば価値観が一致しているような気になります。もちろん「気がする」だけなので、本当に価値観のコアとなる部分が一致していないと、やがて一緒にいて心地よくない関係になってしまいます。やっぱり価値観のコアとなる部分が一致しているのは大切です。

逆に言えば、価値観さえ一致していれば、共通の趣味なんてつくっちゃえばいいという事になります。サッカーに今まで興味を全く持っていなかった人が、サッカーの試合を見に行ったら、意外に面白いと思うかもしれません。私も奥さんと未だ結婚する前のデートで、当時の彼女(今の奥さん)がものすごく好きな映画に私は全く興味なかったのですが、興味あるふりして見に行った事があります。途中から眠っていて後で怒られたのですが(笑)、価値観のコアとなる部分が一致する人と一緒に何かやっていれば、表面的に行っている事が何であっても心地いいものです。心地いいから眠った訳じゃないですよ。

つまり、自分が同じ価値観を持っている事を趣味等の具体的な行動を通じてアピールしましょうという事です。

 

 

3 気が利くところをアピールする

タイトルを「気になる彼とつきあうための5つの方法」としたので、あえて「アピールする」と書きましたが、気が利くところをアピールってなんかいやらしい感じがしますよね。ただ、やり方によってはありだと思います。

以前に会社で徹夜をして朝会議室で寝ていたら、出勤してきた女性がそっとブランケットをかけていってくれた事がありました。べつにその女性がアピールしたかった訳でも、私がその行動一つでその女性を女として好きになったという訳ではないですが、単純にそんな事されたら嬉しい訳です。

「アピール」と書きましたが、この例で言えば、後から冗談っぽく私がかけてあげたんだよねーとか言うのもありではないでしょうか。それはそれでかわいいと思います。ただ、ゴリゴリにアピールするとただいやらしいだけなので、気をつけてくださいね。

そんなのキャラじゃないという人は黙っててもいいと思います。親切にしてくれたのが誰か分からない場合もありますが、多くの場合は大体分かるものだからです。スマートにアピールした事になるかもしれません。

 

4 男に尽くさない

気が利くところをアピールしろっていったじゃん!という声が聞こえてきそうですが、「気が利く」と「尽くす」は全く別です。

「気が利く」というのは、好きとか嫌いとか関係なく、人間として他人の事を考えて行動していますよという事です。もちろん、好きな男性に「特別に」気が利くというのは恋愛の心理として当然と言えば当然なので、それを否定している訳ではありませんが、誰にでも親切にできる優しい人間性が根本にあるところに男性は惹かれる訳です。

これに対して、「尽くす」というのは、何から何まで面倒を見るという事です。最初は男性も遠慮して、そんな事までしなくていいよと言って喜ぶかもしれませんが、段々それが当たり前化してくると、あなたはただの家政婦になってしまいます。

以前同僚の女性に、私ってかなり尽くすタイプなのに、何で彼氏といつも長続きしないのかなと相談された事があります。彼氏の部屋の掃除や衣類の洗濯はもちろんのこと、お風呂で背中まで流してあげているとの事でした。彼女にとって、「尽くす事」=「愛情表現」だった訳ですが、男の側からすると、ただの便利な女になってしまいます。とアドバイスしたところ、その甲斐あって(じゃないような気もしますが)次の彼氏とは長続きしていたようです。もう私がその会社を辞めてしまったので、今どうなっているかは分かりませんが。

それに、男がだんだんだめになってしまうというのもあります。何にもしない、何にもできない男を製造しないように気をつけてくださいね。

 

5 品位を身に着ける

分かりやすく言うと、女芸人ってモテないですよね。それって、品位がないからだと思うのです。

分からないですよ。本当の女芸人さんたちは、品位があるけども、それでは仕事が成り立たないため、あえてそれを出さないようにしているだけかもしれません。ただ、世の中にはそのキャラで打ち出している訳ですから、世の中の男性たちはその情報をもとに判断する訳です。

芸人並みの立ち振る舞いをする女性はそうはいないでしょうが、どんな状態を品位がないと男は見るかというと、例えばレストランで一緒に食事をして食事のマナーを知らないとか、人混みで誰かとぶつかっても謝らないとか、そんな細かいところなような気がします。

品位がある立ち振る舞いができるという事は、それなりの事を身に着ける教育を受け、自分でもそれなりの努力をしてきた女性という事になるので、男性はそこに希少価値を感じるのだと思います。

微妙なニュアンスがうまく表現できるか分かりませんが、これは、マナー教室の先生や、航空会社のCAさんのように振る舞うのがよいと言っている訳ではありません。私だったら、仕事を離れた普段もマナー教室の先生のような人と一緒にいたいとは思いません。全部完璧な女性として振る舞う事が大事な訳ではなく、TPOに合わせて行動できる「能力」がある事を見せる事が大事なのだと思います。

逆に砕けた場では、少し天然な部分も見せるくらいの感じの方が好感を持たれやすいというのも事実です。

この微妙なニュアンス伝わったでしょうか?伝わった事にしておきましょう。

 

出会いはこれからという方はイヴイヴに登録!

↓iPhoneの方はこちらをクリック

↓Androidの方はこちらをクリック

イヴイヴは完全審査制の安心恋活アプリです。

6 モテる男の特徴5つ

逆にモテる男の特徴は?

モテる男の特徴5つの記事もあるので、こちらも是非ご覧くださいね。