RanQ


【声優は誰?評判は?】あの「シティーハンター」がアニメ映画として大復活!!

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 270View

あの「シティーハンター」がアニメ映画「劇場版シティーハンター」として復活しますね!

2019年2月8日全国ロードショーというわけで、今からめちゃめちゃ楽しみです!!

 

 

今回は、「劇場版シティーハンター」のプロモーションビデオや、出演声優さん、評判などをご紹介していきたいと思います!

 

 

1 映画「劇場版シティーハンター」のアニメPVがかっこよすぎ!

 

だいぶ今風な感じになってますね!

シティーハンターのアニメ第1作が1987年に放送されていますので、その頃と比べると雰囲気がだいぶ変わりました。

 

ちなみに、昔放送されていたシティーハンターのアニメはこんな感じ

 

 

昔の雰囲気も悪くありませんが、

今風な映像となって生まれ変わった「シティーハンター」を早く観たい!!

2 映画「劇場版シティーハンター」に出演する声優さんは誰?

●神谷 明(冴羽 獠)

本作の主人公。自称二十歳の青年(実年齢は不明)。スイーパー(sweeper:始末屋)で、裏の世界でNo.1と呼ばれるほどの腕を持つ。同時に無類の女好きで、美女絡みか「心が震えた時」しか依頼を受けない。アニメ版第32話では、獠のマンションの住所は東京都新宿区区役所通り4-25。

 

●伊倉一恵(槇村 香)

本作のヒロイン。非常に気が強い女性。獠の親友・槇村秀幸の妹で、兄が麻薬組織に殺害されたことを機に獠の新たな相棒となる。義兄・秀幸は生前、彼女と血が繋がっていないことを知らせなかったが、香自身は薄々気づいていた。美人であり、獠が唯一もっこりしない女性。劇中では、依頼人に手を出す獠に100tハンマーで殴るなどの「天誅」を加えるのが定番。 名前は当時生まれたばかりであった、担当編集者の娘の名前から付けた。

 

●一龍斎春水(野上冴子)

「警視庁の女狐」と呼ばれる、妖艶な美人刑事。鼻筋が通った品のいい顔立ちをしている。野上警視総監の長女。槇村秀幸とは同僚だった。獠とも長い付き合いで、色香でつっては危険な仕事を押し付けていた(獠は「もっこりの貸し」などと言っていた)。自らも腕が立ち、服の下に隠している投げナイフを自在に操る。「自分より弱い男には興味がない」と言って相手の腕を試し、父(警視総監)の用意した見合い話を何度もぶち壊しにするなど、男を寄せ付けない仕事一筋ぶりだが、以前は生前同僚だった槇村と獠を交えた三角関係にあり、いずれかを選ぼうかという矢先に槇村が亡くなる。それによって、心中に槇村へのこだわりが強く残った。獠に対してあまり気のないような態度をとることもあるが、香には密かに自分が槇村へのこだわりが消えたら、また獠と香と自分との三角関係になるかもしれないという言動を残している。

 

●玄田哲章(海坊主)

元傭兵で獠と互角の凄腕を持つ同業者。後に喫茶キャッツアイの店主。スイーパーとしては、獠とは基本的に敵対関係にあったようだが、日本での仕事(作中)では獠と手を組むことが多かった。獠とは悪友(親友?)のような間柄になるが、スイーパーのプライドをかけて命がけの決闘を行う局面もあった。

 

●小山茉美(美樹)

海坊主の相棒で、美人スイーパー。苗字は不明だが、原作の最後で海坊主と結婚。均整の取れた体格を持つ。1月15日生まれ。後に海坊主と共に喫茶キャッツアイの切り盛りをする。内戦国で孤児になった所を海坊主に育てられ、身を守る術を教えられてきたが、彼女が海坊主の傭兵部隊に加わると言い出した時、海坊主は彼女を戦場から遠ざけ、普通の女性としての人生に戻すために、嘘をついて彼女を置き去りにした。海坊主と結婚することを夢見て彼を追い続け、日本で海坊主の前に再び現れる。腕は一流である。

3 今更聞けない!「シティーハンター」ってどんな作品?

「シティーハンター」とは?

読切として描かれ好評であった『シティーハンター -XYZ-』、『シティーハンター -ダブルエッジ-』(後述)を元に『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)誌上において1985年13号から1991年50号にかけて連載。前作『キャッツ♥アイ』に続く北条司2作目となる連載作品。単行本はジャンプ・コミックスより全35巻。1996年から1997年にかけて文庫版が全18巻で発売されている。また、2004年から2005年にかけては『CITY HUNTER COMPLETE EDITION』として完全版が徳間書店より全32+3 (X,Y,Z) 巻で発売(X・Y巻はイラスト集、Z巻は読切版等を収録)。完全版では未収録ページ(扉絵など)の復活収録やカラーページの再現、加筆修正などが行われている。単行本の累計発行部数は5000万部を突破している[1]。

 

東京・新宿で殺し・ボディーガード・探偵等を請け負うスイーパー「シティーハンター」の活躍を描くハードボイルドコメディ。現代劇として描かれたため、連載時の1980年代後半が舞台で、「シティーハンターが美人の依頼人から仕事を受け、その依頼を数話をかけてこなす」というのが基本構成となっている[2]。全体を通しての伏線などはあるものの、依頼人・仕事の内容はその都度異なり、問題を解決した依頼人は原則として再登場せず、各依頼の繋がりもない。

(Wikipediaより)

 

実は「シティーハンター」は当初、単行本としての売り上げは良かったものの、少年誌での人気は今ひとつだったそうです。

連載当初のシティーハンターは、内容がハードボイルドすぎて完全に大人向けの漫画となってしまったことが原因ですね。

 

そこで、子供でも楽しめるように「コメディ色」を強めたところ、一気に大人気作品となりました。

 

私も、シティーハンターのハードボイルドな面とコメディの面の融合された感じが大好きです!

 

4 映画「劇場版シティーハンター」の見どころは?

今回のアニメ映画「劇場版シティーハンター」は完全新作ストーリーということで、今までのシティーハンターファンだけでなく、初めてシティーハンターを観る人にとってもストーリーがわかるようになっています!

 

そして、何と言ってもシティーハンターのアニメが放送されていた当時のままのキャストが出演することとなり、ファンは大喜びです。

まさに奇跡のキャスト再集結!

 

豪華なのはキャストだけではありません。

スタッフも超豪華なんですよ。

 

こだま兼嗣総監督(「シティーハンター」「名探偵コナン」)のもと、キャラクターデザインに高橋久美子(「機動戦士ガンダムUC」)、 チーフ演出に佐藤照雄(「アイカツスターズ!」)、京極尚彦(「ラブライブ!」)らの参加が決定!

劇場版シティーハンター公式サイトより

 

本当すごい。制作陣の力の入れ方が半端じゃありませんね笑

 

5 シティーハンターファン大興奮!ツイッターでの反応は??

 

 

 

みなさんシティーハンターの復活に歓喜しているようですね!

劇場版シティーハンターを観る前に、過去のアニメを一気見しちゃおうかな…