RanQ


ミッション:インポッシブル/フォールアウト あらすじ、キャスト、事件?

  • Thumb screen shot 2018 08 30 at 13.57.11
  • 1
  • 132View

ミッションインポッシブル/フォールアウトが、

8月3日についに劇場公開されましたね!!

 

「ミッションインポッシブル フォールアウト」の画像検索結果

 

ここでは、あらすじやキャスト、

本当にあったトムの事故などについておすすめしていきます!

 

⇒今すぐ前作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を無料視聴しておさらい!

 

1 あらすじ:同時核爆発を72時間で阻止せよ!

◼︎あらすじ:

「ミッションインポッシブル フォールアウト」の画像検索結果

大人気シリーズの主人公・イーサン・ハント。

CIAのスパイ組織IMFに所属しています。

 

何者かが複数のプルトニウムを強奪する事件が発生。

その標的になったのは、世界各地の三都市。

 

イーサン・ハント(トム・クルーズ)とIMFのチームは、

“同時核爆発を未然に阻止せよ”とのミッションを命じられる。

 

猶予はたったの72時間。

 

「ミッションインポッシブル フォールアウト」の画像検索結果

 

だが、手がかりは少なく、名前しか分からない正体不明の敵を追うミッションは困難を極める。

刻一刻とタイムリミットが迫る中、IMFの前に立ちはだかるCIAの敏腕エージェント、ウォーカー。

ウォーカーとの対決を余儀なくされたイーサンに迫る危機の数々。

 

果たして彼らは、絶体絶命の危機を乗り越え、核爆発を阻止することができるのか……?

 

「ミッションインポッシブル フォールアウト」の画像検索結果

 

ーー

これまで数々の「不可能」と思われるミッションをこなしてきた、

イーサンとその仲間たち。

 

驚異的な殺人力を持つキメラウイルスの破壊(『ミッション:インポッシブル2』)や

爆破テロの濡れ衣を晴らす(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』)など、

超人的な活躍ぶりをしてきました。

 

新たに公開された予告編の冒頭では、

前作でも登場した「シンジケート」のボス・ソロモン・レーンが

不吉な運命が待ち受けていることをイーサンに告げ、

これまでのシリーズ作品が関わってくることが暗示されます。

 

舞台もパリやベルリンなど、世界中のあらゆる場所となるようです。

 

中でも、ヘリコプターを使ったスタントや街中を疾走するバイクアクションが迫力満点!

ベンジーやルーサー、ヘンリー・カヴィルや、

アンジェラ・バセット演じる新キャラクターの姿が確認できます!

前作で登場したヒロイン・イルサとイーサンが対立するかと思われるシーンもあります。

そして、前作では登場しなかったイーサンの妻・ジュリアの姿も確認できます。

 

2 監督は前作「ローグ・ネイション」のクリストファー・マッカリー。

監督は、トムと仕事の多い印象を受ける、

クリストファー・マッカリー。

 

_aaa2804

なんといっても、

前作「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」

の監督です。

 

彼との付き合いの契機となったのは、

トムの主演作「ワルキューレ」で脚本を担当したころからでしょう。

 

トムのシリーズ作、

ジャック・リーチャーの1作目「アウトロー」で監督を務めます。

 

他にも「オール・ユー・ニード・イズ・キル」や「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」

の脚本なども手がけ、トムとの仕事が目立つ印象。

 

そして、

彼の監督業を決定付けたのが前作「ローグ・ネイション」でしょう。

 

「仕上がりにはとてもに満足しているよ。実際に観てもらえれば、

 これまで二人で培ってきた技術や知恵が満載の作品であることが観客の皆にもわかってもらえると思う」

 

その結果、前作は、本国アメリカで、初日の興行成績が

シリーズ史上最高額(約24億4千万円)を記録しています!

 

 

また、彼のアドリブや当日の雰囲気で新たな話などを取り入れてしまうほど、

トムと二人三脚で映画作りをする監督ですが、

そのやりとりについては、

 

_bbb1410

 

「トムとは、これまでに10年以上仕事をしてきたけど、

 実は正式に映画をつくろうと話したことはないんだ。

 だから何年もかけて貯めていたアイディアがこの映画にも含まれている感じなんだ。

 

 前作でトムがヘリにしがみついたシーンだって、最初はジョークだったんだよ!

 でもそれをトムは真剣に受け止めてしまった。

 

 今後はジョークでさえ気を付けないといけない(笑)

 自分で演出するにあたり、僕もヘリなどに乗らないといけないわけだから、二度とやらない!僕は面白くないんだ!」

 

と話します。

 

最後に、監督は今回の作品について、

記者会見での質問にこうこたえていたのが特徴的でした!

 

「今回の作品も、本国(アメリカ)で今とても良い反応を得られていて、非常に誇りに思っている。

 俳優陣のみんなが一生懸命取り組んでくれたお陰だね。

 前作の反応がとてもよかったから、続編を担当する監督は大変そうだなんて思っていたら、

 結局自分がやることになったわけだけど(笑)」

 

3 トムクルーズ、CGやスタント一切使わず:実際に骨折するも走り抜け、急降下するヘリだって操縦!

監督いわく、前作では

「私もトムも、バイクチェイスのシーンで崖から落ちそうになった」

とか、シャレにならないアクションをスタントなしでやるミッション:インポッシブル。

 

トム自ら、スタントもCGも使わずに、

ホンモノの危険なアクションを希望するのだとか。

 

「ミッションインポッシブル フォールアウト」の画像検索結果

 

今作でもそれは健在です。というか、度を越しています。

その映像をまとめたのが、こちら。

 

 

 

 

一歩間違えれば命に係わる、

ノースタントでのアクションが注目を浴びている本作。

 

そのこだわりについて記者会見で、

トムは設置されたヘリに近づき、撮影を思い出すように機体を触りながら

「このヘリはとても楽しんで操縦したんだ。急降下してスピンもしたよ!

 ヘリが僕のことをよくめんどうみてくれて、こうやって無事に撮影を終えることができたんだ」

と、本当に絶体絶命のアクションをやっていたことを明かします。

 

_aaa3198

 

また、昨年撮影中に右足首を骨折してしまったロンドンでの“ビルジャンプ”。

ビルとビルの屋上を、走りわたるシーンの時に起こってしまったハプニングです。

着地した瞬間、自分でもわかるほどの衝撃と痛みを感じながら、

そのまま走り抜けるトム。

 

 

これは、結局実際に映画のシーンとして使われたそうです。

つまり、これ、足首骨折しながら走っているのです。

 

合計8テイク取られたこのシーンですが、

医者から全治9ヶ月と言われているのに、

トムは6週間で現場復帰してその続きのシーンを走ったそうです。

 

[トム・クルーズの骨折話に、監督と共演キャストが意外な感想をしてました…]

 

 

 

また、トムが積年の夢と公言する、

高度約8000メートルからの超高速スカイダイビング“ヘイロージャンプ”。

 

「ミッションインポッシブル フォールアウト ヘイロー」の画像検索結果

 

空中での衝突もありうるし、

プロからしてもそんなことをやる俳優は前代未聞とのこと。

 

上記の映像は、最新作の超絶スタントの裏側が

これ1本で全て分かる贅沢な映像になっています。

 

これら全てが、NO CG, NO スタントマンですから、

トムはもう、ジャッキーチェン越えかもしれませんね。

 

4 まとめ:過去作を見て、心臓を鍛えよう。でないと、もう怖くて見れない。

こんなアクション、見所ではあるのですが、

CGじゃなくてスタントマンですらないと知ったら、

見てるこっちが心臓停止しそうで、、、

 

「ぁ!多分、あとちょっとしたら、トムが骨を折る!」

「お、折る、折る、折、折ったぁーーー?!」

なんて、知ってるからこそ余計にカウントダウンしてしまいそうです。

 

とはいえ、もうここまで知ってしまったら、

フォールアウトを見ないという選択肢はないですよね。

 

それでしたら、

前作でも見て、十分「NO CG, NO スタント」のアクションに慣れておきましょう。

 

そうでもしないと、劇場で当日、大事な瞬間にこそ目を覆ってしまうという

一番もったいないことになるかも!それこそが、一番怖いことですw

 

⇒今すぐ前作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を無料視聴しておさらい!

Thumb screen shot 2018 08 30 at 13.57.11

みなさんに役立つ記事を書いていこうと思います! 何かご意見等ありましたら、ぜひご連絡ください!