RanQ


モテる男の特徴5つ

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 1156View

一般的にはイケメンがモテますし、カワイイ子がモテます。これは動かしようのない事実です。

しかし、イケメンなのに全然モテなかったり、逆にカッコいい訳でもないのになぜかモテる男子がいるのも事実です。

それはなぜなのでしょうか?モテる男の特徴を考えてみましょう。

1 身だしなみがしっかりしている

どこの大学だったか忘れてしまいましたが、アメリカの大学で行われた実験の話です。

同じ男性で、(1)頭ボサボサ、髭ボーボー状態と、(2)きちんと髪を整え、髭を剃った状態で、その人物を評価してもらうというものでした(異性として好き、嫌いというのとはちょっと違うかもしれませんが、まぁ聞いてください)。

みなさん何となく答えの見当はついていると思いますが、(2)の方が人物として優れていると評価されました。

もちろん(1)も(2)も同じ人なのですが、人の印象とはそういうものです。そして、第一印象を覆すのはなかなか難しいものです。

これは人物として優れているとの評価でしたが、恋愛においても大差ないのではないかと思います。だって、人物的に優れている人と、そうではない人、どちらとつきあいたいかと言えば、前者とつきあいたいに決まっていますよね?

人は良くも悪くも見た目で人を判断します。身だしなみはしっかり整えましょう。

2 正義感が強い

正義感が強いというのもモテる条件の一つだと思います。ここで言う正義感とは、闇の組織と戦ったりする正義感や、学級委員が授業中におしゃべりをした生徒を注意するような正義感とはちょっと違います。

言い換えると、「自分が正しいと思う事を自分の損得を考えずに行う事ができる人」という事ができるかもしれません。

分かりやすい例で言えば、政策関係なしに損得勘定だけでころころ政策を変える政治家よりも、自分の得票数に関係なく自分が正しいと思う政策を訴え続ける政治家の方が魅力的なはずです。

そして、これを男女関係に置き換えて考えてみると、即物的な損得勘定で動く男は、ちょっといい女が出てくれば私を捨ててそっちになびくんだなと女性は本能的に察知してしまうという訳です。

という訳で、正義感が強い男はモテるのです。

3 ガツガツしていない

彼女が欲しいと思ったときには彼女ができず、彼女なんて別にいいやと思っているときに限って彼女ができた経験はないでしょうか?

おそらく、それはガツガツ度の違いによるものだと思います。ガツガツしてると、そこまでして女を追いかけないとダメなくらい魅力のない人なんだと思われる訳です。まぁ、単純に怖いというのもありますが(笑)。

ただ、積極性は必要です。積極性とガツガツの違いは、積極性は「コミュニケーションの頻度を増やす」という事なのに対し、ガツガツは「とにかく気を引こうとする」部分にあります。自分に興味を持った人に積極的に話しかけられれば、よほどウザくない限り、普通は嬉しいものです。一方自分本位にただ気を引こうとする行為は、ただウザいだけ以外の何ものでもありません。

はじめガツガツ行っておいて、その後連絡ぜずに、あれ?どうしたんだろう?と思わせる作戦もありですが、相手がまるで興味ない場合は無意味です。ちょっとは好意を持ってくれている場合は、意外と効果があるかもしれません。

4 包容力がある

いつも相手の話に耳を傾け、相手の考えや気持ちを理解した上で、自分との価値観の違いも含めて全て受け入れるというのが包容力があるという事だと思います。

女性がファミレスで何時間も話をする姿をよく見ますが、女性は傾聴してもらう事に喜びを感じます。話の内容はたわいもないものでも、聞いてもらう事が嬉しい訳です。本に例えると、女性のコミュニケーションは随筆で、男性のコミュニケーションはビジネス書といったところでしょうか。つまり、女性のコミュニケーションは、話を何かの結論をもって完結させようとは思っていない訳です。

「ねぇ、私の話聞いてる?」と言われた事はないでしょうか?男性は特に結論のない話を何となく聞き流してしまう事もあると思うのですが、これではいけません。男女のコミュニケーションの違いを理解し、きちんと話を聞くようにしましょう。

そして、相手に好意を持つという事は、価値観に共通点があるはずです。逆にいうと、価値観のコアとなる部分に全く共通点がないのであれば、そもそも相手に好意を持たないはずです。

別の人格を持った人間同士が100%同じ価値観を持つ事はありえないので、価値観にも、相手と一致する部分とそうではない部分がある事になります。男女のつきあいという意味で考えると、価値観のコアとなる部分が一致している事が大切です。価値観で相手と一致しない部分に関しては、自分の価値観においてそれを許容できれば、あとはひたすらその違いを受け入れればよいのです。

モテない男は、この価値観の違いを許容しません。「何でお前は~」みたいな話をよくする訳です。でも、これはカレーライスが好きな人に何でハヤシライスが好きじゃないんだと言っているのと同じです。もちろんハヤシライスが好きな事を自分の価値観において許容できない生粋のカレー派もいるとは思いますが、その場合はそもそもハヤシ派の人とはおつきあいできない訳です。

価値観の違う部分が許容できるレベルのものであるならば、それを受け入れましょう。価値観の違いをも理解して、自分の気持ちを受け入れてくれる人と一緒にいて、気持ちよくない訳がありません。

まとめると、きちんと話を聞いてくれて、価値観の違いも含めて相手の女性を全て受け入れてくれる男性がモテる訳です。

5 色気がある

やっぱり色気がある男性がモテます。では、色気とは何でしょうか?それは多分「男っぽさ」と「真剣さ」なのだと思います。

マッチョ好きな女性は多いと思いますが、これはやっぱり男っぽいからなのだと思います。また、喉ぼとけに色気を感じる女性も多いというのはよく聞きますが、これも、喉ぼとけが出ているのは男性の特徴だからなのでしょう。

仕草でよく言われるものに、ネクタイを緩める瞬間とか、車を運転する姿とかがありますね。これは「真剣さ」なのだと思います。真剣に仕事に取り組んで疲れたときにネクタイを緩めるでしょうし、そもそも車の運転は真剣にしないと危ないですからね。

つまり、男っぽくて自分を守ってくれそうだとか、物事に真剣に取り組んでそれによって何かを手に入れてくれそうだとか、そういうところに色気を感じるのではないでしょうか。

余談ですが、マッチョ好きな女性を好きになった私の友達が、頑張ってジムに通って、プロテイン飲んで結構なマッチョになった事がありました。野球もやっていたので、結構日にやけた健康的な感じに仕上がっていました。そして、私の友達がその女性と話す機会があった時に言われた一言。「〇〇君って、マッチョでたくましくていいと思うんだけど、私は細くて白いマッチョがいいんだよね。」人の好みって難しいですね(笑)。

 

6 金がある(番外編)

金がある男がモテるかモテないかと言えば、モテると思います。

一緒にいれば、欲しいものを買ってもらえて、おいしいものを食べさせてもらえて、ついでに高いエステとかにもいかせてもらえるので、当然と言えば当然でしょう。

これまで見てきたモテる要素があって金もあれば最強なのだと思いますが、金だけでモテているのであれば(多分本人はそう思ってない場合が多いのだと思いますが)、あんまり浮かれない方がいいと思います。

なぜなら、それは「金がモテている」だけであって、多分金がなくなれば、それを目当にしていた女性も一緒にいなくなるからです。

そう考えると、下積みを支える売れない芸人や芸術家の奥さんって本当に旦那さんの事が好きなんでしょうね。そんな人と一緒にいれる男性はとても幸せなのではないでしょうか。

 

↓出会いを探している方はイヴイヴに登録(iPhone)

↓出会いを探している方はイヴイヴに登録(Android)

イヴイヴは完全審査制の安心恋活アプリです。

7 モテる女性の特徴

逆にモテる女性の特徴は?

気になる彼とつきあうための5つの方法ではどんな女性がモテるのかについて書いているので、こちらも是非ご覧ください。