RanQ


最近トイレが近いと思ったときに自分でできることを原因別に考えてみた

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 106View

今このページを見てくださっているあなたは、最近トイレが近いことが気になっている事と思います。

もしかしたら家族にも言えず、一人で悩んでいらっしゃるかもしれません。

頻尿とは尿の排泄の回数が多いことを言います。一般的には起きている間に8回以上、寝ている間に2回以上トイレに行く事を頻尿と言います。

ただし、アルコールを飲んでいる場合、アルコールに利尿作用があるため、寝ている間に2回以上トイレに行く事も珍しくありません。これはアルコールの摂取を止めれば自然にトイレに行く回数も減るので、気にする事はありません。

頻尿が気になっている人は、ついつい外出も控えめになってしまうもの。病気の場合はもちろん病院で治療を受ける必要がありますが、自分自身でできる対策を考えてみました。

まずは、頻尿の原因を考えてみましょう。

 

1 尿路感染症

尿路感染症は尿路で細菌が増殖する事によって起こります。尿路感染症は大きく膀胱炎と腎盂腎炎に分けられます。

膀胱炎は尿道から入った外部の細菌が尿道を遡り膀胱に達して増殖するもので、頻尿の他、残尿感、排尿時の痛みが主な症状で、場合によっては尿が白っぽく濁ったり血尿が出る事もあります。女性の方が尿道が短いので外部の細菌が膀胱に達しやすく、膀胱炎にかかる率が男性よりも圧倒的に高いと言われています。

膀胱炎にかかっているかどうかは尿検査をする事によって分かります。治療は抗生物質の服用となります。症状が改善すると薬の服用を止めてしまう人がいますが、抗生物質を自分の判断で勝手に止めると耐性菌ができる原因になるので、医師の指示に従って必ず最後まで飲み切るようにしましょう。

腎盂腎炎は、尿をつくる器官である腎臓に尿道から入った外部の細菌が感染する事によって起こります。尿道から腎臓までは遠いためにそう簡単には腎盂腎炎になりませんが、免疫力が低下しているような状態で発症します。膀胱炎を併発する事も多く、頻尿や排尿痛、38℃以上の発熱があります。また、腎臓の位置にうずくような痛みがあります。

腎盂腎炎にかかっているかどうかは尿検査やエコー、腎臓の位置の痛みなどの症状があるかどうかで判断されます。膀胱炎と同様抗生物質による治療が行われますが、症状が重い場合は入院しての治療となります。腎盂腎炎の場合も膀胱炎のときと同じく、必ず抗生物質は医師の指示に従って飲み切りましょう。

尿路感染症は病院でのしっかりした治療が必要なので、完治までしっかり医師の指示に従って治療しましょう。

2 心因性

心因性頻尿の特徴は、フィジカルには何の異常もないものの、緊張や不安が原因でトイレの回数が増えるものです。通常の状態であっても、例えば大勢を前にして何かを発表する場合などトイレに行きたくなった経験は多くの方が経験されていると思いますが、それが日常的に起こっている状態と考えれば分かりやすいでしょうか。

眠っている間には緊張や不安がないので、眠っている間のトイレの回数は増えない事が多いです。

診断に関しては泌尿器科を受診し、心因性頻尿と診断されたら、必要に応じて精神科の医師を紹介してもらうのがよいと思います。

あまり気にしすぎると症状が悪化してしまうので、症状がひどくないのであれば、ある程度様子を見てもいいかもしれません。

心因性頻尿の場合は、原因が精神的なものになるので、リラックスできる環境を整える事が大切です。自分が好きな音楽を聴きながらゆっくりできる時間を持つ等の工夫をしてみてください。

また、ツボを刺激することで、症状が改善されることがあります。足の親指と人差し指の間に行間と呼ばれるツボがあり、このツボを刺激することでイライラやあがり症に効果があると言われています。手軽にできる対策なので、是非試してみてください。

3 過活動膀胱

膀胱は溜まっている尿の量を感知して、尿が排泄すべき量に達したところで尿意をもよおすようになっています。しかし、年齢を重ねる事によって膀胱が固くなり、尿意をもよおすメカニズムがうまく機能しなくなる場合があり、これを過活動膀胱と呼びます。

その名の通り膀胱が必要以上に活動するため、尿が排泄すべき量に達していないにもかかわらず急にトイレに行きたくなる症状が現れ、頻尿や尿漏れが起こるのが特徴です。

過活動膀胱には膀胱の過活動を抑える働きのある薬があるので、泌尿器科を受診して処方してもらうとようでしょう。ただ、病院で処方される抗コリン薬には副作用もあるので、市販の漢方薬も選択肢に含めるとよいと思います。

また、過活動膀胱は尿意があっても我慢することで改善される場合があります。自宅にいるときは尿意があってもできるだけ我慢してからトイレに行くようにしてみましょう。

4 腹圧性尿失禁

重いものを持ち上げたり、大笑をしたとき、またせきやくしゃみをしたときに尿漏れが起きるようであれば、腹圧性尿失禁かもしれません。

腹圧性尿失禁は女性に多いのが特徴です。女性に多いのは、男性に比べて尿道が短いためで、何かの拍子にお腹に力が入る事によって膀胱に溜まっている尿がすぐ外で出てしまいます。また、出産経験のある女性は子宮や膀胱を支えている骨盤底筋群が弱っているために、普通は締まった状態にある骨盤底筋群が弱り、緩む事によって尿漏れが起こります。

腹圧性尿失禁は膀胱や尿道に病変がある訳ではないので、弱っている骨盤底力群を強化する事によって防ぐ事ができます。足を30cmほど開いて膝を立てて仰向けに寝た状態で、肛門やその周辺の筋肉に5秒間力を入れて緩めるという動作を20回程度繰り返します。コツをつかむまで少し大変ですが、これを毎日続ける事で骨盤底筋群の強化をしましょう。腕の筋肉や腹筋を鍛えてもなかなかすぐには筋肉がつかないように、骨盤底筋の強化もすぐにできるものではないので、毎日継続しましょう。

 

 

 

5 前立腺肥大

男性には前立腺という器官があります。前立腺の働きは未だ解明されていない部分も多いのですが、前立腺液の分泌や排尿の機能の一部も担っていると言われています。この前立腺が大きくなってしまうのが前立腺肥大で、前立腺肥大が起こると、前立腺が尿道や膀胱を圧迫し、頻尿や尿の出が悪くなるなどの症状が現れます。

前立腺肥大には男性ホルモンが関係していると言われており、この男性ホルモンの分泌を抑えることにより前立腺肥大の進行を遅らせる事ができると考えられています。

前立腺肥大は尿道から造影剤を入れ、X線検査をする事によって診断します。

前立腺肥大の治療には抗男性ホルモン剤を投与する事によって行いますが、性欲の減退等の副作用が出る事があります。

そこで頻尿サプリとして注目されているのがノコギリヤシで、前立腺肥大の原因となっている男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を阻害する成分が含まれているため、前立腺肥大の改善に効果があると言われています。ノコギリヤシのサプリメントを試してみるのもよいと思います。

6 サプリメントの活用

トイレの回数が増えたり、尿意に悩まされるようであれば、サプリメントの使用を考えてみてもいいかもしれません。トイレが近くなったり、尿漏れが起こる原因をこれまで見てきましたが、もちろん原因に合わせたサプリメントの使用をしなければ効果は得られません。まずは、自分の状態を上記に当てはめて考えてみましょう。

男性の前立腺肥大に効果があると言われているのがノコギリヤシです。

ノコギリヤシは北米南東部に自生する植物で、古くからインディアンが経験的に精力回復や滋養強壮のために用いていました。日本ではノコギリヤシは医薬品としては認められていませんが、 ジヒドロテストステロンの生成を阻害する成分が含まれていることから、前立腺肥大に効果があると考えられています。

尚、頻尿に関しては前立腺肥大を原因とする場合に効果があり、女性には前立腺がないので効果はないのでですが、ジヒドロテストステロンの生成を抑える事により、女性ホルモンの活動が活発になり、ホルモンバランスを整える効果はあるようです。

ノコギリヤシには皮膚が過敏になったり、吐き気、自立神経の乱れ等の副作用が報告されていますが、発現頻度はまれ(5%未満)のようなので、そこまで気にする必要はないと思います。

精力回復や滋養強壮にも効果があると言われているサプリメントなので、気になった方は是非試してみてください。

7 排尿日誌をつけてみよう

少し面倒ですが、ご自身の排尿の状況を把握するために、排尿日誌をつけてみましょう。3日間つけると大体どんな状況かが見えてきます。起きている間だけでなく、寝ている間の分も記録する事が必要です。

冒頭に書いた通り、起きている間に8回以上、寝ている間に2回以上トイレに行くと頻尿と言っていいと思います。

排尿日誌から、例えば尿意が頻繁にあり、1回あたりの排尿の量が少ない場合は過活動膀胱を疑うといったような、自分の状況が見えてきます。

尿路感染症のような病気が疑われるような場合は、すぐに病院を受診しましょう。

尿の量をきちんと計測して記録するのが一番よいのですが、難しい場合は感覚でコップ〇杯のような記録でも構いません。

排尿日誌の雛形を載せておくので、利用して記録してみてください。

-------------------------------------------------------------------

排尿日誌

〇〇月〇〇日

起床 〇〇:〇〇

就寝 〇〇:〇〇

時刻    尿量   急な尿意    漏れ    備考

7:00   110ml       〇       ×     排尿痛があった (例)     

-------------------------------------------------------------------