RanQ


【入門・初心者向け】漫画の描き方を学べるおすすめの本3選

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 99View

 

「よし、漫画を描こう!」

 

と思っても、いざ描こうとするとペンが動かないものです。

 

勉強に効率的なやり方があるのと同じく、

漫画にも描き方というものが存在します。

 

今回は漫画を初めて描くという初心者の方向けに、3つの本をご紹介します!

 

1 マンガのマンガ 初心者のためのマンガの描き方ガイド コマ割りの基礎編

 

Amazonで詳細を見る

 

 

漫画家デビューをしたいと思ったらまず読むべき本がこちらです。

 

漫画というのは何でもゼロから作り上げるというわけではなく、

漫画を描く上でのルールというものが存在します。

 

こちらの本は、そのような様々なルールを解説しています。

 

初心者の方が初めて漫画を描く上で、

特に重要となるコマ割りについて徹底解説してくれています。

 

漫画ハウツー系の本はたくさんありますが、

この本は単純だけど見落としがちな本質的な部分に焦点を当てています。

 

2 【マンガ】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>

 

Amazonで詳細を見る

 

 

こちらはシリーズ本で、この本の他に

「体の描き方編」

「手の描き方編」

があります。

 

漫画を始めて間もない頃は

「たくさん描く」ことよりも先に、

頭で理解する」ことの方が大切です。

 

現時点で

 

「自分は下手だ。センスがないんだ。」

 

と思っている方は、

その原因を十分に深く分析できていないかもしれません。

 

この本では、漫画を描く上で不可欠な

自分の頭で考えて漫画を描く技術

を学ぶことができます。

 

3 マンガの描き方―似顔絵から長編まで

 

Amazonで詳細を見る

 

 

あの”手塚治虫”が「マンガの描き方」について書き綴った本です。

 

漫画の神様と言っても過言ではない手塚治虫が、

 

「今まで描いたこともなかった人」

 

を対象に、

 

・基本的な考え方

・絵の描き方

・アイデアの出し方

 

などを惜しみなく教えてくれます。

 

1977年初版で、今や古典となりますが、

書かれている内容は現在も色褪せることなく

エッセンスがぎっしりと詰まっています。

 

本気でプロを目指す漫画家は

必ず持つべき1冊と言えるでしょう。

 

4 最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

センスだけで漫画を描ける人は、ほんの一握りの天才だけです。

 

ほとんどの漫画家は

しっかりと漫画の描き方の基本を学んでいます。

 

今回ご紹介した本で、漫画を描くための基礎力を身につけましょう!