RanQ


仕事に疲れた時にオススメ!元気が出る漫画5選

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 353View

最近「少し疲れたな」「元気が欲しい」と感じる方にぜひ読んでもらいたい漫画を5つ厳選しました。

今回紹介する漫画はかなり自信のあるチョイスなので、ぜひ読んでみてください!

1 宇宙兄弟

 

兄は、優秀だが自分の能力を信じられず、ネガティブ思考に陥りがちな青年・ムッタ。
ムッタは失業という挫折のさなか、幼い頃に弟と誓い合った夢を取り戻し、 「宇宙飛行士になる」という夢をすでに叶えていた弟・ヒビトの後を追い始める。
弟の背を追う形で、数々の困難を乗り越えて、宇宙飛行士になったムッタ。
ヒビトは日本人初のムーンウォーカーになるも、宇宙飛行士になってからはじめての大きな挫折を経験し兄をはじめとする周囲の人に支えられて、必死に乗り越える。
「俺らは生きて、二人で月面に立とうぜ」 兄は先に行く弟に導かれ、弟が立ち止まった時には兄が優しく背中を押し、二人は「夢の続き」に向かって走り続ける。

(出典:https://koyamachuya.com/about-space-brothers/synopsis/)

幼い頃から宇宙飛行士になることを目指す、兄弟のムッタとヒビト。

この物語の肝は、兄のムッタよりも弟のヒビトが先に宇宙飛行士になってしまったことです。

普通に考えると弟が先に夢を叶えてしまうなんて、兄としては面白くないですよね。

ただ、兄のムッタは弟のヒビトにはない人柄や能力を持っています。

ムッタとヒビトが力を合わせて困難に立ち向かう姿に心打たれるでしょう。

2 弱虫ペダル

 

千葉県立総北高等学校の新入生・小野田坂道はアニメやゲーム、漫画や秋葉原を愛するオタク少年。中学時代にオタクの友達ができなかった彼は、高校こそは友達を作るためアニメ・漫画研究部に入ろうとするが、部員数減少のため活動休止中であると知り、活動再開に必要な部員数を集めようと思い立つものの、部員は集まらなかった。

そんなとき坂道は、同級生の今泉俊輔から自転車レースを挑まれる。中学時代に自転車競技で活躍していた今泉にとって、学校裏の斜度20%以上の激坂をママチャリで、しかも歌いながら登坂する坂道は“信じがたい光景”であった。「坂道が勝てばアニ研部に入っても良い」と今泉に言われ、勝負を受けた坂道だが、あと一歩のところで惜敗する。それから数日後、坂道は関西から引っ越してきたばかりの少年・鳴子章吉と友人になる。鳴子は中学時代に自転車競技で活躍しており、ひょんなことから坂道はその実力を知ることになる。

2人との出会いで今までに経験したことのなかった“自転車で速く走る楽しみ”を見出した坂道は、アニ研部の部員集めを諦め、自転車競技部に入部する。小学生のときから自転車で秋葉原に通い続けていた坂道は、知らず知らずのうちに上り坂に強いクライマーとしての基礎能力が鍛えられており、その資質を見出されたことから、先輩部員でクライマーの巻島裕介の指導を受けることになり、才能を開花させていく。

(出典:wikipedia

主人公の小野田坂道は典型的なオタクです。

しかし、自転車レースの才能を開花させ、自転車レースに没頭し、いつの間にか周りのライバルと熱烈な戦いを繰り広げることとなります。

主人公もライバルもみんなが「勝利」を目標に、全力で立ち向かっていく青春漫画です。

3 銀の匙

 

舞台は農業高校
北海道に所在する大蝦夷農業高等学校(おおえぞのうぎょうこうとうがっこう、通称:エゾノー)は、農業に従事することを目指す農家の子供が多く通う学校であった。

主人公、八軒 勇吾は農業に感心がないのに、寮があるという事だけで入学を決めてしまう。
そんな主人公が農業を通じて成長し、青春を謳歌する日々の物語!

(出典:matome.naver

主人公の八軒勇吾は高校受験に失敗し、仕方なく北海道にある農業高校「大蝦夷農業高等学校」に入学します。

はじめは、大学受験では失敗しないよう、受験勉強に一直線の八軒でしたが、友達や先生との交流と通して、受験以外にも大切なことがあるということを学んでいきます。

農業と青春という新しい組み合わせで、従来の青春漫画とは一線を画します。

4 男子高校生の日常

 

「男子高校生よ、バカであれ。」
真田北高校(男子校)に通うタダクニ、ヒデノリ、ヨシタケを中心に、とてつもなくバカだけど、なぜか愛らしい男子高校生たちが繰り広げるハイスクールリアルライフコメディ!

(出典:http://www.danshinichijyo.net/introduction/)

1話完結型の男子高校生の生活をテーマとしたギャグ漫画です。

登場人物はほぼ男子高校生で、シュールかつほのぼのとした笑いが特徴です。

男子高校生のおバカ全開な日常に、自然と元気が出てきます。

女子高生中心のありふれた漫画とは違い、独自の路線で面白さを追求する作品です。

5 銀魂

 

『銀魂』は、空知英秋が描くSF時代劇マンガ。コメディ色の強い作風と、人間味溢れるキャラクターが魅力の大人気作品だ。
剣道場の跡取り息子・志村新八と破天荒な侍・坂田銀時の出会いから物語は始まる。銀時が営む便利屋“万事屋”で働くことになる新八。やがて、戦闘種族・夜兎族の神楽、巨大犬・定春といったキャラクターが加わり、彼らを中心に物語は進んでいく。

(出典:http://music-book.jp/comic/news/news/136056)

宇宙人が黒船に乗ってやってきた架空の江戸が舞台という斬新な設定のコメディ漫画です。

新撰組など、登場人物はほとんど歴史上の人物を参考にしており、彼らが繰り広げるギャグの数々はお腹を抱えて笑ってしまうものばかりです。

ギャグ要素が大半を占めますが、シリアスな話もあり、命をかけて大切なものを守ろうとする登場人物たちの生き様がなんともかっこいい。

長年愛され続ける理由がよくわかる王道ジャンプ漫画です。