RanQ


ビジネスマン必読!オススメ漫画5選

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 295View

日々忙しく働くビジネスマンのあなたは、漫画を読みますか?

このサイトに行き着いたということでしたら、きっと自分のスキルを高めたいと思っているはずです。

そのために、ビジネス書などを読んだりしているのではないでしょうか。

「漫画なんて読む暇があったら、ビジネス書や自己啓発本を読むよ」と思うのはもったいない!

実は漫画を読むことによって、ビジネス書とはまた違った学びを得ることができるのです。

今回はビジネスマンが読むべき漫画を5つご紹介します!

1 オススメ漫画①:バクマン

 

中学三年生の文才ある真城最高と絵の天才高木秋人が、週刊少年ジャンプの共同漫画家となり、最大のライバル・新妻エイジに果敢に立ち向かっていく青春漫画です。

この漫画の主人公は中学生ですが、読んでいくと、そんなことも忘れてしまうぐらい、彼らの熱意や信念に引き込まれていきます。

仕事で少しつまづいてしまった時に、彼らのような情熱を持ってもう一度頑張ろうと思える作品です!

 

2 オススメ漫画②:サラリーマン金太郎

暴走族集団・八州連合の元ヘッド矢島金太郎はひょんなことがきっかけで、ヤマト建設という会社に社員として入社します。

金太郎は「サラリーマンとはこうあるべき」という枠を飛び越え、大胆な行動をとり、困難に立ち向かっていきます。

今世の中のサラリーマンは皆同じ行動をとり均質化しています。

金太郎の生き様を見て、そこから自分の仕事にも応用できれば、同期よりも頭一つや二つ飛び抜けることができるかもしれません。

3 オススメ漫画③:働きマン

主人公の松方弘子は28歳で独身、週刊『JIDAI』編集部の女性編集者です。

上司・部下とともに奮闘しながら、良い雑誌を作るため、寝食を忘れるほど「働きマン」となります。

女性ならではの悩みや不安、ジレンマにぶつかりながらも、一生懸命な主人公に「働くとは何か」を教えられます。

特に、働く女性にとって共感できる部分が多くありますので、ぜひ一度読んでみてください!

4 オススメ漫画④:闇金ウシジマくん

アニメ化や実写映画化されたため、知っている人も多いのではないでしょうか。

主人公の牛島は闇金業者の社長で、様々なバックグラウンドを持つ債務者たちに対して鬼のような仕打ちを行い、何としても返済させようとします。

闇金の話なんか仕事に役立たないという先入観は捨ててください!

この物語に出てくる債務者と主人公のやり取りを通じて、「人生とは何か」、「お金とは何か」といった本質の部分を見直すきっかけとなるでしょう。

5 オススメ漫画⑤:まんがでわかるシリーズ

「漫画でわかる 地頭力を鍛える」など、ビジネス書の名作を漫画でわかりやすく解説しています。

このシリーズの良いところは、何と言っても絵とストーリーによって記憶に残りやすい点です。

ビジネス書を何冊も読んでいると、過去に読んだものを忘れてしまうことはありますが、絵とストーリーを駆使した漫画ですと長期記憶に残り、また内容も要点だけに絞られているので、効率よく学ぶことができます。