RanQ


光脱毛と医療脱毛の効果の違いとは?おすすめサロン3選も紹介

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 110View

光脱毛は女性に人気の脱毛方法の1つです。メラニンという細胞に光を当てることで、少しずつムダ毛を生えにくくします。パワーが弱いものの、時間をかければムダ毛はほとんど気にならないレベルまで脱毛できます。

しかし光脱毛といってもどんな仕組みで脱毛できるのか、他の脱毛方法と何が違うのか分かりませんよね。さらには本当に効果があるのか、光脱毛はどのサロンでできるのか、疑問が膨らみます。

そこで今回は、

・光脱毛とは
・光脱毛のメリットやデメリット
・光脱毛が向いている人
・光脱毛を受けるサロンの選び方
・おすすめのサロン3つ

をご紹介します。この記事を読んで、光脱毛についてざっくりと理解しましょう。
 

1 光脱毛とは?

光脱毛とは、肌に優しい脱毛方法の1つです。永久脱毛はできませんが、少しずつムダ毛を生えにくくしてくれることが特徴です。

▲光脱毛は毛根のメラニンに反応して、少しずつムダ毛を生えにくくする
光脱毛は、メラニンに脱毛効果のある光を当ててムダ毛を減らします。この仕組みは、医療レーザーによる脱毛と同じです。

しかし光脱毛では、毛根にあるムダ毛を生やす細胞を破壊まではしません。光がメラニンに反応することで、ムダ毛を生えにくくします。

というのも、メラニンと光が反応すると、熱が発生します。この熱によってムダ毛が生える細胞はダメージを受けます。ダメージを受けることで再生に時間がかかり、ムダ毛が少しずつ生えにくくなるのです。

さらに、メラニンは肌にはあまり存在せず、ムダ毛部分のみにしか存在していません。そのため、腕や足に光を当てても反応せず、肌にはダメージを与えずに脱毛ができるのです。

光脱毛は、基本的にはサロンで行うことができます。

 

▲光脱毛の種類
光脱毛には、3種類あります。

・SSC脱毛
肌にジェルを塗って、そこに光を当てることでムダ毛が生えるのをおさえる方法。

・IPL脱毛
毛根のメラニン色素に反応して、熱で毛根からムダ毛を生えにくくする方法。

・ハイパースキン法
肌の浅い部分にある体毛の元になる細胞に光でアプローチして、ムダ毛を生えにくくする方法。

光脱毛といってもそれぞれ方法が異なります。一般的には、SSCとIPLを使う脱毛サロンが多いです。

 

▲光脱毛が完了するまでの回数と料金の目安
光脱毛は、平均回数や料金などは、以下の通りです。

【脱毛完了までの平均回数】10〜12回・2年間
【料金の目安】20〜40万円

光脱毛は、レーザーなどの他の脱毛方法と比べると、時間がかかります。照射範囲が広いため、1カ所に当たる光のパワーは弱いです。肌にダメージは少ないものの、1、2回でムダ毛を一気に生えにくくすることはできないため、平均2年間は通い続ける必要があります。

ただし、料金は安いです。医療レーザーなどクリニックで行うと、平均50万円以上かかるところも。お財布に優しい脱毛方法です。

 

▲1回の光脱毛でムダ毛が抜ける期間の目安
光脱毛は12回ほど通うと、ムダ毛はほとんど気にならなくなります。しかし、1回目の脱毛から必ずムダ毛がなくなるわけではありません。初めて脱毛したときは、ムダ毛がなくなるまで3〜4週間は必要だと言われています。

脱毛サロンで施術をした後、少しムダ毛が肌に残っていることがあります。これは、奥に埋まっていたムダ毛が光を当てたことで、表面に出てきたから。「ムダ毛がなくなっていない!」と焦りますが、光脱毛の効果が表れている証拠でもあるのです。

光脱毛は特にパワーが弱いため、はじめは4週間近い時間が必要なようです。無理に抜かずに、ムダ毛がなくなるまで根気強く待ちましょう。

 

2 光脱毛のメリットとデメリット

次に、光脱毛のメリットとデメリットをお伝えします。

▲メリット
光脱毛には、以下のようなメリットがあります。

・費用が安い
・痛みが少ない
・脱毛だけではなく美容効果が見込める
・施術時間が短い
・店舗数が多くて通いやすい

光脱毛は、照射範囲が広いため痛みはあまりありません。1カ所にかかるパワーが弱いため、ダメージが少なく、痛みもあまり感じずに脱毛できます。さらに、施術時間も1回につき平均60分(全身の場合)。照射範囲が広いために、短い時間でも一気に施術ができるのです。

 

▲デメリット
反対に、光脱毛には以下のようなデメリットがあります。

・通う回数や期間が長い
・永久脱毛の効果はない
・シミやほくろには脱毛できない

光脱毛は肌に優しい分パワーが弱く、数回の脱毛ではムダ毛を生えにくくすることはできません。そのため脱毛方法の中でも「時間がかかる」「通う回数が多い」と言われています。またパワーが弱いため、永久脱毛の効果も期待できません。あくまでも減毛や除毛であり、脱毛完了から数年たつと、また少しムダ毛が生えてくることもあります。

肌に優しくダメージが少ない分、時間がかかったり、永久脱毛は期待できなかったりといったデメリットがあります。
 

3 光脱毛と医療脱毛を徹底比較

光脱毛はよく医療脱毛と比べられます。そこで、この2つはいったい何が違うのか、徹底的に比較します。

 

▲医療脱毛とは?
まず医療脱毛とは、レーザーで毛根を破壊してムダ毛を生えなくする脱毛方法です。レーザーで毛根にある細胞を壊すことで、ムダ毛の成長がストップします。

レーザーによる脱毛は、医療行為に当てはまります。現在の日本では、医療行為は専門家である医師しかできません。そのため医療脱毛は、基本的にはクリニックのみで受けることができます。

 

▲医療脱毛のメリット
医療脱毛には、以下のようなメリットがあります。

・永久脱毛の効果が期待できる
・通う回数が短い

医療脱毛には、永久脱毛の効果があります。そのため継続して通えば、完了する頃にはほとんどムダ毛が生えなくなっています。また、レーザーのパワーが強いため1回の脱毛で感じる効果が高いです。そのため少ない回数でも脱毛でき、光脱毛よりは通う回数が短いことが魅力です。

 

▲医療脱毛のデメリット
医療脱毛には、デメリットもあります。

・痛みがある
・料金が高い

医療脱毛は光脱毛と違い、照射範囲がせまく、レーザーのパワーが強いです。そのため肌にも負担がかかり、多くの人が「痛い」と感じています。また専門家による脱毛であること、短い期間で高い効果があることから、料金は高額。基本的には50万円以上は必要だと考えてください。

 

▲光脱毛と医療脱毛は「脱毛効果の持続する期間」が違う!
光脱毛と医療脱毛の決定的な違いは、「脱毛効果がどれくらい持続するか」ということです。

医療脱毛は、1度脱毛が完了すればほとんど永久脱毛に近い効果を得ることができます。医療脱毛の後はほとんどムダ毛が生えず、お手入れの手間は減少。

反対に、光脱毛は脱毛が完了してから2、3年後に「ムダ毛が少し生えてきた」という声があがっています。

というのも、先ほどもご紹介したように光脱毛は「あくまで減毛や除毛効果のある方法」です。パワーが弱いこと、毛根にある細胞を破壊しないことから、永久に脱毛できるわけではありません。

しかしパワーが弱い分、肌へのダメージはほとんどありません。さらにサロンによっては、施術の後に美肌ケアをしてくれることも。脱毛効果は短いですが、肌が荒れることは少ないはずです。
 

4 光脱毛は「肌が弱い」「安い料金で脱毛したい人」におすすめ

光脱毛は

・肌が弱い、敏感肌
・なるべく安く全身脱毛をしたい

という人におすすめです。

先ほどもご紹介したように、医療脱毛などのパワーが強い方法は、肌荒れや炎症を起こすことがあります。敏感肌や肌が弱ければ、よりダメージを受けやすいです。対して光脱毛は、パワーが弱く、1度に広い範囲へ照射するため、1カ所にかかるダメージが分散。炎症を起こしにくく安心なのです。

また光脱毛は、医療脱毛よりも10万円近く安い料金設定です。10万円というと、旅行に行けちゃうくらいの金額。しっかりとした効果よりも、安い料金を重視する人にはおすすめです。
 

5 光脱毛をサロンで受けるときの注意点

光脱毛は肌に優しくて安心できる脱毛方法ですが、いくつか注意点があります。

・ムダ毛の生える周期を考えて施術する
・ほくろ周辺の脱毛は避ける
・脱毛直後に自己処理をしない

という3つをそれぞれご説明します。

 

▲ムダ毛の生えるサイクルを考えて脱毛する
光脱毛には、ムダ毛が生える「毛周期(もうしゅうき)」というものが深く関係しています。

毛周期には、以下のようなサイクルがあります。

【成長期→退行期→休止期→成長初期】

この4つのステップを繰り返して、ムダ毛が生えてきます。脱毛で処理できるムダ毛は、皮膚の表面に出ているムダ毛のみ。そのため処理した日が退行期や休止期であれば、脱毛しても処理できるムダ毛がありません。せっかく通ったのに、まったく効果がない状態になってしまうのです。

脱毛サロンに通うのは、できれば成長期や成長初期にしましょう。初めて通う日を、皮膚の表面から目に見えるムダ毛が生えているときに設定すれば安心です。そこから1カ月半〜2カ月の間隔をあけてサロンに通えば、常に成長期に脱毛できるはずです。

 

▲光脱毛ではほくろ周辺の脱毛は避ける
光脱毛の光は、黒い色素に反応します。これがメラニンに反応することにつながりますが、同じ黒い色であるほくろには、光を当てることができません。もしも当てた場合、強い痛みを感じるでしょう。

そのためサロンでは、ほくろ部分にシートを貼って隠しながら施術します。不安な場合は、ほくろがある箇所をサロンのスタッフさんに伝えておきましょう。

 

▲サロンで脱毛した直後は、自己処理をしない
サロンで脱毛した直後、なるべく自己処理は避けてください。肌にダメージを与える可能性があります。

もしも自分で処理する場合は、電気シェーバーを使ってください。カミソリは皮膚へのダメージが強く、そもそもムダ毛処理に向いていません。脱毛直後の肌がデリケートなときには、なおさら控えた方が良い方法。冷やしたり保湿したり、肌を守ることを意識してください。

ただし脱毛サロンに通う日の、4〜7日前に長いムダ毛を剃ることは問題なく、むしろおすすめです。ムダ毛が短い状態の方がしっかりと脱毛できるため、ある程度の処理は行いましょう。
 

6 光脱毛の効果が出ない3つの原因

パワーが弱い光脱毛でも、しっかりとムダ毛を生えにくくできます。しかし効果には個人差があり「あまり効果がないかも……」と感じる人も多いようです。そこで、脱毛効果を感じることができない原因である

・埋没毛
・薄毛
・日焼け

についてお伝えします。

 

▲埋没毛
埋没毛とは、皮膚の下に埋まってしまったムダ毛のこと。埋没毛に光脱毛を行っても、ムダ毛を処理することは難しいです。

脱毛の光は、あくまで皮膚の表面にあるムダ毛に効果のあるもの。埋没毛は皮膚の下に埋まってしまっているため、光脱毛では届かないのです。埋没毛は毛根まで届く医療レーザーであれば、処理ができます。

「医療レーザーはしたくないけれど、埋没毛は気になる……」ということであれば、スクラブなどで角質を落とす方法がおすすめ。角質が落ちれば毛穴がひらき、埋没毛が出やすくなります。

 

▲薄毛
薄毛の方は、光脱毛の効果が感じにくいことがあります。薄毛だと、黒い毛の面積がせまく、光が反応しにくいからです。

薄毛の方は、特に毛周期に気をつけてみてください。毛がよく生える時期であるほど、しっかりと脱毛効果が現れるはずです。

 

▲日焼けをしている
日焼けをしている方は、脱毛自体をあまりおすすめできません。日焼けで肌が黒くなると、痛みを感じやすいからです。

光脱毛は、メラニンなどの黒い色に反応します。そのため肌が黒い状態だと、本来は痛みを感じない肌にまで光が当たり、痛みが増加。さらには光がムダ毛だけでなく肌にも当たるため、もともと弱いパワーが分散して、さらに弱くなってしまうのです。

パワーが弱くなれば、それだけ効果も薄れてしまいます。脱毛を考えている方は、日焼け止めを塗ったり日傘をさしたり、肌を焼かないようにしましょう。
 

7 光脱毛を受けるサロンの選び方

ここからは、光脱毛を受けるサロンの選び方をお伝えします。選ぶ際は

・料金や回数
・脱毛できる部位
・予約の取りやすさ

をチェックしましょう。

 

▲料金や回数
同じ光脱毛であっても、料金や回数はサロンごとに違います。なるべく回数が12回以上のプランを、料金は自分の予算に合わせて選んでください。

回数が多ければ多いほど、納得できるまで施術を受けることができます。中には1度料金を支払えば、通い放題になるサロンもあります。脱毛が完了しても、数年後にはムダ毛が生えやすい光脱毛だからこそ、チェックしておきたいポイントです。

 

▲脱毛できる部位
基本的にどこのサロンも、全身の脱毛ができます。しかしサロンによって、VIOラインを含んでいないところもあるのです。

VIOはデリケートな部分のため、受け付けていないサロンも中にはあります。もしくは、全身脱毛とは別に、追加料金が発生することも。この部分の脱毛を希望するならば、全身脱毛のプランに入っているかどうか、そもそも脱毛できるのかをしっかりとチェックしましょう。

 

▲予約の取りやすさ
最後にチェックしてほしいのは、予約の取りやすさです。脱毛はいまとても人気があるため、サロンによってはなかなか予約が取れません。スムーズに予約するためにも、ウェブから予約できるサロンがおすすめです。

電話で予約しかできないサロンだと、何回も日程の調整をする必要があり、手間がかかります。しかしウェブからであれば、いつでも予約できる上に、予約の取れる日時がすぐに分かります。サクッと予約するためにも、ウェブから予約ができるサロンを選びましょう。
 

8 おすすめ脱毛サロン3つを徹底比較

最後に、おすすめのサロンを3つ比べます。今回は

・キレイモ
・銀座カラー
・ミュゼプラチナム

をご紹介します。

 

▲キレイモ


キレイモは芸能人も通う人気のサロンです。顔やVIOを含む全身脱毛ができ、まんべんなくムダ毛をなくすことができます。さらには24時間いつでも、ウェブから予約が可能。日時の決定から脱毛まで、スムーズに行うことができるサロンです。

料金や回数は以下の通りです。

【キレイモの詳細】
料金:月額9,500円・総額228,000円
通うペース:2カ月に1回
期間:2年間
対象範囲:全身33か所(全身+顔+VIO)

 

➡︎今すぐキレイモの詳細を見てみる

 

 

▲銀座カラー


銀座カラーは料金が安いことで人気の脱毛サロンです。月額料金はなんと、たったの6,500円。この金額で全身とVIOの脱毛ができてしまうのです。

さらには施術時間が短いことでも好評を得ています。仕事終わりなど時間がないときでも、サッと脱毛が可能。なるべく料金をおさえたい、短い時間で脱毛したい人におすすめです。

【銀座カラーの詳細】
料金:月額6,500円・総額197,650円
通うペース:約2カ月に1回
期間:約1年間
対象範囲:全身22箇所(全身+VIO、顔は対象外)

 

➡︎今すぐ銀座カラーの詳細を見てみる

 

 

▲ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナムはキャンペーンや割引の多いサロンです。なんと初めて脱毛する1回目のみ、100円で全身の脱毛が可能!さらに全体の料金も、アプリをダウンロードすれば半額に変更となります。

安いだけでなく、脱毛方法もssc方式を採用しているため、痛みが特に少ないです。初めての脱毛で不安、料金をおさえたいという人におすすめのサロンです。

【ミュゼプラチナムの詳細】
料金:月額8,400円・総額252,000円
通うペース:2 カ月に1回
期間:2年間
対象範囲:全身22箇所(全身+VIO)

 

➡︎今すぐミュゼの詳細を見てみる

 

 

以上、光脱毛の解説とおすすめサロンでした。最後に、よくある質問をいくつかご紹介します。サロンに行く前に読んで、不安を吹き飛ばしましょう。
 

9 光脱毛に関するQ&A

よくある質問として、脱毛後の肌の炎症と、サロンの勧誘についてお伝えします。

 

1.施術後に肌がかゆい!脱毛はやめるべき?
肌がかゆい、痛いなど炎症が出ているとき、無理に脱毛を継続する必要はありません。しばらくストップして、炎症がおさまってから再開しましょう。

光脱毛は肌に優しいものの、絶対に炎症がないわけではありません。特に生理前など、肌が不安定な時期は、荒れやすくなっています。かゆいときは冷やす、保湿するなどケアをして、様子を見ましょう。乾燥でかゆくなることも多いため、保湿は特にしっかりと行ってください。

 

2.サロンから無理な勧誘はない?
脱毛に行く前の不安として、「無理な勧誘がこわい……」という声があります。しかし最近は、ほとんどのサロンで無理な勧誘を禁止しています。

もしも無理な勧誘を受けた場合は、「いま支払いできる余裕がない」など、お金の用意が難しいことを伝えましょう。さすがに無理にお金を用意させてまで、契約させるサロンはありません。無理な勧誘を嫌だと感じたら、ハッキリとNOを伝えましょう。

基本的には優しいスタッフさんばかりなので、安心して施術を受けてくださいね。
 

10 光脱毛は肌に優しくて炎症も少ない方法!美肌をキープしたい人におすすめ

光脱毛は、色素であるメラニンに光を当てて、ムダ毛を生えにくくする脱毛方法です。光脱毛には、

・費用が安い
・痛みが少ない
・脱毛だけではなく美容効果が見込める
・施術時間が短い
・店舗数が多くて通いやすい

というメリットがあり、肌が弱くても安心。一方で、

・通う回数や期間が長い
・永久脱毛の効果はない
・シミやほくろには脱毛できない

というようなデメリットもあります。あくまで減毛や除毛となる脱毛方法のため、永久脱毛の効果は期待できません。脱毛が完了してから2〜3年たつと、またムダ毛が生えることもあるようです。

 

今回おすすめのサロンとして、

・キレイモ
・銀座カラー
・ミュゼプラチナム

の3つをご紹介しました。どれもおすすめのサロンですが、自分にあったサロンを見つけるために、

・料金や回数
・脱毛できる部位
・予約の取りやすさ

といったポイントをチェックしてみてください。自分の予算や脱毛した部分が納得できるものであれば、1度カウンセリングに申し込んでみましょう。

光脱毛は時間がかかりますが、料金が安くて肌へのダメージが少ない方法です。初回のみ格安のサロンもありますので、気軽にサロンを訪ねてみてくださいね。