RanQ

Mincissez en beaute bslim

痩せるためにはこれだけで十分!!たった5つのダイエット法

  • Thumb thumb illust 52
  • 17
  • 1578View

 

今年もすでに春。春ということはその次に来るのは夏です。夏はプールや海など水着を着る機会も多く、何かと露出が増えます。半袖やノースリーブを着ることも多く、体型が一気にバレてしまうのが不安ですね。

夏になっていきなりダイエットしようとしても、いきなり体は美しくなりません。そう、春のうちにダイエットをしておかないと間に合わないのです。今のうちから綺麗な体を作って、夏に備えましょう。

色々なダイエット法が今までにたくさん流行ってきましたが、その中で本当に効果のあったものってどのくらいでしょう?ただ、真新しいことをしても効果はありません。効果があって、なおかつちゃんと続けられるものでなければいけません。

自分の力で、無理なくきちんと続けられるダイエット法をご紹介します。

ダイエットの初めは目標を考えること

ダイエットをする前に!

あなたはどのくらい痩せたいですか?どんな体になりたいですか?
とりあえず痩せたいでは結果は出ません。具体的にどのくらい痩せたいのか、どんな体になりたいのか、それをいつまでに達成したいのかを決めましょう。

ダイエットで一番大事なポイントは最終的な目標を明確に設定することです。ダイエットは決して楽なものではありません。運動をしなければいけないときも、食べるのを我慢しなければいけないときもあります。そんなとき、頑張れるかはしっかりと明確な目標があるかにかかっています。

 

不摂生は最大の敵!

ダイエットでまずやってはいけないのは暴飲暴食、寝不足といった不摂生です。ダイエット以前に健康によくない上に、10日の努力が1日で台無しになってしまいます。

まず、通常の生活の中の不摂生を見直しましょう。特別なことをするよりも、日々の中での体に負担のかかる行為を減らすことは大事です。ちゃんと毎日決まった睡眠はとっていますか?1日にたくさん食べたりしていませんか?
こういったことを見直すのが大事です。

 

食事制限

ダイエットには食事制限と適切な運動が必要、とよく言われていますが、なぜ食事制限が重要になってくるのでしょうか。

それはダイエット成功の仕組みはとてもシンプルで、消費カロリーマイナス摂取カロリーの値が大きければ大きいほど痩せるからです。そのためには、消費カロリーを抑えるのが大事になるのは分かりますね?

とはいえ、人間はしっかりと栄養をとらなければ体に支障をきたします。しっかり食事は摂る、でも摂取カロリーは抑えなければいけません。
そのためにはどうすればいいのか?

答えは簡単です。筋肉の基となるたんぱく質をしっかり取り、バランスよく栄養を取ればいいのです。食事を制限する、というよりも必要な栄養素をとっていくという考え方をしましょう。その中で、糖質の少ないものを選んで必要な栄養素をとるようにしましょう。

炭水化物を多くとると、そこには糖質が含まれています。白米やパンなどの炭水化物はできるだけ避けましょう。しかし、朝はできるだけ炭水化物をとってください。1日のエネルギーが脳に回るためには糖質が必要です。逆に、夜は炭水化物を抜いても構いません。

しっかりと、健康的に摂取カロリーを抑えましょう。

筋肉なしにダイエットの成功なし!

ダイエットを成功させるなら筋トレは必ず必要です。同じ体型なら、筋肉質の人の方が太りにくく痩せやすいです。
それはなぜかというと、脂肪よりも筋肉の方がエネルギー消費量が多いからです。筋肉量が多いほど、基礎代謝でエネルギーを消費するため痩せやすくなります。

でも、筋肉をつけたら太くなってしまう…
そう思いませんか?実はこれは間違いです。筋肉をつけて太くなるほどには相当な量の筋力トレーニングを必要とします。そう簡単に太くはならないので心配しないでください。むしろ、筋肉がない方がお肉が垂れるだらしない体になってしまいますよ。

最初は自重(器具などを使わずに、自分の体重を利用すること)でトレーニングをしましょう。
オススメは背筋(背中の筋肉)、腹筋(お腹の筋肉)、大腿四頭筋(ふとももの筋肉)、胸筋(胸の筋肉)、大殿筋(お尻の筋肉)といった具合に大きな筋肉を優先的にやることです。大きな筋肉の方が当然エネルギー消費量も増えます。

 

運動後30分はゴールデンタイム

ダイエット中の食事制限はつらいもの…
でも、運動後30分以内は好きなものを食べてもいいゴールデンタイムです。運動後の体内ではエネルギーの消費が起こっているので、その時間は食べた分が脂肪に変わることはありません。このゴールデンタイムでは、好きなものを食べても大丈夫です。

ただし、運動で消費したエネルギー以上に食べてしまうとこれは脂肪に変わりますので、気を付けましょう。

 

以上、これらをしっかり守ればダイエットは必ずうまくいきます。
夏までに理想の体を手に入れましょう!!