RanQ


「コードブルー」シーズン1・2・3の無料動画を全話視聴する方法

  • Thumb thumb illust 52
  • 282View

2008~17年に放送され、山下智久が主演を務めた、ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シーズン1・2・3の動画を無料で視聴する方法を紹介しています。

 

 

>>ここからドラマ「コード・ブルー」全シリーズが無料で見れます

1 「コードブルー」1のあらすじ

翔陽大学附属北部病院救命救急センターに、フライトドクターを目指す若き医師が赴任した。

 

自らの技術に自信を持ちながら、なお貪欲に腕を磨くことに執着する藍沢耕作。

 

ドクターヘリのノウハウを地元の救命センターに持ち帰るためにやってきた白石恵。

 

積極的かつ負けず嫌いの緋山美帆子。

 

小心者だが見栄っ張りな藤川一男の4人だ。

 

赴任初日、森本忠士に救命センターを案内された4人は、この救命センターには担当医制度はなく、スタッフ全員が、いつ何が起きても対処できるよう患者すべての病状を把握しておかなければならないと言われる。

 

するとそこに、出動していたドクターヘリが患者を搬送してくる。

 

ヘリから飛び出したのは、最年少のフライトナース・冴島はるかと、救命センターのエース・黒田脩二だった。

 

救命救急センター部長・田所良昭から4人の指導医を務めるよう言われていた黒田は、藍沢たちを見やるとこう言った。

 

「ドクターヘリではひとつのミスも許されない。ミスは、即、患者の死だ。ヘリに乗れる医師は、重圧に耐えられる精神力と腕を持った者だけ。お前ら全員ライバルだ。能力のないヤツからふるい落とされていく。いいな」と・・・。

 

そしてその日の午後、4人の中の1人がヘリに乗ることになり、黒田から「ヘリに乗って現場に行きたい者は?」と問われ4人は・・・。

 

>>ここからドラマ「コード・ブルー」全シリーズが無料で見れます

 

2 「コードブルー」2のあらすじ

あの列車事故から1年3カ月。

 

藍沢、白石、緋山、藤川の若きドクター4人が、ドクターヘリを要する翔陽大学附属北部病院に赴任してから1年半が経とうとしていた。

 

フライトドクター育成のためのフェロープログラム(専門研修制度)に参加し、ライバルとしてお互いを意識しながらも高速道路での玉突き事故や列車脱線事故など、数々の現場を通じて友情も生まれていた。

 

そんな彼らであったが、フェロープログラムもあと3カ月を残し、それぞれ卒業後の人生を考える岐路に立たされていた。

 

たった1人の肉親であり、現在は高齢者用の施設で1人暮らしを続ける祖母を持つ藍沢。

 

黒田の右腕切断の事故を通じて、職務への迷いも生まれた藍沢は、その先の人生に明確な指針を見いだせずにいた。

 

恩師である黒田の右腕切断の原因を作り、その過去と決別できずに悩む白石。

 

一方で高名な心臓内科医である父との間に生じた親子の溝に悩んでいた。

 

将来に関することでの意見の衝突を発端に、医師としての職務に関する考え方の食い違いが原因であった。

 

列車脱線事故の現場で心破裂の重傷を負った緋山は、後遺症に苦しむ事実を誰にも言えずにいた。

 

それは入院による2カ月の戦線離脱でできたライバルとの差をこれ以上広げたくないという彼女の意地と、深刻な後遺症を受け入れることへの恐怖からであった。

 

藤川は、数々の大事故現場を経験したことから、医師としての成長を実感し始め、自称“黒田チルドレン”を名乗っていた。

 

が、それは自信なのか過信なのか・・・・・・。

 

一方、そんな彼らの一番近くでともにミッションをこなし、同じく友情を深めてきた冴島はALS(筋萎縮性側索硬化症)の難病を抱える恋人との本当の別れが近いことを、悲しみとともに実感していた。

 

人生の岐路に立つ4人の若き医師と1人の看護師。

 

その物語は、再び動き出す。

 

彼らの前に橘啓輔というベテランドクターが現れたことで。

 

 

>>ここからドラマ「コード・ブルー」全シリーズが無料で見れます

3 「コードブルー」3のあらすじ

医師として10年以上のキャリアを持った彼らは、仕事もプライベートも自分の人生と向き合い始める年代に達しそれぞれの道を歩みだしていた。

 

藍沢耕作は翔陽大学附属北部病院の救命救急センターを離れ、脳外科医として研鑽を積みさらなる高みをめざし日々オペを行っている。

 

白石恵は人手不足の翔北救命救急センターで今やフライトドクターのスタッフリーダーとして奮闘していた。

 

かつてはともにフライトドクターを目指していた緋山美帆子は、翔北病院を離れ周産期医療センターで産婦人科医としての道を歩んでいた。

 

冴島はるかは、今もフライトナースとしての道を究め続けエースとして活躍中。

 

また藤川一男も白石と共に翔北救命救急センターを支える整形外科専門の救命医となっていた。

 

彼らの成長を語る上で橘啓輔の名を挙げないわけにはいかない。

 

そんな橘は救命医として活躍を続けているが現在、息子についてある厳しい局面に立たされていた。

 

橘が葛藤する理由とは・・・

 

そんな救命センターに新たにフライトドクターを目指すフェロー・名取颯馬(有岡大貴)、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)、フライトナースを目指す雪村双葉(馬場ふみか)がやってくる。

 

フェローたちは使いものにならないと救命センターの誰もが嘆く中、白石は人材不足の中、彼らを戦力にするしかないと必死に育てようと努力する。

 

脳外科医として信頼を既に得ている藍沢には強力なライバル、新海広紀(安藤政信)が現れる。

 

脳外科では世界屈指の水準を誇るトロント大へ臨床医師として選ばれるかどうかの席を争うのであった。

 

 

>>ここからドラマ「コード・ブルー」全シリーズが無料で見れます