RanQ


転職に悩みを解決する3つのこと

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 501View

1.本当にやめなければならない理由を考える

転職を考える人に多いのが、仕事量が多く給料が安い、職場の人間関係がよくない、上司のパワハラ、セクハラが挙げられると思います。

こういう人が転職を考えるの当然のことであり、転職すべきだと個人的には思います。

しかし、あなたは今の職に対して悪い側面ばかりを考えていませせんか?

仕事にはいい面悪い面あって当然です

どの仕事であってもです

人間は悪い面ばかりを考えていると、とてもネガティブな気持ちになってします

ネガティブな思考は仕事に対するネガティブを生み出し、やめたいという気持ちを増強させます

だから、マイナスな考えから一歩引いて、いまの仕事の良い面を見つけ出し、自分なりの価値を見出すべきです

そのうえで、もう一度考えてみるべきだと思います

2.納得のいくやめ方ができるか

仕事をいままでやってきた以上は、自分を育ててくれた上司や、励ましてくれた同期ともある程度の関係は構築されているはず

どうやってこの関係を極力崩さないようにするか考えると思います

そして次の仕事が、本当に今の仕事よりも自分にとって適切なのか不安に考える人も多いと思います

次の職場の人と良好な人間関係は築くことができるのであろうか

いざ転職しようとしてもこんな風に考えて、落胆するひともいます

人間は感情に振り回される生き物です

こういう時こそ冷静に考えましょう

大切なことは、失敗したときに、それを「失敗した、どうしよう、、、、、」と一方的に思い込むのではなく、

いまはまだ慣れてないから仕方がないし、しばらくジッと耐えてみよう、とか

辛くなったら、友達や家族、自分の恋人などに、いまの心境を語って、聞いてもらう、とか

辛くなった時の支えとなるものを準備しておくことです

3.辞めてから転職までのすべきことは?

ふつうは、やめる前に転職先を決めて、気を楽にしたいところですが、

今の会社の仕事が忙しかったりと、なかなかそんなことをしている場合ではなかったすると思います

けれど、具体的に行動の計画を立てておかないと、転職まで長引いてしまいます

それに精神的な面でも不安に感じます

サッと決めてサッと転職したいですよね?

だから、会社を辞める前に具体的に、期間を設けて行動計画を練りましょう

今では、スマホ一つで転職の情報が大量に手に入りますし、掲示板などにも転職した人の口コミが書いてあり、参考にすることもできます

転職の無料相談をしている会社をたくさんあるのでそういったところへ行って相談してみるのもいいかもしれませんね