RanQ

Rs=%5eadbifiwl6mzjnkn qsnf4urunijpeo ; ylc=x3idmgrmc3qdmarpzhgdmarvawqdqu5koudjutlkvgpzzkvkrm9uclhtwtn2yzfhawhmyulgsgjvr2vvqnnrrwttsedvehhkcwoybvozmwxmlxpjbhadntv1dtq0r001nwf5ndrlttq0r2yecg9zazqec2vja3nodwrzbgsdcmk

疲れ目にやってはいけないこと

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 176View

1

疲れた時にあなたはどうしますか?うっかりと目をこすったり、市販の目薬をさしていませんか?

目をこするあなたは危険です。単純に眼球を傷つけてしまい視力の低下や目の充血、まぶたの腫れを引き起こす可能性があります。

もっと怖いのが「摩擦黒皮症」です。目の下をこするとメラニン色素が分泌され目の下が黒くなってしまう。寝不足など目の下をよくこする人たちにクマができる原因であると言われている。目の疲れを感じ、無意識に目をこすっているとメラニン色素が過剰に分泌され、目の下が暗い不気味な目つきの人間になってしまう。

次に、我々がなんの疑いもなく安全と信じてやまない市販の目薬も目にとっては好ましくない。目薬も薬であり、当然に副作用というものが伴うのだ。薬である以上は、使用はほどほどであるのがよい。

一生ものの目を大切にしたいあなたに、おすすめのリラックス方法を教えます。

パソコンやスマホを長時間利用して目がしょぼしょぼするあなたは、目の血行を良くすることが大切です。お湯で濡らして、絞ったタオルで目を覆って5分から10分ほど目を温めてあげましょう。

目のこすりすぎなどで目が充血しているあなたは、目の炎症を抑えるために冷やすことが大切です。冷たい水で絞ったタオルで目を覆うようにしましょう。ただし、冷やしすぎは注意です。

交互に温めたり冷やしたりするのも良いかもしれませんね。

目の体操もするとよいでしょう。

目をギュっと閉じて開いての繰り返しを、空いた時間に1分ほど行うと凝り固まった毛様体筋がほぐれて老眼になることも防げるそうです。