RanQ


【日大アメフト反則タックル事件】その実態とは!?

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 304View

 

アメリカンフットボールの日本大学選手と関西大学の定期戦で、

 

日大の選手が関学大のクォーターバックの選手に危険なタックルをして、

 

負傷させた問題が大きく話題になっています。

 

どういった経緯でそのような事件が起こったのか、監督やコーチの指示についてもまとめてみました。

 

1 反則タックルを起こした経緯

 

 

5月3日に日大選手はプレーが悪かったとコーチから練習を外され、

 

監督からは「やる気があるかのかないのか分からないので、試合に出さなくていい。辞めていい。」と言われた。

 

 

5月4日の練習前には監督から「日本代表に行っちゃだめだよ」と、

 

今年6月に開催される大学世界選手権大会の日本代表を辞退するように言われた。

 

監督に意見を言うことができない関係だったため、理由を確認することができず、「わかりました」と答えた。

 

 

5月5日、実践練習から外された選手はコーチから

 

「監督にお前をどうしたら試合に出せるか聞いたら、相手のQBをつぶせば出してやると言われた。

 

『QBをつぶしに行くんで、僕を使ってください』と監督に言いに行け」

 

 

と言われ、さらに「相手のQBとは知り合いなのか」

 

「関学との定期戦がなくなってもいいだろう」

 

「相手のQBが怪我をして、秋の試合に出られなかったら、こっちの得だろう。これは本当にやらなくてはいけないぞ」

 

と畳掛けられたという。

 

コーチは選手と同じポジションの先輩にも「1プレー目からQBをつぶせと言っておけ」と命じており、

 

実際に選手はそう伝えられた。

 

 

この時選手は「相手をつぶすくらいの強い気持ちでやってこい、という意味ではなく、本当にやらなくてはいけないのだ」

 

と思い、追い詰められ、悩んだという。

 

そして5月6日、試合前の練習時にコーチから「今行ってこい」と言われ、

 

監督に「相手のQBをつぶしに行くので使ってください」と伝えた。

 

監督からは「やらなきゃ意味ないよ」と言われた。

 

 

さらに試合前の整列時には、コーチからも「『できませんでした』じゃすまされないぞ。わかっているな。」と念を押された。

 

そして選手は反則タックルを実行した。