RanQ


サービス残業は当たり前!?ブラック企業の実態と対策とは

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 329View

あなたの会社にサービス残業はありますか?

サービス残業が当たり前になっている会社は多くあります。

 

「残業しているのに残業代がでない」「残業が多すぎてプライベートがない」などの不満はあると思います。

 

サービス残業は違法なのに、なぜなくならないのか。

その実態と対策について詳しくご紹介していきます。

 

1 サービス残業とは?

 

 

サービス残業とは、企業が残業代を支払わずに従業員に残業をさせることです。

 

従業員の労働時間は、労働基準法で決められています。

 

 

労働基準法によれば、会社は原則として、休憩時間を除いて、

 

1日8時間、1週間で40時間

 

これを超えて従業員を働かせてはいけないとされています。

 

 

そして、会社が従業員をこれ以上働かせた場合には、時間外労働といって、残業代を支払う義務があります。

 

サービス残業は支払うべき賃金を正当な理由なく支払わない行為であるため、

 

違法であり、許される行為ではありません。

 

 

しかし、違法であるにも関わらず、サービス残業を行っている会社は後を絶ちません。

 

 

2 サービス残業の原因

 

 

残業の原因の多くは「人手不足」と「業務量が多すぎる」事にあります。

 

人手不足の原因として世間では、

 

・少子高齢化による労働者の高齢化

 

・人口減少による労働者の減少

 

・労働条件に求めるものが増えている。

 

・非正規雇用の増加

 

・若者の離職率が多い

 

 

などと言われています。

 

 

しかし、実際に働いている従業員は、

 

・仕事内容がきつい

 

・給与が安い

 

・労働時間が長い

 

・人間関係が悪い

 

と考えています。

 

 

つまり、条件が良くないから人が集まらなかったり、

 

辞めていく人が多く、人手不足に陥るのです。

 

 

人手不足になる事で、一人当たりの負担が多くなり、

 

適性の業務量ではなくなるので、残業が発生しているのです。

 

 

 

3 サービス残業が多い会社の特徴

 

 

会社によりますが、ほぼ高確率で残業代が出ない、

 

あるいは、一部しか出ない会社や仕事は存在します。

 

 

営業職は大体みなし残業制度で、最初から残業代が決まっていることがとても多いです。

 

営業職は平日夜遅くまでや、土曜、日曜なども電話がかかってきたりして、接待をさせられることも多いです。

 

確実に規定の残業時間以上はしているはずなのに、考慮されない事もあります。

 

サービス業も残業率はかなり高いです。

 

 

小売店や外食店などは、利益率が低いので、人件費を抑えて調整する傾向があります

 

そのため、実際には働いているけど、人件費を削減するために残業代を出さない事があるのです。

 

 

 

 

4 サービス残業をしないための対策

 

 

サービス残業についてある程度理解できたところで、

 

すでにサービス残業のある会社に勤めている方が、

 

サービス残業をしないためにはどのような対策をとれば良いのかをご紹介します。

 

1.会社に訴える

 

最も正攻法なのがこのやり方です。

 

上司や部署のトップ、小さい会社であれば経営者に直接「サービス残業の残業代を出してほしい」

 

あるいは「残業をしなくて済むよう、残業量を調節してほしい」などと訴えてみることです。

 

 

2.周囲に宣言する

 

周りに「サービス残業はしない」「帰社後はやる事がある」「プライベートを充実したい」とはっきり宣言することです。

 

本当は誰もがサービス残業をしたくないと思っているはずです。

 

まずは自分がサービス残業を絶対しないという強い意志を持ち、周りに伝えてみましょう。

 

 

3.業務の効率化を提案する

 

周りの人と協力して、残業を減らすための作業効率化を提案してみましょう。

 

チーム全体の優先順位を決め行動する、ルーチンワークはできるだけシステム化するなどです。

 

そうすればただ残業を行いたくない人ではなく、業務の最適化の上で、残業を減らした人という評価になります。

 

4.訴える準備がある事をアピールする

 

少し力技ですが、勤怠の記録を自分でつけていることをアピールすることで、

 

サービス残業したとしても後で請求できる準備していることを周囲に知らせるという方法もあります。

 

その結果、企業側が状況を改善するように動いてくれる可能性もあります。

 

 

5 サービス残業代を請求することはできるのか

 

 

サービス残業をさせられてしまった場合、後から請求することは可能です。

 

退職後でも請求することはできます。

 

 

請求するためには従業員が労働時間を証明するための証拠を揃える必要があります。

 

具体的には、タイムカード、勤怠表、日報が一般的です。

 

 

しかし、これらは会社側の管理物となるため、会社側が引き渡さない、

 

隠ぺい、偽装するケースもあります。

 

よってどんなフォーマットでも構わないので、自分でも勤怠記録をつけておきましょう。

 

始業時と終業時にメール履歴を残しておくのも、労働時間が記録されることになるので有効です。

 

 

自分の日記に業務内容や始業時間、就業時間を記載しておけば、これも証拠となります。

 

 

6 どうしようもない時は転職も考えるべき

 

対策をとったけど改善されなかった場合や、あまりの過酷さに耐え切れない場合は転職も視野に入れた方が良いでしょう。

 

今いる職場が全てではありませんので、身体を壊してしまっては元も子もありません。

 

 

次の職場を探す場合は転職エージェントを利用することをおすすめします。

 

転職エージェントしか取り扱っていない求人も数多くあり、

 

「前職ではサービス残業が多いのが不満だった」などと伝えておくと、残業の少ない会社を紹介してくれたりもします

 

 

転職をすることで、残業代がちゃんと出たり、プライベートを充実させることもできます。

 

ホワイトな会社は本気で探せばいくらでもあるのです。

 

 

私も以前、長時間働かされて残業代が出ない会社に勤めていましたが、

 

ほんの少し勇気を出して転職をしたら、給料も上がりましたし、定時に帰る事もできるようになりました。

 

そのおかげで趣味の時間を作る事ができましたし、何よりストレスを感じることがなくなりました。

 

 

転職をするのには一歩踏み出す勇気が必要ですが、何か行動を起こさないと一生奴隷のように扱われるだけです。

 

今の会社で働くことで将来のビジョンが見えますでしょうか?

 

あなたの思い描いている未来のためにも一歩足を踏み出してみましょう。

⇒転職・就職ならDYM転職(無料)