RanQ


起業は危ないっていつの話?実際のところのリスクを考える

  • Thumb new kigyoka
  • 5
  • 813View

 

スタートアップは厳しい、難しい、リスクがあると語られる場合が非常に多い。
しかし、本当にそうなのだろうか?

最近のスタートアップはほんとぬるくて、起業経験のない学生が平気で1500万円くらい調達する。かと言って売上はおろかプロダクトすらできていない状況からオフィスだけ一丁前に金かけて、数字は全く伸びませんみたいな。 特に学歴の高く、難しい言い回しだけはうまいという場合に見受けられる。

日本のスタートアップ市場の人材は優れている、しかし数があまりに少ない。アメリカや中国と比べ日本は資金が少ないと言われるが、スタートアップの数あたりの資金は日本はむしろ多い。 スタートアップが少なすぎて金余りしてるというのが現状で、競争があまりに緩くこんなことが起こる。

経験もないのに1000万、2000万調達して、サービスをローンチさせるまでの時点でちんたらしていて、そのくせにオフィスは一丁前でそれが許されてるのは、純粋に起業する絶対数があまりにも少ないから。 そりゃ数が少ないなら投資家サイドも選り好みしてらんなくなるから許されてるだけ。

 

ポジショントークみたいに、『スタートアップはこんなに大変だ!』と言われることがあるが、実際のところどうなのだろうか。
少なくとも、大成功を収めた起業家は『起業はこんなに大変だぞ!』とか『スタートアップはこんなに過酷なんだぞ!』と言うことはない。中途半端で大した実績を収めていない者ほど、『こんなに大変だ(=だからそれをやっている自分はすごい)』というような論理を展開しているように思える。

ただ、実態を見る限りでは、そんなこともない。リスクがなんだと言うわりにはリスクをほぼ負わない学生でも資金を調達できる。
極端な話ばかりが出てきて、実態が正確に伝えられていないことは間違いない。

 

 

Thumb new kigyoka

起業家.comの代表の人ツイッターはこちら