RanQ

Img 93131e387c3b1e78671fd678b4ec9cf7107310

「現金出品は氷山の一角」生活保護受給者の闇とは?

  • Thumb new kigyoka
  • 4
  • 377View

 

メルカリの現金出品の真相らしきものを見かけた。
生活保護などの理由で、口座に入金があるとまずい人たちがメルカリでの副業を誤魔化すために現金で受け取るという方法を選んでいた

とのこと。

現金の出品は、メルカリというよりは、生活保護のシステムの問題が改めて露呈した感じがする。収入を得たら生活保護が打ち切られるんだから、ある意味働いちゃいけないよみたいな仕組み。 働けるなら生活保護は打ち切られるから働かないという悪循環はやはり否めない。やはり綺麗に解決するならベーシックインカムしかない気はする。

生活保護で苦しいのは子持ちの家庭だと思うのだけど、収入問わず18歳になるまでは子供1人ごとに世帯にいくら支給とかっていう制度にはできないのだろうか。 多分貧困な世帯ほど親のパチンコとかになるんだろうけど、それでも生活保護でカツカツかと言って働けもしないみたいな現状よりはいいのでは。

生活保護は、その本人は極論自己責任でも納得するけど、そこに生まれた子供が苦しい生活をする理由はどこにもない。これだけ世の中豊かになっているのだからなんとかしたいところ。どれだけ世の中が豊かになっても、その一方で生まれた家庭が不運だったせいで生活にすら苦しむ子供がいるというのは納得できない。
ただ、お金を支給しても親の道楽のために使われる未来しか見えないため、ある意味八方塞がりである。

生活保護自体がお金の使い方のまずさとかで生活が苦しくなっているケースを多く抱えていて、お金を支給すれば必ずしもよくなるわけではない。
メルカリの現金出品でその実態というのがなんとなく認知されるようにはなってきたが、生活保護に関しても、医薬品などを転売するといったケースはけっこうある。心苦しい問題ではあるし、やはりなんとかして欲しい。