RanQ


日本のコンビニで決済が可能に OmiseGO/OMG/オミセゴー 買い方まで説明

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 454View

こんにちは、りっぷるん(@ripplen2)です

日本語にすると「お店ゴー」

なんだこのふざけた 名前は!!!!と思った方も多いんじゃないでしょうか

Omiseという2013年にタイで設立された会社の仮想通貨がOmiseGOです

なんとタイではすでに誰もが知ってる決済サービスを提供しているんです

 

りっぷるんがOMGに興味を持った理由は

タイのマクドナルドではOMGが導入されているんです

しかもCEOはなんと日本人

これは気になりますよね!

 

今回はりっぷるん流で投資するに値するか見ていきます

詳しくは

りっぷるんの草コイン(アルトコイン)、ICOの選び方という記事をご覧ください

①歴史、背景

②人

③スポンサー

この順番で検証していきます

 

 

1 この記事のまとめ

・日本のコンビニでオンライン決済が可能に!!

・日本の起業家ランキング2018で8位に選出されており、世界から実績が認められている

・イーサリアムCEOと共同設立者のエンジニアから全面支援を受けている

→技術面は問題ない

・SBI、三井住友など大企業がスポンサーになっている

→事業の期待度が高い

・タイのマクドナルドではOMGで決済ができる

→すでに実用化、知名度が高い 

2 日本のコンビニで決済が可能に!!!

本日Omise Japan株式会社よりプレスリリースが配信されましたが、同社が提供するオンライン決済サービスOmise Paymentでコンビニ決済の提供を開始されたようです!

 

・セブンイレブン

・ファミリーマート

・サークルK・サンクス

・ローソン

・ミニストップ

・セイコーマート

で決済が可能であるとのこと

やっぱりOmiseきましたね!!!

これらのコンビニエンスストアであれば日本全国24時間・365日利用可能できるとのこと

これはすごい!!!

日本でもっとも実用性がある仮想通貨なんじゃないでしょうか!!!!

3 ①歴史、背景

Omiseについて話すのに欠かせないのがこの人

Omise 創業者兼CEOの長谷川 潤氏です

世界大手経済紙Forbesにて

日本の起業家ランキング 2018で8位にランクイン

現在、社員数は100名を超え、取引成長率1000%資金調達額5000万ドル(約54億円)以上です

17年には「デジタル・スタートアップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、タイ総理大臣から表彰されています

17年7月に実施したICOでは2500万ドル(約27億円)を調達しました

 スタートアップ企業では成功していますね

 

さらにOmiseはイーサリアムと手を組んでいます 

IBM、トヨタが企業連合を組んで活用を模索するブロックチェーンのプラットフォームである「イーサリアム」

そんな中Omiseは、マイクロソフトらとともに同財団の最初の支援企業のひとつとなり、スタートアップでは初のボードメンバーとなっています
ブロックチェーン技術という言葉がほとんど認知されなかったときにイーサリアムからスタートアップの中で唯一声をかけられ、

意思決定をするというその先見の目は一級品だとりっぷるんは思います
 


 

4 ②人

りっぷるんが特に注目したメンバーは3人います

 

イーサリアムの創設者です

イーサリアムから技術サポートしてもらえるのは

OmiseGOにとってはかなり有益ですね!

 

ブロックチェーンの開発に必要な

プログラミングC++のスペシャリストです

イーサリアムの共同設立者で

イーサリアムの技術は彼が作ったといっても過言ではありませんww

技術面では問題なさそうですね

通称ビットコインの神

ビットコインやリップルなど彼が関わっている仮想通貨は

ほとんど成功しているんです

 

他にも

イーサリアム財団の 研究の長 Vlad Zamfir氏

シンガポール社会科学大学 定量ファイナンスのDavid Lee Kuo Chuen 教授

Golem 創業者、経済学者 Julian Zawistowski氏

などなどそうそうたるメンバーが集まっています!

 

イーサリアムのノウハウをほとんど教えてもらっていると言っても過言ではないですね

ロジャーバーが関わっていることからOmiseGOは成功のレールに乗ってますねww

5 ③スポンサー

スポンサーの中でりっぷるんが注目したのはSBI、三井住友、イーストベンチャーズです

SBI、三井住友は誰もが知ってる大企業ですね

大企業が投資するということは期待できる事業だということですね

その中でもイーストベンチャーズはエンジニアの質が良くないと投資しないと有名な投資機関です

仮想通貨で最も重要なのが技術

その技術力であるエンジニアがすごいということがスポンサーからわかりますね!

6 OMGのチャート

 

7 決済サービス利用可能店

タイに旅行行くときにスマホ周り(SIM、Wi-Fiなど)で日本人もお世話になるtrue

サッカーの岡崎慎司のレスターを所有しているKINGPOWER

マクドナルド

など大企業で次々と採用されているんです!!

 

こんなに実用性が高いのは世界でもOmiseGOだけなんじゃないでしょうか

中国にも進出する噂もあり、これが実現すれば高騰確定ですね!!

 

8 日本の大臣とも接触

CEOが日本人なので日本と関わりが深いようです

日本でもOMGが導入されるかも??? 

9 OmiseGOの買い方

1 バイナンスの登録

バイナンスは登録者数が多すぎることから、1日の登録者人数に制限があります

登録できない場合は翌日にもう一度アクセスしてみましょう

 

1. バイナンス←こちらをクリックしてバイナンスのホームページへ

2. 画像の①をクリックし、日本語に設定します

 ②をクリックして登録作業に移ります

3. 登録する

④は規約の同意です

Terms of Useをクリックすると利用規約のページに移動します

最後にRegisterをクリックします

 

4. Registerをクリックすると登録したメールアドレスにバイナンスから

メールが届きます

クリックしたら登録完了です

 

5. 二段階認証を設定

右上のアイコンをクリックし、出てきた項目のmy accountをクリックすると

以下の画面になります

二段階認証はSMS認証、Google認証の2つありどちらを選んでも構いません

(SMS認証は中国国内のみという記事もありましたが現在は日本でもできます)

 

本人確認などはありませんが24時間以内に2BTC以上取引したい場合

パスポートでの本人確認が必要になります

 

 

これでバイナンスの登録は終了になります!

 

2 取引の仕方①

バイナンスは日本円に対応していないため国内の取引所で買った

ビットコインまたはイーサリアムをバイナンス に送金することが必要になります

 

今回はビットフライヤーからビットコインの送金方法を紹介します

 

 

 

バイナンスでアドレスを取得

まずバイナンスから送金するためのアドレスを取得する必要があります

ファンドをクリックし、残高をクリックします

 

以下の画面に移るのでビットコインを選択してください

 

入金をクリックすると以下の画面になります

アドレスをコピーしたらバイナンスでの作業は終了です

 

 

ビットフライヤーからバイナンスに送金

ログイン後、入出金をクリックし、BTCご送付をクリックします

先ほどコピーしたビットコインのアドレスを貼り付け、追加ボタンを押します

ラベルは何も入力しなくて大丈夫です

二段階認証コードを入力するとアドレスが登録されます

上記の手順で送金完了です!!

3 取引の仕方②

最後にバイナンスで仮想通貨を買います

今回はトロンという仮想通貨を購入してみます

 

ログイン後最初の画面、または左上のBINANCEをクリックすると以下の画面になります

 

BTC市場(BTCMarkets)をクリックして

OMG/BTCを探してクリックすると取引画面に移行します

 

いよいよ取引開始です

①指値注文はリミット(Limit)、成行注文は市場(Market)を選択してください

②買いたいOMGの量を指定してください

③量を指定すると合計にビットコインの量が自動提示されます

④最後にBuy OMGをクリックして取引完了です

 

 

Thumb thumb illust 52

2107年5月にXRPを購入してから仮想通貨にどハマりしています ツイッターはこちら