RanQ


資産運用まだやってない?iDeCoやるならマネックス証券がおススメ!

  • Thumb money kasoutsuuka virtual
  • 2
  • 390View

いまこの記事を開いた、そこのあなた!まだ資産運用やってないんですか?

もうわかってると思うけど、超超低金利の今、貯金してたって、全くの無駄ですよ。

 

いやだって投資も怖いし・・・

 

 

投資に知識がないながらも、これからの将来のお金や、家や老後のお金に漠然と不安を抱えている人は多いと思います。

 

そんな人には、マネックス証券でiDeCoが超おススメ!

 

iDeCoってなんなのよ、なんでマネックス証券がいいわけ?をこの記事でご紹介していきます!

 

1 まずiDeCoってなんなの?

 

最近よく、iDeCo(イデコ)って聞きませんか?

聞かない?

 

 

積み立てのイラスト(男性)

 

iDeCoは個人型確定拠出年金という制度名です。わかりやすく簡単に言うと、自分で積み立てる年金のことです。

 

iDeCoの仕組みは簡単3ステップ!

①毎月一定の金額を積み立て(=掛金を拠出する)します。

②あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託などの金融商品で自ら運用を続けていきます。

③60歳以降に年金または一時金で受け取ります。

(※原則、自然災害等以外は引き出せません)

 

 

え、わざわざ年金やるの?引き出せないし・・・と思うかもしれません。

しかし、この確定拠出年金、iDeCoがめちゃくちゃすごいんです!

 

通常であれば、金融商品で儲けた利益には約20%の税金がかかってしまいます。

 

ここで、国が勧めるこのiDeCoという制度を使って積み立てれば税金がかからないどころか、

節税(=そのほか税金が免除される)することができちゃうんです!

 

 

 

なぜ税金がかからないの?節税できるのか?理由はiDeCoの3つの特徴にあります。

 

①DeCoでの積立金額がすべて「所得控除」の対象→所得税・住民税が節税できる


②運用で得た「定期預金利息」や「投資信託運用益」が非課税


③iDeCoをいざ受け取るとき「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象=年金はそのまま受け取れる

 

 

これは、積み立てる・年金を手厚くするという本来の目的だけではなく節税のメリットを考えても、やらない手はありませんよね!!!

 

 

2 やるならマネックス証券が断然おススメ!

 

というわけで、iDeCoをやるならマネックス証券がおススメ!なんです。

 

まず、iDeCoを取り扱っている楽天証券、SBI証券と手数料を比較してみましょう。

(参考元:1級FP技能士KAORUのちょっいい話

 

先に言っておきますが、楽天証券もSBI証券も一般の金融機関と比較すれば申し分なく素晴らしいんです。

ただ、マネックス証券が抜きん出ている(笑)

 

今回手数料を比較していますが、長期的に積み立てていくiDeCoにとって、手数料の影響力は大きいのです。

よって、iDeCoなどの積立投資の場合、できるだけ手数料を抑えることが鉄則となります。

 

 

 

 

 

Thumb money kasoutsuuka virtual

資産運用と仮想通貨について記事を書いています。よろしくお願いします。