RanQ


「今更だけどビットコイン投資すべき?」に対する一つの考え方。

  • Thumb money kasoutsuuka virtual
  • 2
  • 554View

 

「短期間で、なおかつ楽にお金を増やしたい・・・」多くの人がこのような想いを少なからず持っているのでは。

しかしそんなうまい話はない。宝くじでも買ったらいいと思う。

 

 

いやいや、宝くじにでも当たらないと達成不可能と思いきや、2017年はとある資産のおかげで、多くの人が短期間で大きく利殖することに成功したことを、まだまだ世間は忘れていないだろう。

 

 

それが仮想通貨「ビットコイン」だ。

 

2017年初頭は1BTC=約12万円であったが、年末には1BTC=約222万円と20倍近く上昇したのだ。

 

そして、2018年1月には一転して、ビットコインの時価総額は約半分になってしまった。

白熱したビットコインをはじめとする仮想通貨への投資熱は一気に冷め切り、ニュースでもビットコインの単語を聞くことはなくなった。

 

 

しかしながら、仮想通貨市場がなくなったわけではない。むしろ、もう一度興隆を見せてくれるかもしれないのである。

「今更だけどビットコイン投資すべき」という疑問に対しては、はっきり言ってしまえばYESであろう。

 

この記事で、その根拠をご説明していく。

1 Ripple社が仮想通貨に巨額投資

 

あのRipple(リップル)社がブロックチェーン系ベンチャーファンドになんと2,500万ドル(約27億円)の投資をしたという。

 

Ripple(リップル)社のシステムは、もともとクロスボーダー決済や送金の低コスト化や円滑化のために開発されたものだ。

 

今回の巨額投資はブロックチェーン関連企業への投資を専門とするVC(ベンチャーキャピタル)への投資により、決済以外の新たな利用価値を企業家たちに模索してもらうことが狙いである。

 

 

 

そして、Ripple社の提供する仮想通貨XRPの市場価値も、プラットフォームとしてのシステムの利用が増えるとさらなる価格上昇が起きる可能性に市場が反応したようだ。

 

このニュースが発表されてから約4%上昇し、時価総額が一時期214億ドル(2兆円)を超えた。

 

ブロックチェーン技術とDLT(分散型台帳技術)は、ヘルスケアや個人情報運用などで仮想通貨以外にも大幅な伸び代が十分あることが背景にあるといえる。

2 仮想通貨の相場は、「底入れ」の模様

 

早くも、下がり続け底に付いた仮想通貨市場は「底入れ」の状態との見方が記事で上がっている。

 

NYのウォールストリートジャーナルが報じたこの記事では、主要ヘッジファンドがビットコイン相場「底入れした」との見解を発表した。

 

 

 

仮想通貨のヘッジファンドであるパンテラ・キャピタル・マネジメント社は、6500ドル(約70万円)が底値だろうとの考えを明らかにした。

 

そして、向こう1年間にビットコイン価格が過去最高値を更新し、2万ドル(約210万円)台に乗せる可能性も「高い」というのだ。

 

パンテラ・キャピタル・マネジメント社のダン・モアヘッド氏(CEO兼CIO)は4月のニュースレターで「私がタイミングにこれほど強い確信を持つことはまれだ」と述べ、「大量の機関投資家の資金が相場を大幅に押し上げる」とも記されている。

3 批判的だった世界三大投資家の一人、仮想通貨に投資する?!

 

世界三大投資家の一人、ジョージ・ソロス氏をご存知だろうか?

 

彼は、1930年のイギリスで生まれ、苦学生を経て金融界に身を置きながら、1992年にはポンド危機で「イングランド銀行を打ち負かした男」として名を馳せた伝説の投資家である。

 

 

その彼は、もともと仮想通貨には否定的な意見をしていた。

 

「ボラティリティー(変動性)が高いため現実通貨として機能し得ない。 放物線状に上昇する時は通常、最終的に急激な下落に至る。」との発言が1月26日に発表されている。そして、2018年に発言の通りとなった。

 

しかしながら、今度は仮想通貨に投資するという。

 

それがこの記事

 

 

 

ジョージ氏のニュースが発表されると、今度はロックフェラー家、ロスチャイルド家も相次いで名乗りを上げたという。

 

ニュースを受けて、このところ6000ドル台で低迷していたビットコイン価格は、一時的とは言え7000ドル台を回復、連動してその他仮想通貨も値上がり傾向だった。市場はこの買い出動の結果がどうなるのか気になるところである。

4 まとめると、今がチャンスかもしれない。

 

「チャート」の画像検索結果

 

 

2017年の仮想通貨に対する爆発的な投資熱は一気に冷め切り、まだ下がり続けている最中であるが、それも落ち着きを取り戻し仮想通貨市場は億万長者が買い出動する第2フェーズに突入したのではないかという見方が強まってきた。

 

まとめるならば、仮想通貨の投資は今がチャンスかもしれないのだ。


 

 

 

ビットコインやリップルなど、どの仮想通貨に投資したらいいかなどについては、こちらの記事で詳しく説明している。

ぜひご覧いただきたい。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/4249/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88_2018-04-10_18.18.47.png

今が仮想通貨(ビットコイン)に投資して儲かる最後のチャンスかもしれない

 

 

また、この記事以外にも仮想通貨の市場に関しての見解こちらの記事で述べている。

https://genxnotes.com/wp-content/uploads/bitcoin-image.jpg

ビットコインは将来価格は10万ドルではなく100ドル?あなたはどう思う?

Thumb money kasoutsuuka virtual

資産運用と仮想通貨について記事を書いています。よろしくお願いします。