RanQ


仮想通貨 エイダコイン【ADA】とは??取引所の登録や、特徴をプレゼン!

  • Thumb gatag 00012442
  • 3
  • 421View

こんにちは!manbow(@5328Manbow)です!!

今回は去年に話題になったカジノやオンラインゲームなどをメインとしたエイダコインの取り扱い取引所や買い方、特徴などを説明して行こうと思います!

1 仮想通貨ADA(エイダコイン/Cardano)について

ビットコインはもうすでに認知されれており、投資商品としてはおなじみの存在になっていますね

では、Cardanoの独自通貨ADA(エイダコイン)の取引を始めようと、情報収集をしている方は多いのではないでしょうか。

今回はさまざまな疑問をお持ちの方の為にADAコインについての説明をしていきたいと思います。  

Cardano(カルダノ)の独自通貨ADAは、Cryptocurrency Market Capitalizations(2018/2/12時点)で確認できるだけでも、7か所の取引所で取り扱いがされています。

しかし、CoinGeckoのカルダノ エイダコイン/Cardano 相場チャート (ADA/JPY) | CoinGeckoによると、ADAのマーケットボリュームは以下の図のように二極化しています。

2 ADA の基本情報

通貨名 ADA(エイダコイン)
通貨略号 ADA
公開日 2017年10月
時価総額順位 下のRANK参照
発行枚数(上限枚数) 450億ADA(市場に流通するのは320億ADA)
取り扱い国内取引所 なし
取り扱い海外取引所

Binance(バイナンス)
 

Bittrex(ビットレックス)

Upbit

etc.

公式サイト

 

Cardano(ADA)の公式サイト
 

Cardano(ADA)の日本語公式サイト

ホワイトペーパー

 

Cardanoのホワイトペーパー
 

Cardanoの日本語ホワイトペーパー

 

 

 

 

 

 

 

3 エイダコインの特徴

  • ADA(エイダコイン)の発行上限枚数は450億ADA
  • 日本のATMでエイダコインを引き出せる予定
  • エイダコインの使用にはダイダロスウォレットが必要
  • Cardanoは独自のブロックエクスプローラーを持つ
  • Cardanoデビットカードを利用して支払いが可能になる

 

ADA(エイダコイン)の総発行枚数は450億ADA

ADA(エイダコイン)は当初、630億ADAが発行上限枚数になる予定でした。

しかし、途中から上限枚数が450億ADAに減少したようです。それでも、発行枚数はトップクラスに多い仮想通貨です。

450億ADAのうち、市場に流通するのは、約320億ADAとなっています。その差の約130億ADAが、マイニング料の支払いに使われるようです。

 

IOHKがADA(エイダコイン)の技術開発を行う

企業名のIOHKというのは、「Input Output HongKong」の略で、カルダノ・プラットフォームを構築するエンジニアリング企業です。

ADA(エイダコイン)の技術的な対応もこの企業がおこなっています。

IOHKの設立者は、ジェレミー・ウッドという人物で、ブロックチェーン関連で豊富な経験を持っています。IOHKには、カルダノの基盤となるプログラミング言語「Haskell(ハスケル)」で作業を行う専門チームがあります。

IOHKは、ADA(エイダコイン)のカルダノプロジェクト以外にもいくつかのブロックチェーン関連のプロジェクトを受けもっていて、Deadlus、Ethereum Classic、Qeditas、Scorex、RS|Coinといったプロジェクトに関わっています。

 

 

4 Emurgo(エマーゴ)が営業活動を行う

エマーゴは、ADA(エイダコイン)に使用されているカルダノ・ブロックチェーンのアプリケーションを広めるため、ベンチャー企業などに情報や資金や技術を提供するための会社です。

エマーゴは2017年に設立され、日本に登記されました。

当たり前ですが、カルダノ・ブロックチェーンの基盤を築いたとしても、そのプラットフォームを使ってくれる企業がなければ意味がありません。

エマーゴが、カルダノのDAppsを構築するスタートアップ企業に資金を直接提供するだけではなく、企業が革新的なブロックチェーンアプリケーションを構築するために必要な専門知識やツール、チームを提供して、戦略的に拡大していく役割を担っています。

フィリピンや韓国などに、研究開発センターを設立したりもしています。

5 日本のATMでADA(エイダコイン)を引き出せる予定

ADA(エイダコイン)の売買は、仮想通貨の取引所にて行うことができますが、ATMでも引き出せるようになるそうです。

ADA(エイダコイン)の公開後、多くの取引所にて流通が開始される予定であり、

2017年10月時点で取り扱っているのは、Bittrexのみとなります。取り扱い可能な取引所が増えていくのかどうかは、今後明らかになっていくと思われます。

また、ADA の取り扱いは日本のATM でも開始される予定です。まず5ヶ所のATMから開始され、公開後1年以内に25か所のATM での取り扱いを目指しているとのことです。

 

6 Cardanoデビットカードの支払いが可能!

Cardanoデビットカードを使用して、他の通貨と同じようにADA (エイダ)コインで支払えるようになることが計画されています。

カードの申請&取得を行うことにより、ダイダロスウォレットを介して、Cardano デビットカードにADA(エイダコイン)を送ることができます。

資金は選んだ通貨に自動的に両替されます。このようにして、デビットカードを使ってオンラインショップや店頭でADA(エイダコイン)を利用することができるそうです。

Cardanoデビットカードをアプリと連携させることで、ADA(エイダコイン) の残額や取引履歴を確認することもできます。Cardanoデビットカードの詳細については近日公開予定です。

 

7 ADAコインの チャート

英語で申し訳ないのですが、Valueと書かれている所が、現在時刻の価格になります!
 

2017年のプレセールにおいては、1ADA=およそ0.3円で購入が可能でしたが、公開直後は、最高値で1ADA=10円まで上昇しました。1日が経過して、1ADA=2〜3円付近で推移しているので、プレセールで購入できていた人は10倍以上の値段で売却できたことになります。

ADA(エイダコイン)の時価総額は、上場直後にいきなり10位台と、かなり上位にランクインしました。

その後、1ヶ月以上のあいだ、価格が緩やかに低下していましたが、2017年11月の終わりから突如急騰して、1ADA=0.03ドル付近からわずか数日で1ADA=0.14ドルまで上昇しました。日本円にすると15円ほどです。

その後も上昇を続け、2018年1月には、1ADA=100円の大台を突破しました。ICOのときからADAを購入していた人で300倍以上、上場後に購入した人でも、10〜30倍の値上がり益を受けられたことになります。

当サイトでも、1ADA=3円前後で購入したものが、40円程度で売却できたので、そこそこの値上がり益を享受できました。

2018年1月時点では時価総額は第5位の人気通貨となっています。

 

エイダコインの開発はIOHKが担っていますが、そのIOHKが開発に携わっているイーサリアムクラシックも同時期に価格が急上昇しており、IOHK関連で何かしらの資金流入があった可能性があります。そのような背景があるので、イーサリアムクラシックとエイダコインが上昇するタイミングは同じになることが多くなっています。

なにはともあれ、上場して1年も経たずに時価総額が5位になったADA(エイダコイン)ですので、今後の動向から目が離せない仮想通貨の一つですね

 

8 エイダコインの取り扱い取引所

ADA(エイダコイン)を売買できる取引所は下の画像になります

ADA(エイダコイン)とは|仮想通貨 の特徴・価格・チャート・購入方法3

国内の取引所では、ADA(エイダコイン)を売買できません。

当初は海外取引所のBittrex(ビットレックス)でのみ取引ができましたが、中国の取引所Binanceや、韓国の取引所Upbitでも取り扱いを開始しています。

 

・Bittrex

アメリカの会社によって運営されている世界最大級の取引所。アルトコインの種類は200種類程度と多く、手数料は0.25%。。

・Binance

中国の会社によって運営されている世界最大級の取引所。売買できるアルトコインの種類は、100種類以上。手数料は0.05〜0.10%

・Upbit

スマホアプリの「カカオトーク」を開発したカカオ社が出資するフィンテック企業によって設立された仮想通貨取引所。Bittrexと提携しているため、ADAを含む100種類以上のコインの売買が可能です。

 

海外の取引所で取引するには、国内の口座からBTCなどで送金する必要があります。

まだ口座をお持ちでない方は、大手のビットフライヤーザイフで口座を開設して、送金するのが安全です。送金手数料の安さ重視なら、ザイフビットバンク取引所のセキュリティの高さ重視ならビットフライヤーQUOINEXを利用するのがオススメです。

 

取引所 取引手数料 取り扱い通貨数
Binance
(バイナンス)
中国 0.1%(※1) 107種類
Bittrex
(ビットトレックス)
米国 0.25% 192種類
Upbit 韓国 0.05% 119種類(※2)

(※1)binance発行トークンであるBNB(Binance coin)を使って手数料を支払うと、取引手数料が50%割引され、0.05%になります。 

(※2)韓国のウォン建の期間限定の取引手数料になります。イーサリアム建の手数料が0.25%ということは公式HPで明らかですが、ビットコイン建の手数料は公表されていません。

9 仮想通貨ADA(エイダコイン/Cardano)を取り扱う海外取引所①Binance

Binance(バイナンス)は、2017年7月に設立された中国の仮想通貨取引所です。

Binanceの特徴

  1. 高い流動性
  2. ハードフォークにより派生した通貨の付与に積極的に関与
  3. 手数料が安い
  4. 上場させるコインを人気投票で決定する

BinanceはBNBを活用した手数料割引や毎月1回、上場させるコインを人気投票で決定する「Community Coin of the Month」というイベントを開催しているなどユニークな特徴があります。

ADAの取引高が世界一であることから、流動性も高いといえるのではないでしょうか。

10 仮想通貨ADA(エイダコイン/Cardano)を取り扱う海外取引所②Bittrex(ビットトレックス)

Bittrexは2014年に設立されたアメリカの取引所で、ADAを含め192種類の仮想通貨を取り扱っています。

Bittrexの特徴

  1. マイナーな仮想通貨も取り扱っている
  2. アルトコインの売買手数料は、国内の販売所と比べると割安

取り扱い通貨の種類が豊富なことに加えて、マイナーな通貨も取り扱っているため、今後高騰が期待される仮想通貨を探している方は、一度見てみるのが良いのではないでしょうか。

11 仮想通貨(ADAエイダコイン/Cardano)を取り扱う海外取引所③Upbit

Upbitは日本でも知名度の高い、無料トークアプリ、カカオトークの運営元が開設した韓国の取引所です

UpBitの特徴

  1. カカオトークの運営元が設立
  2. 未成年の取引ができない

Upbitはカカオトークの会員登録を済ませれば、Upbit公式ホームページから簡単に口座開設が可能に思えますが、外国人向けには別の口座開設方法を設けているようです。

12 エイダコインは詐欺!?騙された人が続出!?

エイダコインと言えば、いい噂よりも悪い噂の方が多いようです。

 

一方、しっかり中身をしっている人間だけそのチャンスを掴んで大きな先行者利益を獲得出来る可能性は高いです。

もちろん大きなチャンスを掴むにはリスクを取る必要があり失敗することもあります。
ただし、今回のエイダコインは、周りの反対を押し切って投資をした人がチャンスを掴めた事例を紹介します。

結果論になってしまうかもしれないが、あれだけ詐欺と言われ続けたICOがこうして大手の仮想通貨取引所に上場したという事実だけでも、これは大きな一歩だと思います。
 

 

簡単いですが、なぜここまで詐欺と言われたのかを考察して見ます。

13 エイダコインが詐欺と言われた理由

仮想通貨自体の怪しさ。

ICO発表は今から2年前。
2年前あなたはビットコインを所有していただろうか?

2年前というと、まだビットコインですら詐欺、怪しいと非難された時代でした。
今でも一般人の感覚はそうだが、2年前はある程度投資に取り組んでいる層からしても仮想通貨自体受け入れられないもの。

そんな中、エイダコインという新規の仮想通貨が出てきたらそれは余計に疑われるに違いない。
クリプト星ですら、万人に受け入れられるものではなかったんですね

なので、特に日本人の感覚では、怪しいもの=詐欺なので、エイダコインが詐欺と言われたのはそういった社会情勢の影響も否定はできません。

 

紹介の仕方が加熱しすぎていたから

エイダコインは代理店の仕組みを取っていて、各々のアフィリエイトリンクを発行し、
そこからエイダが購入されれば、紹介者に報酬が入る仕組みとなっています。。

確か被紹介者が購入した額の5%〜10%がビットコインで報酬として入っていたので、
アフィリエイターたちは必死になって紹介活動を行って嫌なイメージがつきます

これはどんな案件でも、MLMでもありがちなことであるが、
紹介する際のコンプライアンスをしっかり守っていないアフィリエイターが増加すると、
案件自体の評判が低下します、

節度を守らないアフィリエイターの増加が評判を下げた原因であることは間違いないです。

 

情報業界の大物 I氏が紹介をしていたから。

仮想通貨は、情報商材や高額塾を販売している人たちにとっては最高のネタです。
そのため、業界の大物であるI氏はエイダコインを全力で紹介しています。

そして彼の塾では、エイダコインを紹介して稼ごうというノウハウも提供され、
彼の元に集まった質の低い塾生が、下手な勧誘方法でスパム的に紹介活動を行いました。

 

もちろん正しいやり方で、上手に紹介活動をしていた優秀な方のいたはず。
ただ、残念ながらそういった塾に入る方のほとんどは情報弱者と呼ばれる人たちです。

そんな知識もないのに、紹介したところで煙たがれるのがおちです。

 

そして、情報業界で顔を出すと、必ずそれに便乗したブログ記事がかかレます。

〇〇は詐欺と書いて、自分が紹介したい商品に誘導する手法のブログでありますが、
その人のターゲットになり、エイダコインも同時に叩かれたのである。

I氏とカルダノが裏でつながっているという噂も流れましたが、
確かに裏で交流はあったのかもしれません。
Iはただのアフィリエイターであり、カルダノの運営には携わっていなかったと思今明日。

ただ、アフィリエイターが理由でカルダのの評判が下がってしまったことは事実でもあります。

 

ライバル仮想通貨業者からの嫌がらせと他アフィリエイターからの嫌がらせ

日本の中では一番目立っていたICOだったので、他の業者からの嫌がらせも当然あったはずです。

さらに、他の仮想通貨をアフィリエイトするために、エイダコインを叩いていたブロガーも当然発生していました。
それが原因の風評被害もあったはずです。

 

 

14 量子コンピュータ耐性のあるLamport(ランポート)署名

量子コンピュータは、現在の一般的なコンピュータの1億倍もの計算力を持つといわれるコンピュータです。開発がすすむにつれ、AIへの応用や医薬品の開発に役立てられると期待されています。一方、量子コンピュータを悪用することで、データの改ざんが極めて困難であった、暗号が解読されてしまうことが想定されているのです。

 

Cardano(ADA)は、BLISS署名を署名方式として、採用する予定としており、2018年3月時点の実装の進捗は50%であると、公式サイトに表示しています。

耐量子コンピューター電子署名方式であるBLISSを採用した新たなトランザクション方式を追加します。これにより、現在一般使用されている楕円曲線暗号を破ることのできる量子コンピュータが開発されたとしても、資金が盗まれるのを防ぐことができます。

カルダノロードマップ - Cardano Roadmap

15 Binanceの登録の仕方!

1.まずアクセスしてホームページを開いたらアカウント作成か登録の所をクリックします。

 

2. 次にこのような画面が出てくるので、順番に

使用しているメールアドレス

バイナンスで使用するパスワード

もう一度パスワード

数字はそのままで大丈夫です!

チェックし

Registerを押します。

登録後にメールが届くので、メールに添付されているURLをクリックすれば登録完了です!

本人確認書類の提出とはありません!

 

次に2段階認証です!

こちらも直ぐにできます。

 

1.まず、スマートフォンに『Google Authenticator』をインストール。

バイナンスのアカウントページは『Google検証』をクリック!

 

 

2.バイナンスでこちらのページを開きます

 

Nextをクリックしたら↓の画面が出てきます。

そしたら、先ほどスマートフォンでインストールした『Google Authenticator』でQRコードを読み取ります。

バイナンスの方はNext Stepをクリック。

そしたら↓のようにスマホの方で6桁の数字が出てきます。

この数字は”60秒”ごとに毎回変わるものになってます。

バイナンスの画面は↓の画像になります

そしたら青く塗り粒いている所を”紙”にメモします。コピペはできません。Next Step。

そして最後に入力する画面が↓。

順番に入力していきましょう。

Keyは紙にメモした英数字。

バイナンスにログインするときのパスワード。

スマホの6桁の数字。

これらを順番に入力し、Enable Google Authentication をクリックしたら2段階認証の設定が完成です!!

 

これで安心して取引ができますね!

ADA コインはいま現在は落ち着いていますが、落ちている時こそ仕込むチャンスです。まだまだビットコインの主要コインは落ち着いていますが、アルトコインなどはまだ値上げする機会はあります。

いまならまだ間に合いますので、口座の解説をオススメします!!

バイナンス 登録ページ

 

 

16 フオビーに上場!

エイダコインのカルダノが海外取引所で世界第2位の取引量の取引所『フオビー』に上場しました!

こちらは香港の取引所になります。

これで、分裂通貨への対応の早さ、HoubiTokenによる割引などのメリットがある、取引所は今後注目したいですね!

Thumb gatag 00012442

manbow :)

初めまして!manbowです!元陸上自衛隊 特殊部隊 出身になります。除隊後は東京大学受験を経験し、現在は起業家として修行している形になります。 特殊部隊の経験と東大受験の知識を生かして、現在のトレンドなどの情報をわかりやすく紹介していきます 最近は仮想通貨トレーダーとしての情報提供、読書が趣味なのでビジネス書で得た知識など。