RanQ


転職を決断する時ってどんな時?3つの判断基準とは

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 178View

「転職をするべきか?今の会社に留まるべきか?」という疑問に正解はありません。

個人個人の価値観や判断基準に従って、どちらにしても自らの意思で決定するべき話です。

ただ、迷ったときに判断のモノサシになる基準はいくつかあります。

今回は、転職を決断する際の判断基準をご紹介します。

 

1 ①「自分らしさ」を失ってしまう場所かどうか?

特に、人間関係が理由になるケースが多いのですが、このまま会社に残る事で、精神面での負荷が、自分らしさを失ってしまいそうになる、という場合は、少しでも早い転職をお勧めします。

職場・仕事は生活のために必要不可欠なものですが、健康を失ってまで頑張る事は本末転倒です。

私も以前勤めていた会社では、信頼していた上司に裏切られ、誰も信用できなくなってしまいましたが、

一歩勇気を出して、会社を辞める事で日頃のストレスも解消され、今では友人や同僚にも恵まれています。

嫌なことがあったらすぐに辞めるというのは考えものですが、

自ら努力した上で改善の可能性がなければ、速やかに転職準備に取り掛かるべきです。

第二新卒・若手に強い転職サイト

2 ②「なりたい自分像」近づく方法はあるか?

年収やポジションなど、提示された条件に魅力がある場合、どうしても心を動かされるのは当然のことです。

ただ、求人情報に記載された条件やポジションは、ほとんどの場合、「入社初年度」のワンショットの情報にすぎません。

その会社で、長く働いていくと仮定した際に、「自分のキャリアプラン」、特に仕事の内容や身に付けたいスキルが身に付けるのか?

「その場その時」だけの待遇ではなく、継続的に自らの付加価値を高めていける業務内容やミッションかどうか、

ということを、収入や役職は横に置いて考える事です。

 

3 ③5年後に活躍できるイメージがもてるかどうか?

転職でも、新卒でも、入社時にマイナスな未来を描く人はあまりいません。

リクルーティング活動中は、できるだけ「自社のいい面を見せよう」と頑張っているはずです。

「どんな人と働くのか?」どんな商材を取り扱うのか?」「顧客からの評価は継続的に価値や優位性のあるものなのか?(あるいはそれを実現しようとしているのか?)」など、

3年後、5年後という時間軸を長めにとって、自分が活躍し続けられるかどうかのイメージを具体化しておく事をお勧めします。

 

4 終わりに

いかがでしたか?

結局、転職を決断するのはあなた自身です。

迷うこともあると思います。この記事があなたの参考になれば幸いです。