RanQ


新入社員に気を付けてほしいこと!【これだけはできてほしい】

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 462View

 

あと1か月もすれば社会人として働く方が多くいると思います。

新社会人となりこれから働いていくわけですが、私の社会人経験をもとに新入社員でもこれだけはできてほしいということを今回はランキング形式で書いていきたいと思います。

1 1位 挨拶

基本中の基本です。

これは学校でも学生時代のバイトでも経験していることだと思います。

新入社員で仕事ができなくても、挨拶は元気よくできるはずです。

朝はおはようございます。仕事が終わったらお疲れ様です。

初めて会った人には自己紹介。(自分の名前と入社月を言ってよろしくお願いします程度で大丈夫です!)

これができないだけで周りの方からの評価はかなり下がってしまいますし、挨拶はできて当然と誰もが思っているので、まずは挨拶をしっかりできるようにしましょう。

2 2位 遅刻

 

これは新入社員とか問わずやってはいけないことですが、遅刻はご法度です。

新入社員で遅刻してしまうと、勝手に時間にルーズ人なのかとイメージがついてしまう恐れがあります。

さらに、時間にルーズな人=だらしないということにもつながってしまう可能性もあります。

1本早い電車にのる。10分前行動などを常に心がけておきましょう。

3 3位 言葉遣い

 

こちらもできていないとイメージダウンにつながってしまう言葉遣い。

目上の方と話すときは言葉遣いに気を付けましょう。

そうですね→「そうっすね」

おはようございます→「おざまーす」

なんていう人ためにいますが、こんな言葉遣いすると正直いい印象は一つも受けません。

省略しないできっちりとしゃべりましょう。

4 4位 体調管理

 

これはどこの会社でも言われます。

インフルエンザが流行っているときは予防接種を必ず打ってくださいという会社も少なくありません。

それほどに、体調を崩して休んでしまうと困るということです。

新入社員だし、まだなにもできないから休んでも平気でしょなんて思わないでください。

会社のためにもならないですし、なにより仕事を覚えている段階の自分のためにもなりません。

自分の身体を自分で管理するのも社会人の基本です。

5 5位 メモを取る習慣

 

新入社員なので覚えることがたくさんあります。

新しいことを毎日覚えていくことになるので、メモを取る習慣をつけましょう。

分からないことはしっかりメモにとっていつでも見返せる状態を作っておくことが大事です。

メモを取るという行為は仕事に対しての意欲とも受け取れます。

メモを取らないで、一度聞いたことを分かりませんなんて聞いたら、上司はこいつ話聞いてたのかと思ってしまいます。

メモとペンを必ず持って会社に行くようにしましょう。

6 さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

会社側はなにも最初から仕事ができてほしいとは望んでいません。

新入社員でもできること、新入社員だからこそしっかりできることがありますし、会社もそれを望んでいます。

 

もうすぐ新社会人のみなさんは期待や不安な思いがたくさんあると思いますし、会社に入ってから悩んだりすることもたくさんあると思います。

しかし、新社会人は正社員としての仕事は初めてのことなので悩みを抱えるのも仕方ありません。

そういった悩みを乗り越えていって、一人前の社会人になれるように頑張ってください!

陰ながら応援しています。

 

 

 

こんな記事も書いているのでよかったら合わせてお読みください。

 

新入社員が仕事を辞めたいと思うのは当たり前の話。

 

仕事が覚えられない人の5つの特徴