RanQ


ブラック企業の定義とは?その特徴もご紹介します。

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 444View

今や世の中にいくつ存在するか分からないブラック企業。

2012年からは毎年のようにブラック企業大賞というものが発表されるようになり、ブラック企業というのは当たり前になってしまいました。

最近では企業だけではなく、学生やフリーターのバイトにまでブラックという魔の手が伸びており、ブラックバイトなんて言葉も聞くようになりました。

 

働くのであれば必ずと言っていいほど避けたいブラック企業。

今回はブラック企業の定義とはそもそもなにか。

そしてブラック企業の特徴も一気に紹介していこうと思います。

1 ブラック企業の定義とは?

ブラック企業というのは、具体的にこれという定義は実は厚生労働省によっても定められていません。

しかし、ブラック企業の特徴というのは明記されています。

 

厚生労働省においては、ブラック企業について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

詳しく見たい方はこちら→「ブラック企業」ってどんな会社なの?

 

この3つの特徴からブラック企業の定義は以下のように考えられます。

長時間労働や過度のノルマ、ハラスメントが当たり前になっている

残業代の未払いや各種手当の未払いなどの違法労働になっている

採用・離職のサイクルが激しく、社員が使い捨て状態

 

このどれかに当てはまっていればブラック企業といってもいいでしょう。

次はブラック企業の特徴をご紹介していきます。

2 社員が使い捨て状態

使えるだけ使って辞めたらポイ。新しい人が入ってきたらまたその人を使う。

人を道具とでも思っているのでしょうか。

ブラック企業は辞めたらまた新しい人を採用して使えばいいと思っています。

3 常に求人が出ている

ブラック企業は人が次々に辞めていくため新しい人を常に募集しています。

特に大量に募集している会社は要注意です。

大量に募集しているということは裏を返せば、それだけ人手不足に陥っているということです。

4 長時間労働が当たり前になっている

過度のノルマや周りがやっているからなどの理由から長時間労働や残業が当たり前になってしまっているのでしょう。

労基法の1日8時間、週で40時間が守られている会社は今やいくつあるのでしょうか…

 

長時間労働には定義というものがあります。

厚生労働省では過労死ラインというものを定めており、月に80時間の時間外労働(残業)が6か月間続いた場合は、過労死との関連性が高いとされています。

 

5 ハラスメントがまかり通っている

パワハラやセクハラなどは当たり前ですが、本来まかり通ってはいけないものです。

こういったハラスメントが会社にある、前からあるがみんな見て見ぬふりなんて会社もあります。

6 精神論がまかり通っている

なんでもかんでも、「気合」「やればできる」「成長」などの御託を並べるといったことをしてきます。

そもそもそこに根拠なんてありません。

恐らく全員に言っている言葉でしょう。

それ以外にかける言葉がないのかもしれません。

7 残業代が出ない・未払い

残業代が未払い、出ても見合っていない。

ブラック企業だったらあり得る話です。

自分の働きと給料が見合っていない、働いているとけっこうな割合でみなさん思うかもしれませんが、ブラック企業に勤めている人は全員が思っているかもしれません。

8 ブラック企業に勤めている人はなにをすべきなのか

現在ブラック企業に勤めている方もいらっしゃると思います。

しかし、なにをすればいいか分からないし、辞めるといってもすぐに辞めるわけにはいかないし、辞めると言ってまともに対応してもらえるのかが不安。

そもそもブラック企業といっても、自分と会社の相性が合わなくて、ブラック企業と思い込んでいるだけかもしれない。

そういったことを思っている方もいるかと思います。

 

しかし、そう思っていても転職を考えるべきだと思います。

仮に自分と会社の相性が合っていないだけでも、その会社に何年も勤めていたいと思いますか?

 

 

多くの人の答えはNOだと思います。

自分の理想をすべて満たす会社はないかもしれません。

でも、何十年もあなたが働く会社なのだから、少しぐらい自分の理想を仕事探しに加えてもいいと思います。

仕事探しに最初から妥協はいりません。

 

よかったら仕事探しの一部に転職サイトを加えてみてください。

仕事探しの幅が広がるかもしれません。

 

20代の転職に強い→未来につながる「あなたらしい働き方」じっくり見つけよう。「20代の転職相談所」

 

年代関係なく転職に強い→マイナビエージェント

 

ブラック企業に勤めている方は辞める勇気と決断を今からしましょう。