RanQ


Tinder(ティンダー)で外国人と出会ってみたver.1

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 1014View

 

今話題のマッチングアプリTinder(ティンダー)でありますが、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

出会いが欲しい大学生などは携帯にインストールしている方も多いかもしれません。

少し前には、暇女、いわゆる暇な女子大生の高学歴ちん○の食べログとして雑誌などにも取り上げられていました。

 

そんな私ももれなくTinder(ティンダー)を携帯にインストールしました。

Tinder(ティンダー)は、外資系のアプリということもあり、外国人ユーザーが多いのです。そして、私がこのアプリを知ったのも、友達の留学生の紹介だったのです。

そして、それからこのTinder(ティンダー)というアプリを使って行くことになるのですが、Tinder(ティンダー)で会った外国人と付き合うことになったのです(もう別れましたが...)。

 

今回はそんな私の経験談を交えながら、どうやって外国人とデートしていたのかなどを伝えていけばいいかなと思います。

1 出会うまで

そもそもTinder(ティンダー)をインストールしたのは留学生の友達のすすめだった。

最初はオンライン上に自分の顔を載せたり、自分について知ってもらうためにプロフィールに色々書くことは正直恥ずかしかった。

その時は軽い気持ちで、まあいい出会いがあればと思いつつも、軽い関係(飲み友やセフレ)が欲しいとも思っていた。

 

知り合いではないが、学校が同じ人などもいたので(プロフィールに学校名も載せることができる)、学校名は公表せずにやっていた。

別に東大などの高学歴でもないし、学校名で近寄ってくる女の子なんていないだろうと思ったから。

それでも、自分が下心丸出しというのも男としてカッコ悪いので、一応プロフィールを英語にし、ぜひ一緒に出かけましょう的な感じにしておいた。

写真はなるべくいけてるやつを選んだ。

そしてまた自分の変顔も入れておいた。

カッコつけた自撮りの写真ばっか載せてもナルシストと思われるかもしれないと思うと気が引けたからだ。そうして、完成したのが

「外国人と会って、英語で話しながら楽しい時間を楽しみたい陽気なキャラ」である。

これを自分で言うのも恥ずかしいのだが.....

 

そうして、そのキャラで私を"like"してくれる外国人も日本人もいてある程度マッチ数が増えていくとまぁ最初のメッセージとかもだんだんどうやって送ればいいかなんとなくわかってきて、そういうときにそのアメリカ人とマッチしたのだ。

第一印象、「お、何人目かの金髪や」、「この大学どこやろ」(彼女は大学名を書いていた)、「結構、親しみやすそう」

 

私は特別金髪の外国人女性が好きというわけでもないが(結局美人が好きなだけ)、映画などの女優などへの憧れもあり、少し金髪の外国人を神聖視していたようである。

また、Tinder(ティンダー)では、金髪の外国人とマッチするのは結構稀であtタコとも要因かもしれない(少なくとも私個人では)。

よって、このアメリカ人には多少の「金髪補正」が入っていたのかもしれない。

 

また、彼女の学校を調べるとアメリカのアイビーリーグの一校(まぁ日本で言ったら旧帝大くらいの位置だがレベルは全然違うので、イメージとして持ってて欲しい)である事がわかった。

クッソ頭いいやん!と思いつつ、ザコい男だと見られないように平静を装うことに決めた。

 

また、プロフィールには(記憶が曖昧だが)、英語で自分の自己紹介をしており、日本語でよろしくお願いしま〜す的なことを書いていた気がする。その時はなぜか直感で、お、これは会話が続きそうだと思った。

 

最初のメッセージを送ったのは私。今でも覚えている(笑

Tinder(ティンダー)にて...

私:”Hey 彼女の名前, nice to meet you! I'm Eigorou. Call me Eigorouchan or something like that.”

彼女:”Hahaha okay, Eigorouchan or something like that.”

私:"NO, it's not what I mean! Call me Eigorou!"

......

*ちなみに本名は英語郎じゃないです

まぁ、これはただ私が英語をミスっただけなのだが、ユーモアのある返信をしてくれた。

私はただ、Eigorouchanとかいう名前で、他にいいニックネームがあったらそれで呼んでくれてもいいよ。という意を伝えたかったのだが...

彼女は、「Ok, あなたの名前はEigorouchan or something like thatね〜」という感じで返信した。

これでつかみは上々だと思ったので、早速、お酒とか食べ物の話をして、会う方向へ持っていくことに。

経験上、会える人は返信が比較的早く、自然な会話が続くもので、このアメリカ人とも会話はスムーズに続き、すぐ会う流れへ。

2 出会った初日

 

出会った最初の場所は新宿。

彼女は東京に住んでいて、結構いろんな場所に行っていたので行ったことがないという事で新宿御苑に行くことにした。

そのあとのことは特に何も考えずに会う約束をした。

そして、当日になり小ぎれいな格好をして新宿の街へ繰り出す。

Tinder(ティンダー)で人と会う時はどういうわけかいつも緊張をする。まぁ多くの人にとってはそれが普通なんだろうが...

そして、待ち合わせ場所は新宿駅西口の交番前。

集合時間になっても連絡がこない。

 

ちょっと待っていると、ラインで連絡が来た。

 

彼女:I'm lost!

私:Omg. Where are you right now???

彼女:I'm in the station. I should be around there.

...

やれやれと思いながら、まぁ新宿駅でかいから仕方ないかと思って、

私:What are there around you? 

彼女:Ummm... Forever 21

ん???どこ???

と思い、調べてみると確かにそのショップがあるんだけど、待ち合わせ場所と全然違うところ。ていうか、反対側!

これ以上、彼女を混乱させまいと私がそこに行くことに。

10分くらい歩くとその近くの交差点で待っていると、ラインがきた。

交差点に行くと、金髪の女の子が立っていた。一旦、そこを通り過ぎて顔を確認し、また戻って来て声をかけた。

私:Hey, I finally found you!

彼女:Ohhh I'm so sorry~. I was confused!

私:Hahaha it's okay! Anyway, nice to meet you! Let's go!

的な感じで最初の滑り出しは順調。

 

 

この前の日に私は友達のニューヨーカーの女の子に、新宿御苑に行くんだけどどんなデートがいいかなと聞いていた。

すると彼女はう〜ん、新宿御苑なら何か食べ物とかを持って入って、そこでピクニックとかすればいいじゃんと言った。

即採用!

そして、私は彼女を一緒に新宿五丁目らへんにあるドミノピザに行き、ピザをテイクアウトすることにした。

BUY 1 GET 1 FREEのキャンペーンをやっていたのでお財布にも優しい。ここで私は男を見せるため、ピザの代金は全部払った。

(そもそも彼女は悪いよ〜とは言っていたものの払うそぶりは見せなかったor私が必死に払おうとしているように見えたのであろう)

そうして、新宿御苑へ。

入場口にいるうるさい中国人などのことを話したり、自撮りを一生懸命している日本人女子たちを見て笑ったりしながら、会話に花を咲かせ、新宿御苑でピザを食べていました。

 

 

なんだかんだで、食べ終わり、暇になったので近くにあった東京都庁へ行くことに。

展望台からは新宿の摩天楼が一望できる。そこからみる景色はとてもビューティフルで二人とも感動していました。

まぁその間私は必死にずっと次にどこに行くか考えていたが...

 

そこから、新宿駅に行こうかとなり、お、これはもう帰る流れか〜という感じになり、あきらめモードで歩き疲れていたので、

I'm tired, I wanna sit down~と漏らすと、

彼女がLet's find a place to sit down.といってきたので、

これきたーと思いながら、

ガストとか居酒屋とかなんでもいいやと思いながら、適当に歩いていました。

お酒は何が好き?と聞くと、日本酒!と意外な答えが返ってきたので、はい居酒屋決定。

 

 

居酒屋を見つけ、入ると、彼女は店員さんに「atsukan!」といいました。熱燗?!と思いながら、飲むことに。

質はあの時初めて、熱燗を飲んで、結構酔ってしまった。

というのも二人で大徳利を5本くらい飲んだからである。なんの話をしていたか覚えていないがおそらく二人とも話すことはいっぱいあったのだろう。

そして、話はすごく盛り上がって、とても楽しかった。

もう、最後らへんには余ったピザも食べてたし、彼女の脚を持ってさすったりもしていて、、、

 

時間を見たら、焦った。

12時過ぎ。

走れば、終電に間に合うとも思いながら、彼女をみると時間など一向に気にしていない様子。

多分酔っていたからなのだが。

ここでチキンになってしまった私は、もう時間やばいから帰ろうといった。お会計。

 

帰ることになり、新宿駅へ。

改札前で、彼女が終電はあるの?と聞いてきたので、私はMaybe!と答え、彼女はMaybe!?といい、私はYes maybe!と続けた。

終電無かったらどうするの?と聞いてきたので、私はここから歩いて帰るよ!と言った。

(歩いて帰れる距離ではない)

彼女は、もし終電ないなら心配だから私のところへ来て!と言ってくれた。

(Arigatou!!!)と心の中で思ったと同時に、1日目からこれで大丈夫かと思いつつ彼女の最寄り駅まで一本で行くことに。

 

帰路についているときは、居酒屋での話の続きをしながら普通に帰った。

しかし彼女の家が近づいてくると、胸がちょっと踊っていると同時に、少し不安になっていた。

何しろ、私はあった初日から女の子の家にお邪魔することになる(お持ち帰りされる)ことになるとは思っていなかったからである。

しかしながら、特にそういう雰囲気になるでもなく、私たちは普通に眠りに落ちていった.....zzz

 

まぁ、翌朝何が起きたかはあまりここでいうことでもないのだが....

以上がTinder(ティンダー)でアメリカ人の女の子とあった初日についてである。

 

3 Tinder(ティンダー)で外国人と会うときに重要なこと

・ユーモアがあること

・クールな人であること

・媚びないこと

などが挙げられると思います。

 

・ユーモアがあること

これは異性にというよりも、人間としてといいうところが大きいかもしれませんがユーモアは人間関係にとてもポジティブな影響を与えます。ユーモアのある人の周りには、多くの人が集まっていて、明るい空気があると思いませんか?

 

・クールな人であること

もちろんイケメンという顔も含めてですが、服装や趣味なども含まれます。例えば、Hip-hopのようなものにすごく関心があったり、何か楽器を弾けるものがあったり、プログラミングがすごくできるなど、外国人からすればそれらはクールなのです。要は、外国人に"OHHHH COOL!!!"といってもらえるようなものを持っているといいのではないでしょうか。

 

・媚びないこと

これは個人差があるかもしれませんが、私がTinder(ティンダー)であった外国人に聞いたのだが、「なんで俺をLikeしてくれたの?」と聞くと彼女は「あなたがsuper likeを私にしなかったからよ。」と言われたことがあります。

super likeはTinder(ティンダー)をしている人ならわかると思いますが、少し相手とマッチする確率があがるアイテムとして使われます。

しかしながら、彼女いわく、「super likeをしてくる人は外国人とやりたい人とか付き合いたい人とか、私に媚びてくる人が多いの。

私はそんな人と一緒にいたくないし、あなた(私のこと)は私にsuper likeしなかった。それが私があなたをlikeした理由かな。」といっていました。

また少し思ったのは外国人はおそらく日本人よりも"equal"というものを大切にしている気がします。

それは男が女に気を使って、媚びたりしない、男女平等な付き合いを求めているように見えます。

なので、あまり女性だからとご飯を奢りすぎたりするのも逆効果かもしれません。

そのような行為は意識化されていない平等というものを壊してしまうかもしれないからです。

よって、外国人と接する時、おそらく日本人の女性と接するときも気取らずに付き合いをしてみるといいかもしれません。

その時に注意しないといけないのは、媚びないことと愛情表現をしないというのは違うということです。

 

 

4 まとめ

以上のようなことを踏まえながら、Tinder(ティンダー)で色々な外国人とあって、国際交流をしていってください。

今回は、具体的なデートプランという新たな切り口で書いていきましたが、何か参考になるものがあれば嬉しく思います。

 

ご意見・ご感想があればお願いします。

Thumb thumb illust 52

エイゴでイロイロなコトやろう。 何か記事への質問・意見・感想などがあればここまで。 ツイッターで@eigorou_source