RanQ


2018年おすすめのアルトコイン5種類と利用すべき取引所を徹底解説

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 583View

ビットコインを少し売買したことのある人は、アルトコインにも投資してみたいと考えるでしょう。アルトコインはかなり種類が多く、取引所によって取り扱っているアルトコインの種類が異なります。

ここではおすすめのアルトコインと取引所について解説していきます。

 

1 失敗しないアルトコインの選び方

アルトコインの中には、急成長する通貨もあれば暴落してしまう通貨もあります。ビットコイン以上に激しい値動きをするのがアルトコインなのです。アルトコインに投資すればそれだけ利益を出せるチャンスが生まれます。

しかし、損失を被るリスクと背中合わせであるため、投資先のアルトコイン選びは慎重に行いたいものです。

 

・使い道がはっきりしているか

アルトコイン選びで重視するポイントは、普及後の使い道がはっきりしているかどうかという点でしょう。アルトコインの中には、投機目的で買う人が多く使い道がはっきりしていないのに大きく値を上げているものも少なくありません。

しかし、仮想通貨はあくまで通貨であるため、決済手段として使用するものです。決済手段として使える場がほとんどない通貨は、一時的に値が上がったとしても、持ち続けていようと思う人があまりいないため暴落してしまう可能性があります。使い道がはっきりしているアルトコインなら、暴落の危険制は小さいと言えるでしょう。

 

 

・公式サイトの情報をチェック

アルトコインの公式サイトやSNSなどをチェックすることも大事です。開発者や関係者が小まめに情報を発信しているアルトコインなら安心できるでしょう。値を上げるときも下げるときも、おおよその原因が分かります。

逆にほとんど情報のないアルトコインは避けた方がいいでしょう。値を上げる原因も下げる原因もよく分からないまま売買してしまい、結局損をしてしまうことが多いです。

 

 

・取り扱っている取引所をチェック

上場している取引所をチェックしておきましょう。特に国内の大手取引所では、かなりメジャーなアルトコインしか取り扱っていません。大手取引所が取り扱うということは、そのアルトコインが今後成長すると大手取引所から期待を持たれていることを意味します。また、大手取引所が取り扱えば、流動性も高まります。

 

 

・時価総額や発行枚数

そして、時価総額や発行枚数も見ておかなければなりません。ビットコインの時価総額と比べて半分になったときや3分の1になったときの価格を計算してみると良い目安になります。

2 おすすめアルトコイン5選

今後成長が見込まれるアルトコインや人気の高いアルトコインを5つ紹介しています。どのアルトコインがいいか迷ったら、この中から選んで買うといいでしょう。

・イーサリアム
・リップル
・リスク
・ネム
・ライトコイン

3 イーサリアム

イーサリアムは時価総額でビットコインに次ぐ2位です。リリースされたのは2014年で、現在主流になっているアルトコインの中では特に早くも遅くもありません。ビットコインと同じようにブロックチェーン技術を用いているため、取引履歴を全て記録しています。さらにイーサリアムは、契約内容まで記録可能です。ビットコインの2番手という立ち位置でいながら、ビットコインよりも優れた面もあり、今後の成長が期待できます。

イーサリアムは取り扱っている取引所も多いです。国内の主要な取引所では、ほぼイーサリアムを売買可能です。海外取引所ではイーサリアム建てで他のアルトコインを売買できるところも多く、常に一定の需要が見込まれます。

 

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/3032/image1.png

仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入できるおすすめ取引所・買い方

 

 

 

 

 

4 リップル

リップルはもともと送金システムとして開発されたものです。他のアルトコインと異なり、リップル社という明確な管理者・発行者が存在するのが特徴です。個人が店舗などで買い物をしたときの決済手段よりは、金融機関が送金手段として使うことを想定しており、既に国内の一部の銀行ではリップルのシステムを利用すると発表しています。使い道がはっきりしているため、安心して投資できるでしょう。時価総額もイーサリアムに次ぐ3位です。

しかし、発行枚数の上限が1,000億枚もあります。他のアルトコインと比べて桁違いに多いです。さらに、一定数のリップルをリップル社で保有しています。市場に出回る枚数が増えすぎて、価格が大きく下がってしまう可能性があることも考慮しておきましょう。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/3408/ripple.png

リップル(ripple)を購入できるおすすめの取引所・買い方を徹底比較!

 

 

 

 

 

5 リスク

リスクは2018年に入ってからビットフライヤーに新規で上場した仮想通貨です。マイクロソフトと提携していることから、将来的にマイクロソフト関連のサービスでの利用が期待できます。技術面ではブロックチェーンを複数使用できる点が特徴です。サイドチェーンと呼ばれるメインのブロックチェーンとは別のブロックチェーンにも情報を記録できます。また、開発言語にはJavaScriptを使用している点もリスクの特徴です。より多くのIT技術者が開発に携われるため、技術面での発展も期待できます。

リスクは2017年の年末にかけて急騰しましたが、時価総額は20位前後です。2018年に入ってから値を下げましたが、これからまだまだ伸びる余地があります。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/3017/lisk.jpg

仮想通貨LISK(リスク)を購入できるおすすめ取引所はココだ!

 

 

 

 

 

6 ネム

ネムは開発者の中に日本人も混じっており、日本人にとって馴染みの深い仮想通貨です。日本人による売買が多く、ザイフの運営会社の社長がネム財団の理事を務めています。コインチェックの事件以降は、あまり良くないイメージを持っている人もいるかも知れませんが、盗まれた原因は取引所のセキュリティ体制にあります。ネムそのものは非常に高性能な通貨で、特に大きな欠陥はありません。

ネムはカタパルトという大型アップデートを控えていて、近々行う予定です。カタパルトが実装されれば、送金速度でリップルを上回る見込みで、決済手段としてはもちろんのこと送金手段としての利用拡大も期待できます。ネムバーをはじめ、既に一部の店舗でネムによる決済が導入済みである点も強みです。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/3026/nem.png

仮想通貨ネム(NEM/XEM)を購入できるおすすめの取引所まとめ

 

 

 

 

 

7 ライトコイン

ライトコインは、主なアルトコインの中でもかなり早い時期からリリースされていました。ビットコインの2番手を目指している仮想通貨で、2018年3月時点での時価総額は全仮想通貨中5番目です。ビットコインよりも優れている点もいくつかあり、送金速度が速い点では好評を得ています。現在のところ、決済手段として利用できる場所は少ないです。しかし、ビットコインよりも使い勝手が良いため、使える場所さえ増えれば、需要が高まり値が上がる可能性が高いでしょう。

何度か急騰したり急落したりすることはありましたが、普段の値動きがあまり激しくないこともライトコインの特徴です。仮想通貨の中では、日本円とのレートが安定している方で、決済手段として使うのに向いています。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/3423/litecoin.png

ライトコインを購入できるおすすめの取引所・買い方を徹底比較!

 

 

 

 

 

8 アルトコインの購入におすすめの取引所

アルトコインを取り扱っている取引所を3つほど紹介しています。それぞれの特徴を押さえた上で、口座開設して利用しましょう。複数の取引所を利用するのもありです。

・Zaif
・ビットフライヤー
・ビットバンク 

9 Zaif

Zaifは取り扱い通貨の多さと手数料の安さが魅力的な取引所です。企業などが発行しているトークンと呼ばれる仮想通貨も取り扱っています。そして、現在のところ国内の取引所でネムを売買できるのはZaifのみです。Zaifは海外取引所と比べてもネムの取引量が多い方で、2018年3月時点でネムを取り扱う取引所の中で最大の出来高を誇ります。ネムを買うなら、わざわざ海外取引所を使うよりも国内のZaifがおすすめです。

Zaifは国内の取引所の中で、最初にモナコインの取り扱いを始めたところでもあります。アルトコインに投資する人がまだほとんどいなかった頃からモナコインを取り扱っており、ビットコインとモナコインの2種類の仮想通貨を売買できると謳っていました。現在よりもかなり価格の低かったモナコインに投資をして大きく利益を出した人の多くは、Zaifで売買していたことになります。

これからモナコインを買いたい人にもZaifを使うのがおすすめです。モナコインもネムも日本円建てとビットコイン建ての両方で売買できます。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2737/zaif.png

【保存版】Zaif(ザイフ)の評判やメリット・デメリットを完全解説!

 

 

 

 

 

10 ビットフライヤー

ビットフライヤーは、盗難補償制度がある取引所です。仮想通貨を売買するにあたってもっとも怖いのは盗難や不正アクセスです。盗難や不正アクセスで損害を被れば、単に買った通貨の値が下がって損をした場合よりもショックは大きいでしょう。盗難補償制度があれば安心して取引できます。きちんと保険会社(三井住友海上火災保険株式会社)とも契約した上での補償制度であるため、信頼性も高いです。ビットフライヤーは手数料が高めなのがややネックに感じるかも知れません。しかし、安全に取引したい人にはもっともおすすめできる取引所です。

リスクはビットフライヤーに上場する以前までは、国内ではコインチェックで取引可能でした。コインチェックはネム盗難事件以降は取引を停止しています。現在のところ、リスクを売買できる国内取引所は現在のところビットフライヤーのみです。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2725/bitflyer.png

【保存版】ビットフライヤー(bitflyer)のメリット・デメリットと評判

 

 

 

 

 

11 ビットバンク

ビットバンクは主要なアルトコインの取り扱いが豊富な取引所です。スプレッドが狭いため、売買回数が多い人にとってはかなりお得です。また、現在はキャンペーンを開催していて、スプレッドとは別に取引所に支払う手数料はありません。キャンペーンなしでも、あまり気にならないくらい安い手数料です。

アルトコインの中でも、ライトコインとリップルを買いたい人にビットバンクをおすすめします。国内ではライトコインとリップルを買える場はありますが、そのほとんどが販売所です。販売所では、高い手数料が上乗せされているので、購入直後に大きな含み損を抱えることになります。なかなか利益を出しにくいでしょう。ユーザー同士の取引でライトコインやリップルを買えて手数料もかからないビットバンクがおすすめです。チャートツールも充実しているので、詳細なデータを分析しながら売買できます。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2815/bitbank.cc.png

【保存版】bitbank(ビットバンク)の評判やメリット・デメリット

 

 

 

 

 

12 まとめ

アルトコインの中から、現在のビットコインを超えるくらい成長する通貨が出てくるかも知れません。仮想通貨投資をするなら、ビットコインだけでなくアルトコインもいくつか買っておくのがおすすめです。

アルトコインを買う際には、現在利用してる取引所で取り扱っているアルトコインの中から選ぶ人が多いですが、他の取引所にも目を向けてみましょう。買いたいアルトコインを決めてから、そのアルトコインを取り扱っている取引所に口座を開設することをおすすめします。