RanQ


資格を取得することで本当に転職は有利になるのか?

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 121View

資格を取って転職を有利にするという考え方があります。

「転職に有利な資格」などというものが雑誌やネットで特集されているのは、そうした発想からでしょう。

ですが、こうした記事を見る時に大事なのは、

「世の中ではどういった資格が流行っているのか」

「どういう資格が使えると思われているのか」をチェックする視点です。

記事を真に受けて「自分もこの資格を取るための勉強を始めようか」

などと安直に考えてはいけません。

そこで今回は、本当に資格は転職で有利に働くのかをご紹介します。

 

1 なんのために資格を取るのか

まず、あなたが資格を取ろうと決意した理由は何でしょうか?

「独立したいから行政書士の資格をとろう」

「ネットにも書いてあるし、人気の宅建の資格を持っていれば後々便利だろう」

大体の資格初心者はこう思うはずです。

ですが、忘れてはいけないのが、なんのために資格を取るのかです。

最初に自分のやりたいことがあって、そのための資格取得という順序があるのであって、

とりあえずよさそうな資格をとって、それからどうしようと考えるのは間違いだということです。

自分の仕事に自信が持てないから、資格にすがろうとはしていないでしょうか。

はっきり言って自分の軸の延長線上にある資格でなければ社会人としての武器にはなりません。

 

2 資格は免許

資格は免許証にすぎません。

どんなジャンルの仕事であれ、業務の実態を知らないうちは、

「資格がない人とある人とない人ではレベルが違うはず」

「資格さえ持っていれば、何とかなるだろう」と思いがちです。

しかし、ペーパードライバーとプロのドライバーが全く違うのと同じで、

資格を取っていきなりスーパーマンに変身できるかといえば、そうではないのです。

資格を取ってもその先があります。

そこから有資格者同士の熾烈な戦いが待っているのです。

資格を持って食っていけるのは、有資格者の中で自分自身の差別化の努力を続け覚悟のあるものだけです。

要は「どう使うか」「どう使えるか」なのです。

また、資格さえあれば組織に縛られず、自由に働けるというイメージも根強くあります。

これだって努力して生き残れればの話です。

難関資格を持っていても食えない、あるいは、結局組織に雇われて便利に使われているというケースはよくあります。

資格があるかどうかより、実際に使えるスキルと実績があるかどうか、

そして、それを随時アップデートしていけるかが大事です。

 

3 転職に有利な資格の定義

「転職に有利な資格」とは、たいていその時々で人手不足になっている職種に関する資格ですが、

その資格が重宝がられる状況が永遠に続くわけではありません。

問題は、その資格が重宝がられなくなった時なのです。

時代の流れの中で需要と供給のバランスは変わっていきます。

転職で資格が評価されるのは、需要と供給のバランスが崩れ時です。

急激に食べていけなくなることもあるのです。

現在では、弁護士や会計士のような難関資格ですら、昔のように資格を取得すれば仕事が待っている状態ではなくなっています。

また、世間の流行に乗って新しく認定された資格というものに魅力を感じる人もいるかもしれませんが、

これに安易に乗るのもおすすめできません。

基本的に、資格ビジネス化されている時点で、もう遅いのです。

流行のスキルを資格として認定しようという動きが出るのは、たいていブームの終わりかけのとき。

資格される以前にその仕事をやってい先駆者が、おいしいところを持って行った後のような気がします。

資格を取るべきかどうかは、自分の行く道にマッチしているかどうかが基準であるべきです。

 

4 資格に踊らされるな

そもそも転職に有利な資格を取ろうという思考が間違っているのです。

あくまでも主語は「自分」です。

自分のやりたい仕事のために必要な資格なのかどうか。

資格を取得すると決意するときは自分の道に必要と判断した時です。

安直な考えで資格を取得することは、時間の無駄です。

資格で転職を考えているのなら、転職してから資格を取るか判断しても遅くはありません。

また、企業によっては資格支援制度を実施しているところもあるので、費用も掛からずに資格を取得することもできますので。

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】