RanQ


【こんな求人は危ないかも】ブラック企業を求人から見抜く方法

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 220View

仕事を探す際に必ず見る求人。

求人だけでどんな会社かは分かりませんし、会社に入って初めてそこがどんな会社かというのは分かるというのが一般的です。

しかし、どんな会社か具体的には分からなくても、せめてブラック企業かどうかだけでも知れたらいいと思いませんか?

今回はブラック企業を求人から見抜くために、ブラック企業に多い求人の特徴をご紹介していきたいと思います。

1 未経験なのに給料が高い

未経験でも給料が高く、募集している求人は裏を返せば、深刻な人手不足に陥っているという可能性が高いです。

未経験の人でもいいからとにかく人手がほしいということを求人票を通して伝えています。

気になる求人がそのような場合は、残業時間などを確認したほうがいいかもしれません。

2 年中大量の募集をかけていないか

1年を通してどれくらい求人を出しているか、一回の募集で何人くらい採用しているかを確認しましょう。

毎回のように大量に採用している場合だと、会社の人がそれだけ辞めているということになります。

3 精神論の表現が目立っていないか

精神論ばかり掲げている求人だと、入社後も精神論ばかりで社員をまとめようとします。

なにか根拠があればいいですが、基本的に根拠はありません。

「夢」「感動」「成長」このようなポジティブな言葉ばかり並べていると危ないかもしれません。

4 仕事内容があやふや

 

クレーム対応→カスタマーサポート

このように言葉を変えて、イメージを悪くしないようにします。

やはり会社なので、新しい人が入ってきてほしいのは当然の話です。

それにブラック企業はただでさえ人手不足なので、求人票もよく見せようとしがちです。

5 インセンティブを謳っている

インセンティブや成果報酬という言葉を使って、「頑張ったら給料が高くなるんだ!」なんて見ている人のやる気を起こさせる求人をよく見かけますが、このインセンティブや成果報酬には厳しいノルマというのがあります。

ノルマが達成できなければ、もちろんインセンティブなどはなく、働いた時間と給料が見合っていないという現実が待っています。

6 さいごに

以上がブラック企業の求人の特徴です。

仕事探しの際に求人票というのは必ず見ると思うので、参考にしていただけたら幸いです。

 

これを参考にに転職検討中や現在就活中の方はこちらも参考にしてみてください!

 

相談者の内定率が高い!→既卒なんて怖くない!4社受けたら1社内定!【ウズキャリ既卒】

 

転職に強い&大手で安心→マイナビエージェント

 

経験豊富なアドバイザーが多数在籍で利用が初めてでも安心→日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

 

こちらから優良企業を探してみてください!