RanQ


100倍レバレッジも可!BitMexのメリット・デメリット・使い方

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 392View

仮想通貨取引をしてみたい、している方のなかには仮想通貨にだけ注目していることもあります。しかし仮想通貨だけではなく、取引所のについて知っておくと、ユーザーにとって便利な機能やサービスを見つけることができ、快適な取引を求めることができます。

例えば、BitMexという取引所を知っていますか。BitMexには、この取引所特有の特徴やサービスがあり、特にレバレッジや手数料に関してユーザー側にメリットになる部分があります。

 

新しいサービスを試してみたい、自分にあった取引所を探しているという方は、BitMexについて知っておくと良いですよ!

 

 

 

 

1 BitMexとは?

2018年時点で、仮想通貨交換業者として認められている仮想通貨取引所は、国内で16社ありますが、勿論海外にも仮想通貨取引所は存在します。BitMexも海外の仮想通貨取引所の1つで、中国の企業が設立した取引所になります。

そして、中国の仮想通貨取引所なので、国内の法律で定められた取引所とは特徴などが違います。その部分についてもよく理解してから利用することが大切です。

 

まず特徴から、

BitMexは、中国の仮想通貨取引所で取り扱っている通貨は、

・XBT(BTC)

・ETC

・ZEC

・BCH

・ETH

・DASH

・XMR

・LTC

・XRP

・ECH

・XTZ

・ADA

・XLM

の12種類です。

XBTとは、日本でいうビットコインと同じですが、BitMexではXBTという呼称になっています。

そして、取引所の画面は日本語対応になっているので、中国語や英語が苦手という方でも、口座開設から取引までスムーズに行うことができます。

 

BitMexの大きな特徴といえるのが、仮想通貨FXの仕組みです。

この仕組みについてまずは国内のFXについて簡単に解説します。

国内のFXは、証拠金制度・追証・ロスカットという特徴があります・

証拠金制度は、証券会社や取引所に対して一定の金額の資金を預けて担保にする制度です。この保証金を基にレバレッジ、すなわち数倍の金額で取引を行うことができるようになります。

そして、追証とは前述の保証金が一定の金額以下まで損失してしまった場合に、新たに資金を投入しなければいけない制度です。

そしてロスカットは、取引所がこれ以上損失を大きくさせない為に、強制的に決済を行うような制度です。

 

では、BitMexの仕組みですが、まず追証がないという点が大きく違います。ですので、レバレッジ取引を行っていて、ロスカットされても追証がないということになります。

また、レバレッジの倍率に関して、国内では2018年時点、10倍まで引き下げる法案が検討されている現状もあり今後大きなレバレッジ取引が難しくなってくることが予想されます。それに対して、BitMexはレバレッジが100倍まで可能となっているので、大きな利益を狙うことができます。

 

2 BitMexのメリット

BitMexは、国内の仮想通貨FXと違う部分が多く、それらがメリットとして機能しています。

以下がメリットです

・レバレッジが100倍まで可能

・追証がない

・手数料が国内と比較して、約50分の1ほど

・会員登録作業が簡単

・日本語対応の海外取引所なので、英語や中国語が苦手な人でも取引ができる

といった点が挙げられます。

 

特に追証とレバレッジに関しては、国内の法律と大きく違いロスカットという事態になっても、証拠金がなくなるだけでそれ以上の損失や支払うことはありません。(2018年2月時点の情報)しかし、しっかりとした戦略を立てることは必須です。

なぜ追証という仕組みがないのか、それは、スプレッドによる利益で運営しているという部分が国内の仕組みと違うからです。

 

手数料という点でも、国内と比較してとても安いです。仮想通貨取引初心者の中には、手数料についてあまり気にしていないという方もいますが、手数料を抑えることができればそれだけ1回の取引で得られる利益を減らさずに済みます。更に、BitMexの手数料は国内と違い、

 

・Funding

日本時間で、5時、13時、21時にポジションがあると手数料支払い・受け取りが行われるとこの手数料になります。

その時で金額が変化します。
 

・Taker

成り行き決済や注文板に並んでいる価格を指値で購入すると、この手数料になります。

0.075%
 

・Maker

自ら注文を注文板に並べて約定されると、この手数料になります。

-0.025%、つまり受け取るということです。

 

という3つの手数料があります。


特に、マイナス手数料というのは、日本ではあまりなじみがないシステムですが、このような新しい概念でシステム構築されていることもBitMexの特徴といえます。

 

3 BitMexのデメリット

BitMexには大きなメリットがある一方、デメリットもあります。これからBitMexを利用することを検討している方は、しっかりとデメリットについても理解してから使用することが大切です。

 

・海外取引所なので、国内の規制や法律が通じない

・運営人数の少なさ

・FXの取引画面としては、情報量が少ない

・入金システムがビットコインのみ

などが挙げられます。


まず、海外取引所という点がリスクにもなりうることを理解する必要があります。国内の取引所の場合、最近でも有名な取引所の問題がありましたが国内の法規制に沿って対応が進められるということと、国内なので情報がすぐ届くという点で現状を理解しやすく、対応も海外と比較してスムーズといえます。

しかし、BitMexは中国の企業でオフィスは香港にあります。何か問題が起きた時対応を進めるのは、この場合中国の行政機関になります。ですので、投資の基本である自己責任ということを強く意識しなければなりません。

 

運営人数が4人なので、2人が体調不良などで休んだ場合、対応が滞る可能性が高いです。ですが、この部分に関しては今後体制が変わることで改善できるともいえます。

 

入金システムはあまり柔軟とはいえない部分もあり、円やドルといった通貨で入金はできず、必ずビットコインでBitMexに入金しなければいけないです。慣れるまでは、この手続きが手間になることもあるので、気をつける必要があります。

 

4 まとめ

BitMexとはどのような取引所か、メリットやデメリットについて紹介しました。

海外取引所ということもあり、根本的なシステムが違うという点がメリットにも働いています。特に、レバレッジ100倍というのは、国内の約4倍程度なので大きな利益を狙う方には利用する価値があります。

 

運用方法を事前に考えた上で、BitMexの利用を検討してみはいかがでしょうか!