RanQ

Add value1

流木って売れるの!?メルカリに学ぶ価値に気づく方法

  • Thumb img 0691
  • 8
  • 1381View

 

流木って売れるんですね。

 

こちらはとあるブログで紹介されていた流木です。

普通にお店で購入すると数千円しますが、メルカリでは500円で購入できたとのこと笑

 

1 メルカリでの大喜利大会

メルカリでは最近は現金が取引されていたことで、マネーロンダリングに使用されているのではないかと問題になっていました。

他にも「元彼」が売られていたり、「妊娠検査薬(陽性)」「出席カード」なども売られていたりします。

 

もはやちょっとした大喜利みたいになっていますね笑

Twitterでは#メルカリで売ってそうなものというハッシュタグで大喜利大会が行われているので興味がある人はぜひ見てみると面白いです。

 

それらを眺めていて改めて思うのは、一見もはや何の価値もないようなものでも誰かの役に立つということです。

きっと社会に存在しているあらゆるものは潜在的に価値を持っているのではないでしょうか?

 

そして、メルカリやAmazonといったECサービスは、それらの潜在的な価値とそれらを必要としている人を結びつけている、というのがサービスの本質なのかもしれません。

2 価値に気づくこと=感じたことを言葉に落とし込むこと

価値に気づくことについて考えるにあたって、

社会派ブロガーちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」の冒頭での説明を引用します。

あるときふと自分の足もとを見ると、そこに大きな金塊があったとします。大人なら誰でも、びっくり仰天するでしょう。慌てて家族や友人を呼んだり、スマホで写真を撮ったり、持ち上げて重さを確認したりと大興奮しますよね。なぜなら私たちは、「金塊には価値がある」と知っているからです。

ところが幼児や動物の足もとに金塊を置いても、それは単に、キレイな石にすぎません。最初は触ったり舐めたりして興味を示すでしょうが、食べられそうにもないし、おもしろいことは何も起こらないと理解した時点で、彼らは金塊を放置し、他の食べ物やおもちゃを探しに行ってしまいます。

幼児や動物には、すぐ身近にある金塊の価値に気づく能力がないのです。このように、自分のすぐそばに「価値あるもの」が存在していても、その価値を認識する力がないと、「自分の周りには何も価値あるものがない」と捉えてしまいます。

マーケット感覚とは価値に気づく力そのものであると。

そして、ちきりんさんはこの力が、今後EC化がますます進むこの社会で重要となる力だと述べているわけです。

(この本はビジネスに触れたことがない学生が読んでも理解が進みませんが、現場でビジネスと格闘している人にとってはものすごくためになります。)

 

でもその価値に気づくのがなかなか難しいんですよね。

普通に何気なく日々を過ごしていたり、せわしなく仕事をこなしていると、見落としてしまいます。

なので、こう考えれば価値に気づくことができるんじゃないかってエッセンスを少し。

 

私たちは一日の中でいろんなことを思い感じているはず。

人に会ったとき、お店に入ったとき、乗り物に乗ったとき…

対象が人でも商品でも商品でなくてもいいと思います。

物事を見たとき、聞いた時、使った時、自分の心に問いかければ何かを感じたはず。

その時、快適だっただろうか?不便だっただろうか?そしてなんで?っと感じたことを言葉にしてみます。

 

もし、物事の良いところに気づいたとしたら、それはきっとその物事の本質に気づけたということ

例えば、Macbookを使って、使いやすいと思ったとしたら、"使いやすさ"をMacbookは本質として持っていることに気づきます。

そして、"使いやすさ"という視点で周りの物事を見ていくことができるようになるはず。

 

もし、物事の悪いところに気づいたとしたら、それはきっとその可能性に気づけたということ

例えば、財布を覗いて、現金とレシートの管理が面倒だと思ったとしたら、キャッシュレス化の可能性に気づくことができます。

そして、あらゆる悩みや不便にビジネスチャンスがあることに気づくことができるはず。

 

もし、物事に疑問を抱いたとしたら、それはきっと仮説を立てる才能があるということ

例えば、コンビニに入って「どうして棚とレジが直角に交わるように配置されているのだろう?」と疑問に思ったとしたら、

お店のメリットから考えれば万引き防止のためかなと仮説を立てられます。

一旦仮説を立てることができれば、あとはより詳しい人や本に確認すれば、知識を深められるはず。

 

物事の本質に気づき、可能性を見抜き、仮説を立てることができれば、あらゆるものの価値に気づくことができるのではないか。

 

価値に気づく上で、一番大事なのことは、物事に関心を持って色々なことを感じることかもしれないなと。

褒めることができることも、批判できることも、疑問に思えることも、全ては貴重な才能なのかもしれませんね。

 

マーケット感覚を身につけよう [ ちきりん ]

価格:1,620円
(2017/4/29 17:58時点)
感想(6件)

参考にしたちきりんさんの図書。とってもわかりやすくてオススメです!

 

自分のアタマで考えよう [ ちきりん ]

価格:1,512円
(2017/4/29 18:57時点)
感想(25件)

論理的に考えるためには、まず自分の頭の中の仮説を整理しないといけないんですよね。

それを教えてくれた本です。同じくおすすめ。

 

自分の時間を取り戻そう [ ちきりん ]

価格:1,620円
(2017/4/29 18:58時点)
感想(2件)

今後もEC化をしていくと述べましたが、もっというなら市場化が進み続けるということです。

市場化が進む中、私たちはただ仕事をこなすのではなく、"生産性"という新しい概念を取り入れて行かないといけない。

それを教えてくれる本です。