RanQ


ADA(エイダコイン)とは?特徴・チャート分析〜取引所・買い方まで解説

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 655View

仮想通貨の売買に慣れてくると、国内取引所で取り扱っていない仮想通貨にも投資してみたいと考える人は多いでしょう。

海外取引所で売買可能な仮想通貨の中には、今後大きく値を上げる可能性の高いものもいくつかあります。そのうちで、ここではADAコインについて説明していきます。

 

1 ADAコインとは?

 

ADAコインはエイダコインと読み、カルダノというオンラインカジノサービスで使用されている仮想通貨です。通貨名にはカルダノ(Cardano)と表記されることもあります。開発当初から、カルダノで使用することを前提として作られました。公開されたのは2017年の10月で、仮想通貨の中でもかなり新しい部類に入ります。技術開発はIOHKという企業が行っていました。イーサリアムクラシックの技術開発も手がけた企業です。

 

ADAコインは他の仮想通貨と比較して発行枚数がかなり多い方で、上限は450億枚です。現在流通している枚数は約320億枚で上限には達しておらず、だいぶ差があります。上限枚数と流通量との差の分は、マイニング報酬としてマイナーに分配され、少しずつ市場に出回る予定です。発行枚数が多いこともあり時価総額も高めで、既に10位以内に入っています。

 

ADAコインは公開されたばかりの頃は詐欺コインと言われていた時期もありましたが、現在では人気の高いアルトコインの1つです。当初詐欺コインと言われていた主な理由は、プレセールの購入単価がかなり高かったことと、公開が予定よりも大幅に遅れてしまったことが挙げられます。プレセールでADAコインを購入した人から見れば、実際に公開されるまでの間は、詐欺だと思っても無理のないような状況でした。しかし、既に公開され一部の取引所で売買も行われている現在では、詐欺だと疑う原因は払拭されています。

 

 

2 ADAコインの特徴

仮想通貨は基本的に国や企業、団体などの管理下に置かれず管理者がいません。しかし、仮想通貨の中でも一部の通貨は管理団体が存在するものもあります。ADAコインもそのうちの1つです。スイスのカルダノ財団がADAコインを管理しています。「ダイダロスウォレット」というADAコイン専用のウォレットもカルダノ財団が提供しているため、ADAコインを買うならぜひインストールしておきましょう。

 

仮想通貨は複雑に暗号化することでセキュリティが保たれています。しかし、量子コンピューターを使えばセキュリティを突破できてしまう可能性もあります。ADAコインは他の仮想通貨と比べて暗号化が非常に複雑で、量子コンピューターでも容易にセキュリティを破ることはできません。強固なセキュリティがADAコインの大きな特徴です。

 

ADAコインの送金履歴は全て一般のユーザーに公開されているのも特徴として挙げられます。カルダノが提供している独自のブロックエクスプローラーを使うことで、どの送金履歴に関しても閲覧可能です。自分が送金した先のアドレスや日時、金額などを確認できます。逆に他のユーザーが自分に送金してきた場合にも、同じ情報を見られます。

 

3 ADAコインのチャート・価格推移

ADAコインは2017年10月の公開直後に急上昇し日本円に換算して10円にまで跳ね上がりました。時価総額も公開直後から上位に食い込んだわけですが、すぐに下落し2ヶ月ほど2円から3円くらいの金額で推移します。このとき、ADAコインを取り扱っている取引所はビットレックスのみでしたが、11月の終わり頃にビットレックスでイーサリアム建てでADA取引ができるようになりました。その影響でADAコインが約15円に急騰します。その後やや値を下げながら横ばいで推移していましたが、12月に入ってから、バイナンスとコインネクストに上場を果たしました。その影響でADAコインはさらに大幅な上昇を見せました。

 

大きく値を上げた直後は横ばいで推移するか、いったん調整に入り少し下落するのが普通です。

しかし、12月には2つの取引所で連続して上昇したこともあり、調整で下がっていた期間は短く、下がり幅も小さいまま連続して急上昇していました。ビットコイン建てで見ると11月終わりに急上昇してから1ヶ月ほどで約5倍にまで跳ね上がっています。

さらに年明けには一時その2倍近くにまで上がりました。ADAコインのビットコイン建てのチャートを見てみると、11月の終わり頃から1月の初め頃までは非常に長い陽線が確認でき、値上がりの激しさが窺えます。日本円換算で一時100円を超えていました。

 

しかし、さすがに上がりすぎたとの見方が強まり、仮想通貨全体の相場が下降基調である影響も強いことから1月以降は少しずつ値を下げています。2018年2月の時点では日本円で約40円です。これまでの値動きから見て、今後もADAコインは上げ材料があれば敏感に反応し急騰する可能性が高いでしょう。

 

4 ADAコインの今後の将来性と成長する4つの理由

ADAコインは公開されてからあまり期間が経過しないうちに大きく値を上げました。2018年2月現在では時価総額で6位という位置づけで、既にメジャーなアルトコインと言えます。現在時価総額上位のアルトコインや知名度の高いアルトコインも、ほとんどが草コインと呼ばれていた期間を経て現在に至ります。何年も値が低いまま知名度もほとんどない状態だったアルトコインも多いです。この点から見て、ADAコインは非常に成長が早いと言えるでしょう。

ADAが公開直後から順調に成長できたのは、通貨として利用できる場面がはっきりしていたことが大きいです。仮想通貨の多くは、リリース時点では使い道がはっきりしていません。リリースされてある程度取引量が増えてきてから、決済手段として利用可能なサービスや店舗などが増えて行きます。使える場が増えたら、持っていたいと思う人が増えてさらに値が上がることが多いです。売買可能な取引所も増えます。

しかし、決済手段などととてい使える場ができないことには、なかなか成長しません。長期間草コインのままの状態になっている仮想通貨の多くは、通貨として使用できる場がないのです。ADAコインの場合には、公開当初からカルダノでオンラインカジノサービスでベッドするのに使えたため、購入したと思う人や持っていたいと思う人がかなり多かったのです。

既にある程度成長しきっている仮想通貨は更なる成長は難しい場合が多いですが、ADAコインはまだまだ成長の余地を残しています。他にも成長の伸びしろが大きいアルトコインはたくさんありますが、ADAコインの場合には今後さらに成長する理由がはっきりしている点が大きいです。

 

今後、ADAコインが成長する理由は大きく分けて4つあります。

 

カルダノデビットカード

そのうちの1つがカルダノデビットカードのサービスです。カルダノでは、ADAコインからチャージして利用できるデビットカードの発行を予定しています。デビットカードは通常銀行が発行していて、クレジットカードと同じようにして使用し、利用額はリアルタイムで銀行口座から引き落とされるサービスです。

カルダノデビットカードは従来のデビットカードと異なり、銀行口座ではなく保有しているADAコインから利用額が引き落とされます。日本円や米ドルなどへの両替も決済時に自動的に行われるため、実現すれば非常に便利なサービスです。カルダノデビットカードのサービスはADAコインにとって大きな上げ材料になるでしょう。

デビットカードはクレジットカードが使える店舗やサービスなら利用可能です。カルダノデビットカードのサービスが提供開始されれば、事実上ほとんどの店舗で事実上ADAコインでの決済ができることになります。

 

 

ADAコインのATMの設置

もう1つは、ADAコインのATMが設置されることです。保有しているADAコインを日本円に自動両替して引き出せます。年内に25台設置する予定です。既に都内にはビットコイン用のATMがいくつか設置されていますが、同じATMでADAコインも利用できるようになる可能性も高いです。

 

 

取り扱っている取引所がまだまだ少ない

ADAコインは時価総額が高く期待できる点も多いわりに、上場している取引所が少ないことも大きな特徴です。つまり、今後新規でADAコインの取り扱いを開始する取引所がどんどん増えるものと見込まれます。バイナンスやコインネクストに上場したときには非常に大きく値を上げましたが、今後も新規で他の取引所に上場する際に同じように値を上げる可能性が高いです。現在上場済みの取引所が非常に少ないこともあり、それだけ利益を上げられるチャンスも多いでしょう。

ADAコインは現在のところ国内の取引所ではまだどこも取り扱っていません。いずれ国内の取引所でもADAコインの取り扱いを開始するところが出てくるでしょう。しかし、国内取引所に上場する頃には既に今よりもかなり高値になっていると予想できます。また安いうちにADAコインを買っておくには海外取引所を利用する必要があります。

 

 

ギャンブルやオンラインゲームとの親和性

また、もともとオンラインカジノサービスで使うことを想定して開発された通貨であるため、他のギャンブルやオンラインゲームでもADAコインが使えるようになる可能性が高いです。意外なことに日本では、ギャンブルの市場規模が大きくADAコインとの相性が良いと言えます。

オンラインゲームも市場規模が大きく、どんどん拡大しています。ギャンブルとオンラインゲームの分野で普及が、今後ADAコインが大きく成長するかどうかの鍵を握ります。

 

 

5 ADAコインを買うならバイナンスへ

海外取引所でも既にADAコインを売買可能なところは数えるくらいしかありません。選択肢はごく限られていますが、特におすすめなのはバイナンス(Binance)です。

バイナンスは中国の香港に本社を置いている仮想通貨取引所で、非常に多種類の仮想通貨を取り扱っています。仮想通貨投資をしている人たちの間で知名度が高く、海外取引所に興味を持つ人の多くは、最初にバイナンスの口座を開設することが多いです。バイナンスは2017年にできたばかりの取引所であるにもかかわらず、取引量は世界一の水準で取引手数料も非常に安いです。

バイナンスは以前までは日本語に対応していましたが、現在では日本語で表示することはできません。ただ、英語表示のままでも、それほど難しくはありません。特に英語が得意な人でなくても無理なく使えます。

 

バイナンスのアカウント取得方法はとても簡単で、メールアドレスとログインパスワードを登録するだけです。国内取引所と異なり、バイナンスでは氏名や住所などは登録する必要はありません。意外と気軽にアカウントを取得できます。二段階認証に対応しているため、不正アクセスなどが心配な人は設定しておきましょう。国内の取引所では本人確認が必要であるため、アカウントの開設手続きを済ませてもすぐに取引を開始できないケースが多いですが、バイナンスではアカウントを開設したらその日のうちに取引を開始できます。
ただ、1日に2BTC以上の出金をする際にはバイナンスでも本人確認が必要です。大きな金額の出金をする予定がなければ本人確認をしていなくても特に問題ありません。


注文方法は指値注文と成行注文、逆指値注文に対応しています。Limitと表示されているのが指値注文で、Marketと表示されているのが成行注文です。逆指値注文はStop-Limitと表示されています。

 

バイナンスでADAコインを買うには、ビットコインorイーサリアムを入金してビットコインorイーサリアムで買う方法が一般的です。ADAコインだけでなく、他のアルトコインもビットコイン建てかイーサリアム建てで取引をします。バイナンスでは日本円での入出金に対応していません。バイナンスにログインしてみると、ビットコインやイーサリアムを決済通貨としている通貨ペアがたくさん並んでいるのが分かるでしょう。その中には「ADA/BTC」や「ADA/ETH」があります。既にビットコインかイーサリアムを持っている人は、それをバイナンスのアカウントに送金しましょう。

まだ、ビットコインもイーサリアムも持っていない人は、国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入する必要があります。

また、バイナンスで取り扱っている他のアルトコインを送金し、ビットコインかイーサリアムに換えてから、ADAコインを買う方法も可能です。

 

 

 

 

 

6 まとめ

ADAコインは公開から僅か数ヵ月で時価総額10位以内にランクインするほどに成長しました。今後もカルダノデビットカードの提供やADAコイン用のATMの設置などのサービス展開とともに、どんどん成長が見込まれます。セキュリティが強固である点もADAコインの魅力です。

現在は海外取引所でしかADAを購入できませんが、ADAコインに投資をするなら、あまり値が上がらないうちに買っておくのが賢明でしょう。