RanQ


プレゼンで緊張しない、成功するためにやっておくべきこと

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 103View

1 練習あるのみ

プレゼンで緊張してしまう1番の原因は「練習不足」です

プレゼンが上手くて有名なスティーブ・ジョブズも何回もリハーサルをやっていました

何度もリハーサルをすることで自信がつきます

さらに本番で頭が真っ白になっても口と身体が記憶してくれているので勝手に口が動いてくれます

あがり症、すぐ緊張してしまう人ほどリハーサルを重ねましょう

 

練習していない人のプレゼンはすぐにわかります

キーセンテンスを暗記せずに音読していたり、スライドの場所を把握していないと

それだけで説得力はなくなってしまいます

プレゼンは努力が垣間見える場所です

 

リハーサルを重ねることでスライドの欠点が見えてきます

さらにここでこの話をしようなどプレゼンの流れも把握することができるので

リハーサルを重ねましょう!

 

2 緊張は場を踏むことで解消

場を踏まなければ一生プレゼンはうまくなれません

ただ友達の前でやるのでも十分に効果があります

友達5人の前で話すのって意外と緊張するんですよ!

 

次は少人数の前でのプレゼン

少人数の前だと観察されるので身だしなみには気をつけましょう!

 

人の目を見て話すことって意外と大切なんです

プレゼンターと目が合ったときってなぜか真面目に聞こうと思いませんか

これは人数が少ない時ほど効果を発揮します

人の目を見て話すのは緊張するほど難しいですが

勇気を持って頑張りましょう!

 

 

身だしなみなら脱毛メンズリゼ

メンズリゼクリニック