RanQ


仮想通貨で見る大手メディアの杜撰さ

  • Thumb new kigyoka
  • 1
  • 491View

一般的に、大手のメディアの方が信頼性があって、インターネットメディアや個人ブログは間違った情報が多いとされている。Googleの健康アップデートなんかでは権威性の乏しい(大手ではない)サイトが低く評価されたし、大手はやはり情報の信頼性が正しいと言われている。


ただ、それが当てはまらない分野もある。仮想通貨を始めとした最先端のテクノロジージャンルである。コインチェックの会見では、多くの記者の不勉強さが際立つ結果になったし、上の記事を見る限りだと、「分かっていない」か「分かっているけどアクセス稼ぎのために煽っている」ように見受けられる。

LISK公式がコインチェックの送金については不正送金ではない(コールドウォレットに移したなどが考えられる)と発表しているが、その後にこうした記事を出していて、なおかつそれから2週間ほどしてこの記事を再度ツイートしている。

実態を理解していない(もしくはしていても無視している)記者が不安を煽り立てるために、このような記事を書いている。

 

正直、個人的な認識ではブロックチェーンやAIなどのジャンルにおいては大手メディアは有識者の個人ブログなんかより2段階、3段階もレベルが低い。露骨に間違っていることもしばしばだ。
情報の信頼性とメディアの看板は一致しない。

 

 

 

Thumb new kigyoka

起業家.comの代表の人ツイッターはこちら