RanQ


Zaif(ザイフ)トークンとは?買い方や今後の将来性を大予測!

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 2141View

人気の大手仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)が独自に発行するZaifトークンという通貨があります。

 

このZaifトークンには、一体どんな特徴があるのでしょうか?

また、どんな使い道があるのでしょうか?

 

今回は、Zaifトークンの特徴や将来性などの情報をくわしく解説してきます!

 

 

 

 

1 Zaifトークンの特徴

Zaifトークンは、テックビューロ社が運営する仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」が発行するトークンです。

トークンとは、「自分で発行する独自通貨」という意味があります。

 

現在、トークンという言葉は、一般的にブロックチェーン技術を用いた仮想通貨に対して使われるようになっています。

 

このトークンをZaif(ザイフ)が独自に発行した目的はいったい何なのでしょうか?

 

発行しているからには、必ずなにかの目的を持って作られているものです。

 

読者の方に、目的を知っていただくために、Zaifトークンの特徴を解説していきます!

 

 

・Zaifトークンはビットコインのシステムを利用してつくられた

 

「カウンター・パーティー」という、ビットコインに使われているブロックチェーンを利用して独自トークンをつくることができるシステムがあります。

 

Zaifトークンは、このカウンター・パーティーを利用してつくられました。

 

カウンター・パーティーを使えば、多少のプログラミングのスキルがある人ならば、自分で独自トークンをつくることができます。

 

 

 

・Zaif(ザイフ)がZaifトークンを発行することで資金調達ができる

 

独自のトークンを発行する最大のメリットは、自分たちが作ったトークンを購入してもらうことによって、事業のための資金調達ができるという点です。

 

Zaifトークンは、2016年の春にリリースされてり、Zaif(ザイフ)やテックビューロ社の事業展開のための資金集めの目的で発行された面もあります。

 

発行され始めたころは、まだ仮想通貨市場全体が、今ほど規模が大きくない状態でした。

Zaif(ザイフ)も仮想通貨取引事業を始めるために、Zaifトークンを使って事業資金を集める意図はあるでしょう。

 

 

・モバイルウォレットが利用できる

 

Zaifトークンの保管には、「InsideSquare Wallet(インサイドスクエア・ウォレット)」という、スマホで使えるモバイルウォレットが対応しています。

 

仮想通貨取引所のウォレットはハッキング被害に遭いやすく、決して安全な保管場所ではありません。

 

実際に、大手の仮想通貨取引所でも、大規模なハッキング事件が起きました。

 

せっかく購入した大切な仮想通貨・トークンは、盗まれないように、絶対にセキュリティの高いウォレットに入れておきましょう!

 

InsideSquare Wallet(インサイドスクエア・ウォレット)は、スマホのアプリとしてダウンロードして使うことができるので、ぜひ利用してみてください。

 

 

・ICOプラットフォームCOMSA(コムサ)のトークン購入ができた

 

現在は終了しましたが、日本初のICOプラットフォームとして注目されている「COMSA(コムサ)」というプロジェクトのICOがありました。

 

COMSA(コムサ)は、企業がブロックチェーンを導入できるように支援するサービスです。

 

そのCOMSA(コムサ)もまた、Zaif(ザイフ)と同じく、テックビューロ社のプロジェクトです。

 

COMSA(コムサ)では、プロジェクトでCOMSAトークンという独自トークンを発行していました。

このCOMSAトークンをZaifトークンで購入することができたのです。

 

COMSA(コムサ)は、いま、大注目のプロジェクトです。

 

なので、今後COMSA(コムサ)が実用化されて、世の中のインフラとして活用される場面でも、ZaifトークンがCOMSA(コムサ)トークンと交換ができるようになれば、価格を大きく上げるかもしれないという期待がされているのです。

 

 

 

・Zaif(ザイフ)が開催するイベントでZaifトークンがもらえる

 

 

これまでに、Zaif(ザイフ)が開催したイベントで、Zaifトークンがもらえました。

 

たとえば、「ZaicaでGo」というブロックチェーン技術と位置情報を活用したアイテム集めを楽しむイベントでは、賞金としてZaifトークンがもらえました。

 

今後も、Zaif(ザイフ)が開催するイベントで、Zaifトークンは積極的に配布されるなど、活躍していくことが予想されます。

 

2 Zaifトークンの詳細

通貨単位:ZAIF

※通貨単位を表すときは、すべて大文字になります。

 仮想通貨取引所としての表記は「Zaif」

 

総発行数:8,999,999,999枚

 

時価総額:7,430,610,000JPY

(※2018年2月11日時点) 

3 Zaifトークンのチャート

Zaifトークンの価格は一体どのように推移しているのでしょうか?

 

「発行開始のときにはどれだけの価格だったのか?」

「いまはどれだけの価格になっているのか?」

 

気になってきますよね?

 

Zaifトークンのチャートの推移を紹介していきます。

・2016年7月29日 始値1.0000円 終値3.0000円

Zaifトークンが発行され始めた日の最初の取引では、1円の価格だったZaifトークンは、その日最後の取引では3円の価格にまで上昇しました。

 

Zaifトークンが最高値を記録したのは、発行初日の2016年7月29日です。

この日、5.2000円で取引されたのが、Zaifトークンの最高値の記録です。

4 Zaifトークンの今後・将来性

Zaifトークンは、いま将来を有望視されているIT企業テックビューロ社の運営する取引所Zaif(ザイフ)が発行しているということが、将来性があるといえるポイントでしょう。

先に紹介したCOMSA(コムサ)も、テックビューロ社が進める、国内ICOの大型プロジェクトとして注目されています。

テックビューロ社が、日本の仮想通貨・ブロックチェーンの世界をけん引する存在として、今後活躍すれば、Zaif(ザイフ)取引所は、事業収益を拡大することになります。

そうなれば、Zaif(ザイフ)で使用できるZaifトークンも価格を上げることになるでしょう。

 

 

Zaifトークンは、将来的に、現在のカウンター・パーティーのシステムから、NEM(ネム)のブロックチェーン・システムへ移行する予定です。

NEM(ネム)はブロックチェーン技術を使ったアプリケーション・プラットフォームを作成するためのシステムです。

Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ社の社長である朝山貴生(あさやま たかお)氏は、このNEM(ネム)の発展を推進する「NEM財団」の理事でもあります。


このように、テックビューロ社およびZaif(ザイフ)は、NEM(ネム)を後押ししており、Zaifトークンの運営システムにもNEM(ネム)を活用しようとしているのです。


 

NEM(ネム)はセキュリティがとても高度なシステムです。

そのことから、NEM(ネム)は現在、もっとも実用化に近いブロックチェーン・システムであるといわれています。

このNEM(ネム)のブロックチェーン・システムを使用したZaifトークンも、セキュリティ面で、安全性を保ち、信頼のおける通貨となっていくことが期待されています。

 

5 Zaifトークンを買うならZaifへ

Zaifトークンは、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でのみ購入することができます。

 

Zaifは手数料が0~0.1%と、とても安いことで評判の取引所です。

他の取引所では、場合によっては1~7%取られてしまうこともあるので、破格の安さであるといえます。

 

Zaif(ザイフ)は自動で積み立て投資ができるサービスを備えていたり、マイナス手数料という、取引をした人が仮想通貨を支払うのではなく、逆に手に入れることができるサービスがあります。

これは、ほかの取引所にはない独自のサービスで、仮想通貨を取引する多くの人から、人気を得ています。

 

 

 

⬇︎Zaifの登録方法については下記の記事で解説しています。

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ranq-media-image-store/uploads/ckeditor/pictures/2920/image1.png

【画像あり】Zaif(ザイフ)の登録・口座開設の全手順を徹底解説

 

 

 

 

6 まとめ

Zaifトークンの価値は、仮想通貨取引所のZaif(ザイフ)と、運営をしているテックビューロ社の将来性と密接に結びついています。

 

Zaif(ザイフ)はいま、国内でもトップクラスに規模の大きい仮想通貨取引所になっています。

テックビューロ社自体も、大型ICOプロジェクトであるCOMSA(コムサ)をはじめとして、ブロックチェーンを使った様々なプロジェクトを進めて、大きな期待を集めています。

 

そんなテックビューロ社の取引所のZaif(ザイフ)で使えるZaifトークンもまた、今後は大きく価値を上げていくことが予想されています。