RanQ


仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入できるおすすめ取引所・買い方

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 267View

ビットコイン2.0や暗号通貨2.0と呼ばれる仮想通貨はブロックチェーンを応用した機能を持っており、2018年ブロックチェーンを利用したサービスが実際に目に見え始めると言われている今、注目が集まっています。

 

現在「スマートコイントラクト」を利用した仮想通貨増えてきましたが、イーサリアムはその先駆けとも言えます。イーサリアムの「分散型アプリケーションプラットフォーム」を利用しスマートコイントラクトは作られます。

 

その機能は企業間や行政の契約内容を自動的に執行し、ネット上に永久保管する画期的なシステムです。今ではICOに参加するためにはイーサリアムが必要となっています。そんなイーサリウムについて解説します。

 

1 イーサリアムの特徴について

・スマートコントラクトとは?

ブロックチェーン技術を応用し、通貨の取引情報だけでなく、例えば企業間が取り決めた契約内容などもブロックチェーンに書き込み、保管するシステムがスマートコントラクトです。スマートコントラクトを直訳すると「賢い契約」という意味です。

 

例えばビットコインのブロックチェーンは、取引情報が入ったブロックに保管され、それがチェーンで繋がっています。その結果、改ざんが不可能になっています。その技術を応用し、企業のプログラマーがブロックチェーンに契約内容を書き込んでおき、ネット上に保管し実行~報酬支払いまでを自動的に行うことが可能なプラットフォームです。また契約内容を改ざんされる心配もありません。

 

契約が自動的に執行されることで、仲介する第三者機関や手間や時間を大幅にコストカットすることが可能になります。「過去のデータの実行履歴をすべて記録・公開する技術」が最大の特徴です。手続きが多い不動産関係の登記や、行政機関にも利便性があります。

 

公証が必要な第三者機関の承認が必要なくなるというのは、改ざんされないスマートコントラクの技術自体が証明になるわけです。イーサリアムの画期的なシステムに注目したマイクロソフトや大手企業が活用したことで、一気に信用を集め注目度も上がりました。

 

 

・発行上限枚数はない

2015年7月にリリースされたイーサリアムは、天才数学者と言われれいるチャールズ・ホスキンソン氏により開発されました。この「スマートコントラクト分散型アプリケーション」の構築プラットフォームを使用する仮想通貨を「イーサ(ETH)」と呼びます。ちなみにこのETHの発行上限枚数はありません。

 

 

・イーサリアムのマイニング

マイニングシステムはビットコインと同様のProof of Work(PoW)が採用されています。マイニングにより取引の承認を行い、成功したマイナーにマイニング報酬として取引手数料(1ブロックにつき5ETH)が支払われます。

 

ビットコインと異なるのは、マイナーの権力集中を防ぐ為、専用端末の開発を困難にするためビットコインとは異なったアルゴリズムが採用されています。現在、ビットコインでは一部マイナーへの権力集中が問題となっています。

 

2 イーサリアムの価格動向と今後の将来性について


時価総額ランキングでは常に第2位をキープし、ICOでもイーサリアムでの参加がほとんどになってきました。誰にでも書き込めることができるイーサリアムのスマートコントラクトは、既に多くの業界で実証実験が行われています。それだけイーサリアムの技術が画期的だったとも言えます。
 

2017年の初めはまだ1ETH=1,000円台でした。それが2017年5月頃から価格はどんどん上昇し始めました。2017年6月には39,000円まで上がり、そこから乱高下しながら2018年1月に139,000円まで高騰しました。しかしその後何度か暴落しながら2月14日現在、93,000円と徐々に値段を戻しています。

 

イーサリアム企業連合会には150社以上の大手企業が参加しています。日本企業ではトヨタや三菱東京UFJがすでに加盟しています。またKDDIがこの連合会に加盟し、実証実験を行なっております。

 

また上記でも言いましたが、ICOのほとんどがイーサリアムを利用しています。開発されるトークンはイーサリアムのブロックチェーンを利用し、独自のトークンを開発するケースが多いです。通貨だけの機能ではなくブロックチェーンを応用した仮想通貨がこれからは有望とされます。

 

そういった面でもイーサリアムの需要はまだまだこれから大きく広がっていくと予想されます。一時期よりは価格が下がったものの、まだこれから伸びる可能性は十分にあると言えます。

 

3 イーサリアムを購入できるおすすめ取引所

・Zaif

 
日本国内の大手取引所ザイフではビットコインとアルトコインの取引所があります。販売所ではビットコインとモナコインのみが簡単売買ができます。主な取り扱い仮想通貨は5種類あり、ネムは日本円とビットコインでトレードできます。ザイフは取引所に特化しているので、チャートはローソク足まで確認することができるので、トレーダーには人気の取引所です。

 

ザイフの特徴として取引手数料がマイナス手数料を採用しています。maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01%となっています。つまり取引をすればするほど少額ではありますが、手数料分が手に入る仕組みです。(簡単売買、信用取引には対象外です)他の取引所では取り入れていないので、お得に取引を行うことができます。

 

 

 

 

 

・ビットフライヤー

ビットフライヤーは取引量・登録ユーザー数・資本金が日本国内第1位の大手取引所です。取り扱っている仮想通貨が7種類と多く、イーサリアムも販売所で取り扱っています。初心者にも分かりやすく作られており、主に販売所を展開していますが、取引所ではビットコインのトレードができます。

 

ビットフライヤーはスマホアプリにも対応しており、7種類全てをスマホから簡単売買が行えます。イーサを購入する際は0.1ETHから購入することができます。販売所からの購入になるので、例えば2月14日の購入価格100,278円で、売却価格が94,125円です。その差額「6,135円」が手数料になります。この差をスワップ手数料または売買手数料とも言います。

 

スマホでも板情報とチャートを確認することができるので、パソコンでなくても十分に取引が行える利点があります。何より登録が簡単なので、いつでも始められることができます。

 

 

 

 

 

・ビットバンク

ビットバンクには5種類の仮想通貨が取り扱われており、販売所がなく取引所に特化しています。またキャンペーン中は取引手数料がゼロになる場合があります。またFXにも力を入れているので初心者から上級者までが充実したシステムで使用することができるのが特徴です。

 

さらに登録も簡単なので、簡単売買に慣れ仮想通貨をもっと安く購入したいと考えているならビットバンクでの取引が最適です。またビットバンクトレードいうFXに特化した取引所と連携させることができるので、FXに挑戦してみたいユーザーにも人気があります。

 

 

 

 

 

・GMOコイン

GMO証券で有名なGMOインターネットという大手金融企業が運営している取引所GMOコインです。

2017年12月から北欧でビットコインのマイニングをスタートさせました。5種類の仮想通貨を扱っており、取引所はありませんが、ビットコインFXと販売所に特化しています。

 

登録も簡単で、販売所なので初心者でもすぐに始められることができます。また日本円出金やビットコインの引き出しが無料なのも大きなメリットです。一般的には手数料がかかります。トレードが目的というより、長期投資するために購入するユーザーには適しています。

 

 

 

 

4 まとめ

イーサリアムはブロックチェーンを応用させた暗号通貨2.0の先駆けのような仮想通貨です。これからブロックチェーン技術を応用したサービスが多く出始めます。またそういった仮想通貨にいち早く投資するためにイーサが必要になるケースも多くあるでしょう。イーサリアムにはそういった将来の期待が集まっていると言えます。