RanQ


仮想通貨ネム(NEM/XEM)を購入できるおすすめの取引所まとめ

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 301View

ネムはマイニングが要らない珍しい仮想通貨で、イニングによる膨大な電力費をかける必要がないのでエコな仮想通貨としても有名です。 
またネム(NEM)は、「新しい経済運動(New Economy Movement)」の略称です。元々はプロジェクト名だった「NEM」ですが、現在では仮想通貨の名前として使われるようになりました。 


2017年後半からビットコインのスケーラビリティ問題が注目され始め、送金の遅延やそれに伴い手数料が高くなりました。また一部マイナーの権力集中が懸念されるなど、そういった問題点がありビットコインは商業的に利用する通貨ではないと言われるようになりました。

一方で、ネムはビットコインとは異なった取引承認システムを採用しており、「一般の人にも平等に報酬が得られる」仕組みがあります。そんなネムの特徴や取引所について解説します。

 

1 ネムの特徴とは?

・発行限度枚数90億枚が発行済み

 

ネムの通貨単位は「XEM(ゼム)」で、一般的には徐々にマイニングされることで新規発行されますが、ネムの場合はスタート時に90億枚が全て発行され、1600人の投資家に均等に配分されたそうです。

 

ネムが目指す理念は「金銭的な自由、分散化、平等などに基づき新しい経済圏の創出」です。90億枚が発行限度枚数なので、これ以上発行されることはなく、均等に配分されスタートすることが、目的への正しいスタートだったのでしょう。

 

 

・取引承認作業はハーベスティング

ネムにはネムネットワークという独自のアルゴリズムが構築されており、従来の仮想通貨のようにマイニングを必要とするシステムとは異なります。特殊な仮想通貨で、ビットコイン2.0の1つであるNXT(ネクスト)という仮想通貨を改良するプロジェクトがネムでした。ネムのハーベスティングは取引の承認を行うことで、取引の際の手数料を報酬として受け取れます。

 

 

またハーベスティングに参加するには、ネムを専用ウォレットに10,000XEM以上を保有することで、誰でも行えます。高性能のパソコンは必要なく一般的なパソコンがあれば可能です。また承認作業に選定はランダムに選ばれ、確率を上げるにはネムネットワークの貢献度になります。

 

 

・独自のアルゴリズム:PoI(Proof-of-Importance)

ネムネットワークはPolと言われるシステムで構築されています。lmportance=重要度という意味で、ネムネットワークをどれだけ使用しているかです。取引回数や取引額、ネムの保有数などで評価されます。貢献度が高いほど、承認作業にも選定されやすくなります。

 

これらの評価が平等にされるシステムがPolであり、ネムの目的である富の再分配、平等な機会を「世間一般の人」にも力を与えるに繋がっています。

 

ちなみに10,000XEM保有していれば誰でもハーベスティングが可能なので、パソコンの電源をつけたまま行うローカルハーベスティング、パソコンの電源は落とした状態でも可能な委任ハーベスティングがあります。

 

 

・ブロック生成時間1分

ネムは送金完了までの時間が1分とビットコインに比べるとかなり早く行えます。マイニングする必要がないので取引処理の遅延や、手数料が高くなることもありません。ビットコインよりも実用的だともい言えます。また実際にネム決済のフリマアプリが誕生し、さらに実用性をましています。

 

2 今までの価格変動とネムの今後と将来性について

ネムは2018年にカタパルト実装が控えており、その影響で価格が20円台だった価格が2017年12月に一気に200円近くになりました。しかし2017年1月16~18日の間に価格が下落し、73円ほどまで落ちました。しかし回復も早くすぐに100円以上まで上がりました。2月14日現在は58円前後をキープしています。

 

 

カタパルトが実装されることで何が変わるのかを簡単にご説明します。カタパルトは取引所ザイフを運営しているテックビューロ社と共同で開発されています。ネムの性能向上のために仕様全体を新しくし、JavaからC++へと移行して、遅延軽減と双方向通信向上のため、httpプロトコルからsocket通信へと移行します。

 

この大規模なアップデートにより1秒に最大4,000件ものトランザクション(取引)を処理することが可能になります。リップルなら1,000件ほどで、VISAなら4,000~7,000件ほどなので、クレジットカードと同じぐらいスピーディーに決済処理が可能ということになります。またマルチング・システムというものが導入され、複数のトランザクションを同時に処理することが可能になります。

 

テックビューロ社には独自開発のブロックチェーン「mijin」があり、ネムのブロックチェーンと同じ性能を持ち合わせています。二つのブロックチェーンはAPIを通して相互作用を可能にしました。これによりテックビューロ社の商業対としての立ち位置と、ネムコニュニティを統合した新たなエコシステム実現に近づきます。またネムの最終目的である「ネムによる経済圏設立」へと繋がり、今後もネムの可能性には大きな期待があります。

 

3 ネムを購入できるおすすめ取引所

・Zaif

日本国内の大手取引所ザイフではビットコインとアルトコインの取引所があります。販売所ではビットコインとモナコインを簡単売買ができます。主な取り扱い仮想通貨は5種類あり、ネムは日本円とビットコインでトレードできます。ザイフは取引所に特化しているので、チャートはローソク足まで確認することができるので、トレーダーには人気の取引所です。

 

ザイフの特徴として取引手数料がマイナス手数料を採用しています。maker マイナス0.05%, taker マイナス0.01%となっています。つまり取引をすればするほど少額ではありますが、手数料分が手に入る仕組みです。(簡単売買、信用取引には対象外です)他の取引所では取り入れていないので、お得に取引を行うことができます。

 

簡単売買はビットコインとモナコインしかできませんが、取引所の方が販売所より安く購入できるので、初めから取引所に慣れてしまう方が後々楽ではあります。

 

 

 

 

 

・DMM Bitcoin

タレントのローラがCMに出演していたことでも知名度がかなり上がった株式会社DMM.comは、株式会社東京ビットコイン取引所を12月12日に株式会社DMM Bitcoinに社名変更し、2018年1月11日から口座開設申込み開始となりました。DMMグループは大手ベンチャー企業でもあり、DMM.com証券では国内口座数第1位でもあります。

 

取り扱い仮想通貨が7種類と豊富で、通貨ペアが14種類です。ここで注意が必要なのは、現物取引が可能なのはビットコインとイーサリアムのみになっている点です。

他のアルトコインはレバレッジのみとなっているシステムなので、他とは大きく異なります。なお、レバレッジ取引に関してはアルトコイン全て円建てとBTC建で行う事が可能で、ビットコインも円建てでレバレッジ取引が可能です。

 

つまり初心者が突然、DMMで取引を始めようとしたら現物取引がなくて唖然としてしまう場合もあります。他取引所でトレードを経験してからのレバレッジにチャレンジしてみることをおすすめします。ちなみに現物取引手数料は無料で、レバレッジの新規注文手数料、決済手数料は無料です。

 

 

 

 

 

4 まとめ

ビットコイン2.0とも呼ばれているネムは今後を大きく期待されている仮想通貨と言えます。マイニングはかなりの電力を消費し、一部のマイナーに権力を集中して非中央集権ではなくなってきているとも言われています。

そこで公平性を評価されているネムのシステムは、悪意のあるノードが入りにくく、セキュリティーも高い仮想通貨です。そういった利点が多くあるネムの今後の発展に期待できると言っていいでしょう。