RanQ


仮想通貨BCH(ビットコインキャッシュ)とは?特徴や今後の将来性を紹介!

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 745View

仮想通貨投資に興味を持ち始めた人は、「ビットコインキャッシュ」という仮想通貨の名前を聞いて、ビットコインとどう違うのか気になるでしょう。

ビットコインと関係がありそうな名称でアルトコインの中でも時価総額が高い方なので興味をそそります。ここでは、ビットコインキャッシュについて詳しく見ていきましょう。

 

1 ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは2017年の8月に誕生した仮想通貨です。新しい仮想通貨として作られたわけではなく、ビットコインをハードフォークし、分裂する形で作られました。ビットコインキャッシュは「BCH」と表記するのが一般的ですが、主に海外取引所では「BCC」と表記していることもあります。

 

ビットコインが分裂した経緯としては、ユーザーが増えたため取引量も増え、それに伴い送金速度が遅くなったことが関係しています。ビットコインは1MBのブロックサイズで運用されていますが、マイナーの間で「ブロックサイズを拡張するか」、「segwitを導入するか」で意見が割れていました。ブロックサイズを拡張すれば、一度に送信できるデータ量が増えるため、取引量が増えても送金速度を保てます。segwitは取引データの容量を圧縮できる技術です。一度に送信できるデータ量は変わらなくても、圧縮することで、取引量の増加に対応できます。どちらの方法でも解決できるというわけです。

 

しかし、ブロックサイズを変更してしまうと、これまでの取引記録にも影響してきます。そこで、segwitの導入に難色を示していたマイナーたちはビットコインをハードフォークするに至りました。ハードフォークすると、以前までの仕様とは互換性がなくなります。つまり、別の仮想通貨になるのです。こうしてビットコインキャッシュは誕生しました。ハードフォークそのものは、必ずしも分裂を伴って行うものではありません。分裂せずハードフォークすることの方が多いです。2017年11月にも、ビットコインキャッシュはハードフォークを行っています。

 

ビットコインキャッシュの発行枚数の上限はビットコインと同じ2,100万枚です。分裂時にビットコインを保有していた人には、ビットコインキャッシュが付与されています。分裂後のビットコインキャッシュは、ビットコインとは別の通貨として取引が始められました。ロゴはビットコインと似ているマークが使用されています。

 

2 ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュは、ブロックサイズをビットコインよりも大きく変更したわけですが、そのサイズは8MBです。ビットコインの8倍のサイズというで、それだけ送金速度も速くなります。

ビットコインキャッシュはマイニングの難易度を調整する独自のアルゴリズムを取り入れているのが大きな特徴です。

マイナーが離れてしまったような場合でも、マイニングの難易度が調整されて、新規でマイニングに参入しやすい状況になります。そのため、安定した運用を実現しています。

しかし、難易度調整アルゴリズムも必ず上手く機能するというわけではありません。難易度調整のタイミングとマイナーが離れたり参入したりするタイミングによっては、上手く機能しなかった例もあります。アルゴリズムはどんどん改善されていくので、今後はより安定した運営が可能になるでしょう。性能面ではビットコインよりもビットコインキャッシュの方が上と言えます。

ただ、ビットコインキャッシュを取り扱っている取引所はあまり多くありません。知名度の面でもビットコインよりだいぶ劣ります。仮想通貨にまだあまり興味を持っていない人は、ビットコインキャッシュと聞いてビットコインと同一のものだと思ってしまうこともあるでしょう。

 

3 ビットコインキャッシュのチャート・価格推移

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂した直後は3万円前後で取引されていました。8月の前半はあまり大きな値動きはなかったわけですが、8月の後半に入ってから一時13万円くらいまで急騰します。約4倍の値上がりです。この急騰の理由はあまり明確には分かっていません。しかし、原因として考えられることはいくつかあります。

1つは大口の投資家がビットコインよりもビットコインキャッシュの方が将来性がありそうということで、投資先を乗り換えたことです。大口の投資家の動向は市場全体に影響を及ぼすことがあります。これまでビットコインに投資していた大口の投資家が、ビットコインキャッシュに乗り換えれば、買い注文が増加するでしょう。その影響で値が大きく上がることは十分にあり得ます。もう1つ考えられる原因は、ビットコインから分裂した時点で信用売りをしていた投資家が決済するため、買い注文が急増したことです。8月後半にビットコインキャッシュが急騰した日には、ちょうどコインチェックで信用売りの返済期限になっていました。

 

8月の急騰後は徐々に値を戻していき、9月から10月あたりの時期は35,000円から4万円くらいの範囲で小幅な値動きをしていました。急騰前よりも少しだけ高い水準です。11月には再び急騰します。このときは急騰する少し前の10月の終わり頃から徐々に値を上げ始め、1週間ほどで7万円くらいの水準まで上がりました。これまでの約2倍の水準です。その後5日間ほどは大きな値動きがなく横ばいでしたが、3日間で急騰し一時30万円近くまで達しました。急騰直前と比べると約4倍、10月と比べると約8倍も上がったことになります。30万円近くになった翌日は大きく値を下げるものの、10万円くらいまでで下げ止まり、その後は14万円から17万円くらいの範囲で値動きします。

この11月の急騰の主な原因はビットコインキャッシュのハードフォークです。あらかじめハードフォークすることが分かっていたため、期待感から徐々に値を上げ、実際に行われたときにさらに急騰しました。このときのハードフォークの内容は、マイニングの難易度調整をするアルゴリズムの導入です。調整で下がった後も、そこそこ高値で推移していたことから、ハードフォークの内容が高く評価されていたと窺えます。

 

12月半ばから後半にかけての時期はこれまででもっとも大きく値を上げ、最高値を記録しました。チャートを見てみると長い陽線が並んでいて、うなぎ上りに値が上がっていくのが分かります。一時50万円近くに達しました。このときの価格がこれまでのビットコインキャッシュの最高値です。この時期は他のアルトコインも急増していた時期ですが、他にもビットコインキャッシュの値が上がった原因はいくつかあります。コインベースというアメリカの仮想通貨取引所に上場したことや、ビットコインキャッシュのデビットカードができると発表されたこと、BitPayでビットコインキャッシュを取り扱えるようになったことなどです。

しかし、ビットコインキャッシュが最高値を記録した翌日は暴落してしまいます。それでも最高値の約半値の25万円くらいで下がり止まり、その後1ヶ月ほどは20万円後半から30万円台前半くらいの範囲で推移していました。

 

8月と11月、12月の急騰時には、いずれも日本円とのレートだけでなくビットコイン建てのレートでみても急騰しています。12月はビットコインを含め他の仮想通貨も高騰していたことから、ビットコインキ建ての最高値は8月の急騰時で2番目が11月で、あまり差がありません。12月は3番目ですが前2つの急騰時と比べるとやや差があります。

 

2018年1月半ばには15万円くらいまで暴落し、その後は20万円くらいまで値を戻しましたが、徐々に値を下げます。一時10万円を切る水準にまで下がりましたが、2018年2月現在では12万円から15万円くらいです。12月の急騰前とほぼ同水準に戻りました。

暴落の原因は諸外国で仮想通貨に対する規制を強化し始めたことが主な原因です。ビットコインキャッシュだけでなく、ほとんどの仮想通貨が値を下げました。さらに、コインチェックのネム流出事件が発生し、追い打ちをかける形になりました。

 

 

4 ビットコインキャッシュの今後・将来性

ビットコインキャッシュは2018年2月現在で最高値のときと比べて4分の1くらいの価格になってしまいましたが、今後値を戻す可能性は十分にあります。

まず、ビットコインキャッシュはもともとはビットコインだったため、基本的な部分はビットコインと変わりません。ビットコインでの決済方法に対応する店舗やネットサービスが増える中で、ビットコインキャッシュでの決済方法に対応するところもどんどん増えていくものと見込まれます。ビットコインに対するビットコインキャッシュの強みは、ブロックサイズが大きいことと送金手数料が安いことです。ビットコインキャッシュならビットコインの10分の1から20分の1程度の送金手数料で済みます。ブロックサイズが大きいため、送金が反映されるのも速いです。

 

ビットコインは金額の大きな支払をするときには向いているのに対して、ビットコインキャッシュは少額の決済に向いています。街中のスーパーやコンビニ、飲食店などでは少額決済がメインであるため、今後はビットコインよりもビットコインキャッシュの方が普及するかも知れません。難易度調整アルゴリズムにより、送金速度の安定性もビットコインより優れています。

 

ビットコインとビットコインキャッシュの両方に共通した強みは発行枚数の少なさです。いずれも2100万枚ですが、主なアルトコインの多くは1億枚を超えています。発行枚数は少ないほど希少価値があり、値が下がりにくいという点で投資しやすいでしょう。ビットコインと比べると現在では12~13パーセントくらいの価格で、最高値に達したときでもやっと半額くらいでした。ビットコインキャッシュは、ビットコインに取って代わることを目指しています。その目標を達成できたら、ビットコインの価格を超えることも期待できるでしょう。

 

ただ、ビットコインキャッシュにも弱点はあります。分かりやすい弱点は知名度です。仮想通貨投資を既に行っている人であれば、ほとんどの人がビットコインキャッシュを知っていますが、一般の人の多くはビットコインキャッシュの名前を知りません。ビットコインの知名度が高すぎるため、似た名前のビットコインキャッシュは一般の人に知り渡りにくく認知度をどう上げるかが課題です。また、開発者が少ないことも今後の発展の大きな足枷になります。この2つの弱点を克服できれば、ビットコインに取って代わることも夢ではありません。

 

 

5 ビットコインキャッシュを買うならZaifへ

ビットコインキャッシュは国内の主な取引所では概ね取り扱っています。その中で、特におすすめできる取引所はZaifです。Zaifは手数料が安いのが大きな魅力で、手数料をほとんど気にせず取引できます。

 

Zaifでビットコインキャッシュを売買するときの手数料はmakerは無料でtakerは約定価格の0.3パーセントです。makerというのは指値注文を出してしばらく経ってから取引が成立するケースを指します。買い注文であれば売り板に表示されているもっとも安い価格よりもさらに安い価格で指値注文を出した場合です。売り注文の場合には、買い板のもっとも高い価格よりもさらに高い価格で指値注文を出した場合を指します。いずれも、この価格なら売る(買う)という相手が後から出て来て取引が成立するため、価格を作るという意味でmakerと呼びます。

takerは主に成行注文で売買する場合です。既に提示されている価格を取る(takeする)ことから、そう呼ばれています。指値注文でも既に売り板に表示されている金額よりも高い金額で買い注文を出した場合には、takerとして扱われるため注意しましょう。手数料がかかります。売り注文のときも同様です。ただ、Zaifの場合には手数料がかかっても0.3パーセントと非常に安いため、あまり気にする必要はありません。

 

Zaifでは指値注文にリミット売りとリミット買いを設定できる機能が備わっています。リミット売りは指値で買い注文が約定した後に自動的に同じ枚数で出される指値の売り注文です。買いの指値注文よりも高い価格を指定して使用します。買った後の値上がりを期待して、ある程度上がったら売りたい場合に使用すると便利です。逆にリミット買いは売り注文が約定した後に、値が下がることを期待して買い戻したいときに使用します。いずれも指値注文であるため、手数料はかかりません。

 

Zaifは他のアルトコインもmakerは手数料無料でtakerでも0.1パーセント程度と安い手数料が魅力的です。売買回数が多い人や小まめに利益確定をしたい人に向いています。企業や団体などが発行しているトークンの取り扱いも豊富です。

 

 

 

 

6 まとめ

ビットコインキャッシュは、ビットコインと共通点が多く、機能面でのビットコインの弱点をある程度改善しています。ビットコインに取って代わることを目標としており、少額の決済での使い勝手はビットコインに勝るでしょう。発行枚数が少ないことから価格が下がりにくく、ビットコインとの価格差を考慮すると、まだまだ成長の余地があると言えます。