RanQ


仮想通貨のライトコイン(litecoin)とは?特徴や今後の将来性を紹介!

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 109View

「ライトコイン」という言葉を聞いたことがありますか?テレビや新聞で「仮想通貨」という言葉を頻繁に聞くようになりましたが、実際に所有している人はそう多くないはず。

「仮想通貨のことはよく分からなくて・・・」という方に向けて、簡単にライトコインの説明をします。

 

1 ライトコインとは?

ライトコインは、たくさんある仮想通貨(暗号通貨)のうちのひとつです。仮想通貨(暗号通貨)と言えばビットコインやネムなどが有名ですが、ライトコインもその一種です。「ライトコインはアルトコインのうちのひとつ」と説明されることもありますが、アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨(暗号通貨)すべてのことを指しています。


ライトコインは2011年10月7日、Charlie Lee(チャーリー・リー)氏によって作られました。彼は元Googleのエンジニアです。


ちなみに、ライトコインを購入できる取引所には、

・国内ユーザー数No. 1のビットフライヤー
・手数料の安いバイナンス
・システムの分かりやすいGMOコイン

などがあります。

 

2 ライトコインの特徴

ライトコインとビットコインは仕組みが似ていますが、ビットコインの問題点を補うために開発されたのがライトコインです。分かりやすい違いは2点あります。

 1点目は、送金にかかる時間です。ビットコインと比較すると、ライトコインの方が送金にかかる時間が速いのです。実際にどれくらい速いかといえば、ビットコインが10分かかるのに対して、ライトコインは2.5分。4倍のスピードで送金ができます。そのため、「実用的な仮想通貨」と言えます。

 しかし、速いからと言ってすべての面で優れているわけではありません。セキュリティ面を見ると、ビットコインの方が優れています。取引データを管理する際に不正が無いかをチェックしているため、長い時間がかかります。

 2点目は、発行枚数です。ビットコインと比較すると、ライトコインの方が発行枚数が多いのです。ビットコインが2,100万枚であるのに対し、ライトコインは8,400万枚。4倍多いのです。理由は、コインの新規発行スピードがビットコインよりもライトコインの方が4倍速いからです。

 

3 ライトコインの今後・将来性

ライトコインは2017年初旬からの1年間で約40倍値上がり、2018年2月の仮想通貨時価総額ランキングは6位と人気です。

また、2月よりライトコインの実用化に向けて「LitePay」という決済端末がリリースされます。より実用的な仮想通貨として、幅広く浸透していくでしょう。見逃せない仮想通貨です。