RanQ


仮想通貨のウォレットとは?おすすめの管理方法も紹介

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 347View

そもそもウォレットとは何なのでしょうか。

ウォレットとは簡単に言うと仮想通貨を保存する財布です。お札や硬貨を財布に入れて管理するように、仮想通貨も安全に管理するためにはウォレットに保存する必要があります。

データとして保存されている仮想通貨はネットワークを介して取引されますが、悪意のある人間がハッキングをして、 あなたの資産を盗み出そうとするかもしれません。 

そんな盗難リスクから自分の資産守るためにはウォレットで仮想通貨を管理していくことが大切です。 そして、ウォレットは資産の管理だけではなく、誰かに送金したり、他の人からコインを受け取ったりするためにも使います。

ウォレットには色々な種類があり、それぞれメリット・デメリットがあるので、用途に合わせて使い分けましょう。
 

1 ホットウォレットとコールドウォレットとは?

ウォレットはは大きく分けると、

・インターネットに接続されたらホットウォレット
・インターネットとは完全に切り離されたコールドウォレット

の2種類があります。

 

そして、ホットウォレットは、ウェブウォレットや店舗での支払いに使うときに便利なモバイルウォレットなどがあります。

コールドウォレットには、紙に書き出したペーパーウォレットやハードウェアウォレットがあります。 

 

2 ホットウォレットは便利だが、セキュリティに難あり

インターネット上に作るホットウォレットは、ネットワークと繋がっているためハッキングされるリスクがあります。ですが、マルチシグ対応などによりセキュリティ性を高めれば、ハッチングのリスクも下げることができます

ホットウォレットのメリットは、瞬時に送金や残高確認などができて利便性が高いことです。 例えば、モバイルウォレットであればスマホにアプリをインストールするだけで店頭で支払いが出来たりします。
 

3 長期で管理するならコールドウォレットは絶対

コールドウォレットは、インターネットに接続されていないため、送金や残高確認などネットワークを介した機能は使えなくなります。

ただネットワークに繋がっていないために、外部からハッキングされて、資産が盗まれるという可能性はありません。盗難のリスクをなくせることが一番のメリットです。

コールドウォレットには、「ペーパーウォレット」「ハードウェアウォレット」「デスクトップウォレット」の三つがありますはが、この中のおすすめはハードウェアウォレットです。
 

ペーパーウォレットは、印刷する手間がかかりますし、パスワードを忘れると仮想通貨を取り出せなくなります。

デスクトップウォレットは、パソコンの故障やウィルス感染で仮想通貨を取り出せなくなる可能性があります。


ハードウェアウォレットなら、デバイス本体を失くさない限り、仮想通貨を取り出せないということはありません。

ハードウェアウォレットのデメリットとしては、価格が少々高いです。ですが、はっきり言って資産を全額盗まれるよりは全然マシです。
 

 

おすすめのハードウェアウォレットは、Ledger Nano S(レジェーナノS)です。

 

➡︎Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレット

 

 

【追記】

ちなみに、Ledger Nano Sを購入するなら、公式サイトの方が安全です。アマゾンの方が価格が安い場合もありますが、得体の知れない業者から購入するのだけは絶対に避けましょう。

4 用途によってウォレットを使い分ける

このように、利便性を重視して日常的に使いやすいウォレットもあれば、利便性は下がるがセキュリティ性が高いウォレットもあります。

どれか一つだけのウォレットを使うのではなくて、日常的に使う少額の仮想通貨はホットウォレットで管理して、 長期的に資産として管理していきたい仮想通貨はコールドウォレットで管理することをおすすめします。