RanQ


仕事のプレッシャーを跳ね除ける方法3選【プレッシャーなんかに負けるな!】

  • Thumb 1 18c26a010f8af7421f88feb35f0b7418 583x585 1
  • 1
  • 217View

 

あなたは今、仕事でプレッシャーを感じていますか?

感じている人も感じていない人もいると思いますが、いずれ仕事でプレッシャーを感じるときは必ず来ます。

・上司からのプレッシャー

・会社から期待されてそれが逆にプレッシャー

・月のノルマのプレッシャー

など年齢や地位など様々な立場から違ったプレッシャーを感じるでしょう。

そこで今回は今感じているプレッシャーやこれから来るプレッシャーを跳ね除ける方法を4つ紹介したいと思います!

1 プレッシャーをプラスに捉える

 

仕事に対して不安や俺にできるのかなど思っていたらそれはプレッシャーを感じている証拠でしょう。

しかし不安などをいつまでも持ち続けるとうまくいく仕事もうまくいかなくなってしまいます。

逆にプレッシャーを楽しむぐらいの発想の転換をしてみましょう!!

そもそもプレッシャーというのは慣れないことやなにか重大なことを任されたとき、そして失敗を恐れるために生まれるものです。

重大なことを任されているということはあなたは会社から信頼されている証拠です。

プレッシャーは必ずあなたを成長させてくれます

失敗は必ず次の仕事の教訓になります

まず考えるときにネガティブな発想はしないようにしましょう。

このプレッシャーを乗り越えることによって自分はどう成長できるかなどポジティブ思考に考えを切り替えましょう!

ネガティブではなくポジティブです!

2 成功するイメージを持っておく

 

よく思い込みは現実に起こるなんて言いますが、これは本当の話です。

これはプラシーボ効果という心理学の一種なんですが、効果はかなりのものです。

病気に効果がない薬でも効果があると思い込んで飲んで実際に効果があったり、普通のお茶をダイエット効果があると聞いて飲むと実際にダイエットに成功したりと効果は抜群です。

更に驚くべきは、不眠を訴える患者さんに対しこれ以上睡眠薬を処方すると危険だと判断した場合、ビタミン剤を睡眠薬と偽って処方することが医師法によって認められているというのだから驚愕です。

確かに医者が睡眠薬ですと言って処方すれば患者さんは睡眠薬なんだと思い込みますよね。

それでも効果があるのですからやはり思い込みというのはバカにはできません。

話を戻しますが、仕事も成功するイメージを常に頭に描いておくことで仕事の成功を呼び込むことができます!

皆さんも思い込みを大事にしましょう!

3 ルーティーンを作ってみる

 

ルーティーンとはなにかをするときに決まった行動や動作をすることです。

上の画像はメジャーリーガーの前田健太投手の有名なマエケン体操です!

試合前に必ずやっている体操ですね!

他にもメジャーリーガーのイチロー選手が試合前に必ずカレーを食べるというのは有名な話です。

なぜ取り組んでいるか。

 

それは試合で緊張しないためやいつもの状態で試合に臨めるように取り組んでいます。

このように有名なアスリートの方もルーティーンを行っています。

仕事でもこれを生かせます!

仕事の日は必ずお茶を飲む、大事な会議や仕事の日は朝は必ず同じ物を食べるなどなんでもいいんです。

小さいことからやってみてはいかがでしょうか?

4 もしプレッシャーが跳ね除けられないときは。

 

どうしてもプレッシャーを跳ね除けられない、プレッシャーがきつすぎる。

こんな時は無理に跳ね除ける必要はありません。

転職も視野に入れましょう。

仕事にはどうしても向き不向きなどもありますし、プレッシャーで押しつぶされて休職なんてなったらあなたのためになりません。

転職を考えている人は平均で3件ほど転職サイトに登録しているというのが現状です。

でも転職サイトって数がありすぎてよく分からないですよね…

そこで少しでも力になれるようにおすすめの転職サイトを紹介します!

 

20代の方におすすめ→未来につながる「あなたらしい働き方」じっくり見つけよう。「20代の転職相談所」

 

非公開の求人を見たい方はこちら→マイナビエージェント

 

微力でも力になれれば幸いです。