RanQ


受験直前の不安を消し、点数を5%上げる!東大生が教えるマインドセット!

  • Thumb img 7535
  • 1
  • 404View

↓私が書いた本はこちらからチェック!↓

~~~~~~~~~~~~

皆さんこんにちは!

現役東大生のヒデキです!

センター試験も終わり、私立大学の入試や、その後の国立大学の受験がいよいよ間近に迫ってくる時期となりました。

 

受験期の自分をふりかえってみて思うのですが、

受験直前のこの時期はどうしようもないくらい、不安に押しつぶされそうになりますよね。

 

特に大きいのが

『本番で力を発揮できなかったらどうしよう・・・』

という不安だと思います。

 

せっかく今まで1年間の受験勉強で積み重ねてきたものが、本番で発揮できなかったとしたら

これ以上悔しいことはありません。

 

逆に言えば、本番しっかり力を発揮できるという確信が持てれば、

受験直前期の不安も完全に消すことはできないにしてもいくらかはマシになりますし

しかも、本番しっかり点数を稼げる、といいことずくめです。

 

今回はそのためのマインドセットについて説明します!

1 結論、勝者の受験直前にそなえるマインドセットとは?

先に結論から言ってしまうと、

受験本番にしっかりと力を発揮できる勝者のマインドセットのポイントは

 

・絶対に合格するという強い意思を持っている

・緊張しているエキサイティングな状況を楽しんでいる

 

この2点です!

「winner」の画像検索結果

どういうことか、詳しく説明していきましょう。

2 ポイントは『闘争反応』にあり

受験本番は当然、誰しも緊張することかと思いますが、

この緊張、実はそんなに忌み嫌うものではなかったのです!

 

今までは、

『緊張は頭が真っ白になってしまうもの、緊張はしてはいけないもの、本番パニックにならないかが不安・・・』

という考え方が一般的でしたが、


実は最近の研究では、緊張はむしろ脳のパフォーマンスを高めてくれることがわかりました。

 

どういうことかと言うと・・・

 

緊張したときの人間の体の反応には、二種類あります。

それは『闘争反応』と、『逃避反応』の二つ。

どちらも、人間の祖先が野生動物だったころに作られた本能的な反応です。

 

 

闘争反応はどういうものかというと、『獲物を狩るために奮い立つときの反応』です。

これが起こると、パフォーマンスを最大限に発揮するために、

・血管が広がって血の流れがよくなり、

・脳に新鮮な血がめぐって集中力が高まり、

・手足まで血がゆきわたって

 

パフォーマンスを発揮できるようになります。

この反応が起きるとすれば、不安を感じるどころか、むしろ嬉しい限りですよね!

 

闘争反応は、獲物を狩るための反応なので、『相手に勝てる』という確信を持っているときにおこります。

 

一方で、逃避反応はどういうものかというと、

『ライオンなどの肉食動物から逃げるための反応』

です。

これが起こってしまうと、とにかく目の前の敵から一刻もはやく逃げ出さなければ、というように脳が働き、

・もし爪で切り裂かれてもなるべく血がでないように血管が収縮し、

・とにかくその場から立ち去ろうと、頭の中は真っ白になる

と、なってしまいます。

 

よく言われる「受験本番に緊張して頭が真っ白になってしまった。緊張は悪いものだ」というのは

逃避反応が起こってしまったときの話なんですね。

皆さんが感じている不安というのは、実は「受験本番に逃避反応が起こってしまったらどうしよう・・・」という不安なのです。

 

緊張したとしても、逃走反応がおきれば、むしろいい流れにもっていくことができるんですね!

 

ちょっと前までは、緊張はとにかく悪いものなので、

受験のときは(落ち着けー・・・落ち着けー・・・)と心の中でつぶやくのがよいとされていましたが、

最近ではそうではなく、緊張を受け入れ、闘争反応を起こし、緊張を味方につけるほうがよいことがわかっています。

3 どうやって受験本番に闘争反応を起こすのか

では、どうやったら闘争反応を起こせるのか?

 

それは、

『絶対に自分は合格するという自信を持つこと』

です。

闘争反応は獲物を狩るための反応。逃避反応は目の前の敵から逃げるための反応。

 

ですので、『目の前の敵=テスト を絶対に倒せる』という自信があれば、闘争反応を起こすことができます!

自信を持つためには、『今まで自分がこれだけ勉強した』というのを目に見える形であらわすことが大切です!

 

・今まで使ったノートをすべて積んでみる、今までの計算用紙も積んでみる、今までこなした参考書も全部積んでみる・・・

・ボロボロになるまで使い込んだ参考書を並べてみる・・・

といったことをして、

(自分はこれだけやってきたのだから、絶対に大丈夫!)

という心の中の掛け声と共に、受験本番に臨みましょう!

 

 

また、試験当日に(あ、緊張してきた・・・)と気づいたときには

(落ち着かなきゃ・・・)と考えるより、

(ワクワクしてきたぞ!)(俺は緊張を味方につける!)と心の中で唱えましょう。

 

アメリカの名門・スタンフォード大学で行われた実験では、

「テスト中、緊張してきたら、とにかく(落ち着け・・・落ち着け・・・)と心の中で唱えてください。」と言われた生徒たちと

「テスト中、緊張してきたら、(おーワクワクしてきたぞー!)と心の中で唱えてください。」と言われた生徒たちとでは

後者のほうが平均点が明らかに高かったのです。

 

知っているだけで勝者に近づく情報というものも、この世の中には存在します。

 

このことを知っておけば、「当日にパニックになったらどうしよう・・・?」という不安もだいぶマシになりますよね!

 

以上、受験直前の今からでもできる、本番にそなえたマインドセットの持ち方を紹介しました!

 

私の書いた本では、ほかにも受験期にいかにメンタルを保つか、という内容がたくさん載っています。

この直前の時期にメンタル面の話のところをつまみ読みするだけでも、本番でより実力を発揮できるようになるでしょう!

 

電子書籍なので買った瞬間に読めます。
iphoneでもAndroidでも、スマホで普通に読めます!コンビニ払いで購入できるので、カードを持っていなくてもOK!

受験前日ともなればさすがに読んでいる時間もないと思いますので
買うなら今しかありません!

 

クラスで下から三番目だった私が東大に合格できた 成績爆アゲ勉強法

Thumb img 7535

東京大学の二年生。文科二類 現役のときから東大模試でA判定をとるも、 本番で0.2点足りず、もう一年、受験生をやることに。(悔しかった!) そこからさらに力をつけ、秋の東大オープンで、文科二類を志願する1000人強の中で9位をとり 2016年に無事合格、晴れて東大生に。 今でもテスト期間に使っている私の勉強法を凝縮した本は ↓こちらからチェック!↓