RanQ


【画像あり】Zaif(ザイフ)の登録・口座開設の全手順を徹底解説

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 688View

「仮想通貨を始めようとは思っているものの、何から手をつけたらいいのか分からない…」そんな方も多いと思います。

今回は、そんな方のために仮想通貨取引所の一つである「Zaif」の登録方法について説明します。


Zaifの最大の特徴といえば、取引においてのマイナス手数料です。無料のところはありますが、マイナス0.01%なので取引をすればするほど少額ながら、手数料分(利子のようなイメージ)が増えることになります。

そのほかにもコイン積立、モナコインなど他の取引所にはないメリットがあります。

 

Zaifの登録手続きは5分ほどで完了するので、パパッと終わらせられますよ。

 

 

 

 

 

1 口座開設の流れと登録までにかかる日数

■口座開設の流れとかかる日数

口座開設にかかる時間は、申し込みが5~10分くらいで、審査完了までが1週間くらいです。申し込み自体はZaifの公式サイトからインターネット上で出来るのですが、本人確認審査を行い、自宅にはがきが届くまでに少し時間がかかるのです。ですから、全ての作業がネットで完結するわけではありません。インターネット上でのちょっとした作業+はがきの受け取りが必要です。「ネットで申し込みをすればすぐにお金の取引ができる!」わけではありません。余裕を持って申し込みましょう。

 

【手元に用意するもの】

・パソコン

・スマートフォン

・本人確認書類(運転免許証など)

2 ①公式サイトで口座開設を申し込む

まずはこちらからZaifの公式サイトにアクセスします。

アクセスしたら、サイトのトップページが以下のように表示されます。

「メールアドレス入力で簡単登録!」のところに、使用するメールアドレスを入力して、「無料登録へ」をクリックします。

パソコンでもスマートフォンでも開くことに出来るアドレスを入力するのがおすすめです。私はGmailにしました。

 

3 ②取引所から届くメールをチェックする

入力したメールアドレスにメールが届いているのでチェックしましょう。メール本文にURLが添付されているので、URLをクリックします。

 

「ユーザー登録」内の「利用規約」をクリックします。利用規約を読んで確認します。※読み飛ばすのは自己責任!

 

利用規約を一番下まで読みます。「前のページへ戻る」をクリックします。

 

 

同様に「ユーザー登録」内の「重要事項説明」をクリックします。読んで確認します。※読み飛ばすのは自己責任!

 

 

「利用規約」「重要事項説明」の二つにチェックを入れて、同意しましょう。

 

パスワードを入力します。確認のため、下の段にも同じパスワードを入力。「同意して登録」をクリックします。

※お金がかかわることですので、長めのパスワードがおすすめです。

4 ③基本情報を入力する

個人情報の登録にうつります。右上の「アカウント」をクリックし、左側にある「基本情報登録」をクリックします。

 

次に個人情報を入力します。

※後にショートメールを使いますので、電話番号は携帯電話の番号を入力します。

※住所は最後まで正しく書きましょう。理由は「①Zaifから郵便物が届くから」「②後で免許証などと照らし合わせられるから」です。

 

全ての項目を入力し終えたら、「変更」をクリックします。

これで個人情報の入力は終わりです。

5 ④電話番号認証を行う

もう一度「アカウント」をクリック。本人確認ページにある「電話番号認証」をクリックします。

 

ご自分の電話番号が入力されていることを確認したら「送信」をクリックします。

 

一旦パソコンから離れ、スマートフォンを確認します。ショートメールが届いており、「Zaif認証コードは〇〇〇〇〇〇」と表示されているはずです。6桁の番号ですね。

 

「電話番号認証コード登録はこちら」をクリックします。

 

認証コードを入力する画面が出ますので、ショートメールに届いた6桁の番号を入力。「登録」をクリックします。

 

6 ⑤本人確認書類をアップロードする

「アカウント」から「本人確認」をクリックします。

 

どの書類で本人確認を行うか選択します。私は「運転免許証」を選びました。

運転免許証以外にもマイナンバーカード、在留カード、日本国パスポート、ビザ、健康保険証、住民票から選択可能です。すぐに用意できるものを選択しましょう。

免許証の表裏の両方を撮影し、撮影した2枚の写真をパソコンに取り込みます。

取り込み方は色々ありますが、よく分からない方は、

①スマホでGmailのメールの下書きとして2枚の写真を添付する
②下書き保存する
③パソコンからGmailの下書きを開く
④さきほど添付した写真を開き、保存する 

という手順でパソコンに取り込みましょう。

 

 

 

次に、「ファイルを選択」をクリックします。先ほど保存した場所をクリックし、写真をアップロードしましょう。

 

 

「ファイルをアップロード」をクリックします。うらの写真も同様の手順でアップロードします。

 

「本人確認の申請」をクリックします。

 

 

このように緑の画面が表示されれば、アップロード完了です。あとは審査を待つだけです!

 

7 ⑥本人確認の審査〜郵送

運転免許証などで本人確認書類をアップロードしてから10日ほどでハガキが届きます。※登録する人が多くて混雑している時はもう少し時間がかかることもあります。

 

はがきを開くと、「本人確認コード」が記載されています。

 

再びパソコン画面に戻り、「本人確認ページ」にアクセスします。本人確認コードを送信すると本人確認が完了します。

 

8 二段階認証の設定もしておきましょう

二段階認証は、よりセキュリティ面を強化するための手続きです。

 

まずは「アカウント」をクリックします。そして「二段階認証」をクリックします。

 

QRコードが出てきますので、スマートフォンで読み取ります。

 

 

「QRコードを読み取るアプリなんてインストールした記憶がないなぁ」という方はインストールしましょう。

今回はGmailを例に出したので、同じくGoogleのアプリ「Google Authenticator」を使います。
 

※Google Authenticatorはこちらからインストールできます。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

 

インストールが完了しました。

「設定を開始」をタッチし、「バーコードをスキャン」をタッチします。先ほどパソコンで開いたQRコードを読み取ります。

 

 

 

6桁の認証コードが表示されますので、パソコン画面に入力します。「確認」をクリックし、完了です!

 

9 まとめ

いかがでしたか?取引所の登録は難しくなかったと思います。これでいよいよ仮想通貨デビューの準備が整いました。自分にあった銘柄を選んで、取引を始めましょう!