RanQ


【画像あり】ビットフライヤー(bitflyer)の登録・口座開設の全手順

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 330View

ビットフライヤーは2014年に設立され、多くの大手企業が出資しています。また取引量、ユーザー数、資本金共に国内第1位にもなっており、ニューヨークにも支店を出すことに成功しました。

初心者が仮想通貨を始める取引所としては信頼性があり、人気もあるビットフライヤーの登録の仕方などについてご紹介します。

 

 

▶︎無料でビットフライヤーに登録してみる

 

 

1 ビットフライヤーの新規アカウントの作り方

①まずはこちらからビットフライヤーのホームページにアクセスしましょう。

下のようなホーム画面が表示されるので、メールアドレスを入力し、赤い「アカウント作成」ボタンをクリックしてください。

右上隅のアカウント作成からでもOKです。

 

 



②クリック後、ビットフライヤーから登録したアドレスにメールが届くので、本文にあるリンクをクリックしましょう。


その本文に書かれた「キーワード」をコピーします。ダイアログボックス(下の画面)のキーワード欄に貼り付けて「アカウント作成」ボタンをクリックしてください。

 

 

③その後、下のような「規約に同意するか」の画面が現れるので、規約の中身を確認します。
チェックボックスに全てチェックを入れてから、「bitFlyerを始める」をクリックします。これでアカウント作成は完了です。

 

 

2 2段階認証の設定

個人情報よりも先に2段階認証を行います。未設定のままでも取引を始められますが、不正アクセスがあった場合、2段階認証を設定することで自分のアカウントを守ることができるので、最初に設定しておきましょう。

 

①ログインをしたトップ画面の右下にある「アカウント情報」から「2段階認証」未設定になっているので、赤いボタンをクリックします。

 

 

 

②以下のような設定画面になったら「2段階認証設定を変更する」ボタンをクリックします。

 

 

 

③クリックすると「2段階認証を行います。登録されたメールアドレスに確認コードを送信しました」と表示されます。その後「ご本人確認」のページに移ります。

メールには6桁の「確認コード」が送られてきます。その数字を下の白枠の中に入力し、「次へ」をクリックします。この時、迷惑メールに入らないよう注意してください。

 

 

④次へをクリックすると、変更内容選択に移るので「確認コードの取得方法」を選びます。認証アプリはAndroidでもiPhoneでもダウンロードができる「Google認証システム」というアプリがあります。


「いつ使用するか」にもチェックを入れて「次へ」をクリックします。

 

ちなみにモバイル認証アプリには下記のような種類があります。

 

 

⑤次へをクリックすると、「確認コード入力」の画面に移動します。

QRコードが表示されるので、モバイル認証アプリでそのQRコードを読み取ります。すると認証システムに表示される6桁のコードを、「確認コードを入力」枠の中に入力します。

最後に「2段階認証を設定する」をクリックをして完了です。次回のログイン時から、メールアドレス、パスワード、認証システムの6桁の数字を毎回入力します。

 

 

3 アカウントをトレードクラスにアップグレードをする

これから仮想通貨の取引を始めるためには、アカウントクラスをトレードクラスにアップグレードする必要があるのでそのまま登録を行います。

 

 

①本人の個人情報を登録します。ホーム画面の右下の「ご本人情報のご登録」(先ほど2段階認証をしたすぐ下)をクリックします。

 

 

②未入力をクリックすると個人情報を入力する画面に移動します。全て入力したら「登録情報を確認する」をクリックしてください。確認画面で間違いがなければ「ご本人情報を登録する」をクリックして完了です。

 

 

③そのまま本人確認書類を提出します。
「ご本人情報のご登録」の下にある「ご本人登録資料のご提出」をクリックしましょう。ちなみに登録が完了すると、ボタンが緑色になります。

 

 

 

④未提出をクリックすると提出画面に移るので、本人確認の提出書類を選びます。免許証の場合は表と裏の写真をスマホで撮影し、画像をアップロードします。下にスクロールし「ご本人確認資料を提出する」をクリックして完了です。

 

 

 

⑤引き続き取引目的等の確認をしましょう。「ご本人確認資料のご提出」の下にある「お客様の取引目的等のご確認」をクリックします。

 

⑥クリックすると「取引目的等の確認」の画面に移動するので、該当する項目にチェックを入れます。特に難しい質問ではないので、ありのままチェックしましょう。最後に「入力する」をクリックして完了になります。
 

 

⑦「転送不要書留郵便のお受取」画面になり、登録作業は完了です。数日後ビットフライヤーから届く種類を受け取って登録作業は完了です。

 

 

4 入金するための登録作業

最低限上記のことまでの登録でも取引は可能ですが、ビットフライヤーに日本円を入金するには、事前に携帯電話認証と銀行口座の情報の登録が必要です。

 

①ホーム画面の右下にあるアカウント情報の中の「携帯電話認証」の未入力をクリックします。
 


電話番号認証の画面に移動します。おそらく既に登録した携帯電話番号が表示されているので、「携帯電話認証をする」をクリックします。

 

②携帯電話のSMSに6桁の数字が送られてきます。送られてきたら以下のような画面に変わるので「確認コードを入力してください」に数字を入力し、「携帯電話登録」をクリックして完了になります。


 

③次に、銀行口座情報を行いましょう。携帯電話認証の下の「銀行口座情報確認」の未登録をクリックします。

 

入力画面に移動すると、銀行がいつくか並んでいます。ない場合は50音から探していきます。

 

④銀行名などを銀行口座の情報を入力し、最後に「登録情報を確認する」をクリックします。確認画面に移動するので、問題なければ「銀行口座情報を登録する」をクリックして完了になります。これでビットフライヤーに日本円を入金することができます。

 

ちなみに全て登録すると、このように全て緑色となります。

 

 

5 ビットフライヤーに入金する方法

仮想通貨を購入するためには、ビットフライヤーの口座に日本円を入金する必要があります。

①ビットフライヤーにログイン後、左側のメニューに「入出金」があるので選択します。すると各入出金の項目が何種類か並んでいます。項目の一番左に「日本円ご入金」があるので選びましょう。

 

 

「日本円ご入金」入金を選ぶと、下のようにビットフライヤーの振込先が下が表示されます

 

②振込が完了すると、「日本円残高」に反映されます。反映されることで日本円から仮想通貨を購入することができるようになるます。反映には少し時間がかかるので、クイック入金は324円/1件なので、どちらの方が手数料がお得なのか調べた上で行うと良いでしょう。

 

6 まとめ

ビットフライヤーは販売所に特化しているので、初心者には売買しやすい点があります。取引所より販売手数料は高い傾向がありますが、それだけセキュリティにも力を入れ、出資している大手企業からも信頼されています。

また、これから仮想通貨を始めようとしているユーザーにとって、ビットフライヤーは最初に登録すると取引所としても最適です。

 

▶︎無料でビットフライヤーに登録してみる