RanQ


コラーゲン皮膚に塗って染み込ませれば美肌になる説

  • Thumb thumb illust 52
  • 2
  • 304View

こんにちはモヒです

皮膚に塗って染み込ませれば美肌になる説を考えてみたので

本当にできるか検証してみました!! 

https://gorori.gorokichi.com/wp-content/uploads/2016/11/beauty2_02img_04.gif

コラーゲンってそもそも何??

↑こちらの記事を読んだ方はコラーゲン食べるより皮膚に塗った方がいいんじゃないかと多いんじゃないでしょうか

よかったら読んでみてください!!

 

 

記事を簡単に説明すると

コラーゲンは皮膚の弾力性・伸縮性の役割を果たしています

年をとると皮膚の弾力性・伸縮性がなくなってしまいます

それはコラーゲンの量が減ってくることが原因の1つなんです

真皮にあるコラーゲン

口から摂取して真皮にあるコラーゲンまで届けるよりも皮膚に塗って染み込ませた方が早いんじゃねって

思った方多いんじゃないでしょうか

 

モヒもそう思っていました

しかし結論は NO です

角質層は外部からの異物の侵入を防ぐ機能があります

そのためそもそも染み込ませるのは難しいミッションなのです

コラーゲンは物質量(大きい物質と考えてください)が大きいので角質層を通り抜けることができません

しかしオリゴペプチド(アミノ酸が2個または3個結合したもの)なら真皮まで届く可能性があります

しかし普通はオリゴペプチドをできずアミノ酸まで分解されてしまいます

アミノ酸まで分解されてしまうと他の用途に使われてしまうのです(一部はコラーゲン合成に使われます)

オリゴペプチドのまま真皮に届けられれば塗るだけでピチピチの肌になれる化粧品が完成します

 

モヒ、頑張って見つけます!!

 

※タンパク質はアミノ酸が50個以上結合したもののことです

 

ちなみに化粧品の成分のコラーゲンは保湿を目的としています

 

3/5追記

薬事法によって成分は真皮層まで浸透させてはいけないことがわかりました!!

本来皮膚の役割はバリア機能で、異物が入らないようにしています

化粧品、外から塗るコラーゲンは異物です

皮膚に成分が浸透すると免疫センサーが反応し、

結果として敏感肌になってしまいます

 

よかったらはてなブックマーク、ツイッターでシェアしていただけるとうれしいです!!

モヒの​​​Twitterアカウントはこちら

Thumb thumb illust 52

某大学農学部で食品系、栄養学を勉強しています