RanQ


職場の人間関係を改善する3つの方法

  • Thumb thumb illust 52
  • 1
  • 318View

あなたの職場の人間関係は良好でしょうか、それとも最悪でしょうか。

会社を辞める理由として、職場の人間関係が悪いからというのは、昔からの定番となっています。

職場内の人間関係は、あなたが選ぶことはできず、その環境にあなたが入り込む形でスタートします。

そのため、自分の思い描いていた理想と現実のギャップにガッカリしてしまうこともよくある話です。

 

しかし、行動次第ではあなたが理想とする職場に生まれ変わらせることもできますし、

あなたを中心に周りの人が変わってくることもあるでしょう。

少なくとも、あなたが居心地がいいと感じられるような雰囲気にすることは不可能ではありません。

そこで今回は、職場の人間関係を改善するための基本をご紹介します。

 

1 まずは挨拶で「全方位外交」を目指す

職場の人間関係を改善したい、良好な関係を築きたいと感じているのであれば、

まずは毎日の挨拶をしっかり行うことが大切です。

挨拶がきちんとできない人ほど「職場の人間関係が最悪だ」

「みんなとの距離を感じる・・」なんて愚痴を言ってしまうこともあります。

出社時は「おはようございます」

退社時には「お疲れ様です」「お先に失礼します」と自分から積極的に挨拶しましょう。

 

当たり前のことのようですが、特に苦手な人に対しては、そうした挨拶を怠りがちではないでしょうか。

理想の人間関係は「誰とも悪くない関係を作ること」です。

実際にはなかなか理想通りにはいかないでしょうが、

まずは明るい挨拶で「全方位外交」を目指すことから始めましょう。

 

2 苦手な人を無視しない

次に考えるべきなのは、苦手な人を苦手なままにしておかない事です。

挨拶だけでなく、自分からできるだけ話しかけるよう心掛けることをおすすめします。

こちらが苦手と感じていても、相手はそうでないケースは少なくありません。

 

第一印象では仲良くなれそうにないという人でも、

定期的に付き合っていけば、あなたとの共通点が見つかったり、同じ悩みを抱えてたりすることが分かってきます。

なかなか先入観や第一印象を大きく覆すことは難しいかもしれませんが、

職場でほぼ毎日顔を合わせなければいけない人なので、

まずはその「苦手意識」を取り払った上でコミュニケーションをはかりましょう。

 

3 得意な人、好きな人とは適度な距離を置く

職場内には好きな人、得意な人が存在するものでしょう。

特に他の人との関係がいまひとつ上手くいっていない場合などは、

その自分と波長が合うような人とだけ親密に付き合うということになってしまいがちです。

もちろん親密な人間関係を結ぶこと自体は悪い事ではありません。

しかし、職場内で、特定の人とだけ親密になりすぎてしまうのも考えものかもしれません。

 

あくまでも仕事上の関係だというのをしっかり認識して適度な距離を置いた関係でないと、

特定の人と親密になって、ケンカなどした場合に、周りに頼れる人がいなくなってしまうという状況になるのだけは避けたいです。

職場の人達と必要以上に仲良くなるな、というわけではありません。

人は自分の居場所を求めたり、自分が認められる環境があると、

そこに安心感を覚えて依存してしまいます。

その場所を与えてくれる人が、その特定の人だけであったら、何かあった時に危険だということです。

 

4 最後に

いかがでしたか?

これからの仕事を楽しく、過ごしやすくするためにも、

職場の人間関係を改善しましょう。

どうしても改善されない場合は転職も視野に入れておきましょう。